• TOP
  • 大人の食活
  • 隠し味で、いつもの料理がグレードアップ!コーヒーを使った料理テクニック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

隠し味で、いつもの料理がグレードアップ!コーヒーを使った料理テクニック

  • 2017.10.03
  • 大人の食活

皆さんはほっと一息つきたいときにどんなことをしますか?リラックス方法はいろいろありますが、「ゆったりとコーヒーを味わいたい」という人も多いはず。

ていねいに豆から挽くこだわり派もいれば、手軽にインスタントコーヒーを飲んだり、お気に入りのカフェに行く人など、楽しみ方はさまざま。最近ではコンビニエンスストアでも淹れたてのドリップコーヒーが気軽に買えるので、コーヒーはより身近なものになってきましたよね。

そんなコーヒーですが、飲むだけでなく、いろいろな料理の“隠し味”にもなることはご存じですか?ご家庭にあるコーヒーを普段の料理にちょっと足すだけで、より味わい深い料理に仕上げることができます。

今回は、料理にコクと深みを加えるコーヒーの活用術をご紹介します。

コーヒーの起源とその効果とは?


普段私たちが何気なく飲んでいるコーヒーは、もともと嗜好品ではなく薬として飲まれてきたもの。起源には諸説ありますが、そのうちのひとつはおよそ1500年前のアピシニア(現在のエチオピア)にまでさかのぼります。

ある日、カルディというひとりのヤギ飼いは、自分が世話しているヤギが興奮状態になっていることに気がつきます。そのヤギは、牧草地にあった真っ赤な木の実(コーヒーの実)を食べていました。それを聞いた近くの修道僧が、眠気覚ましのためにコーヒーを使うようになったそうです。

コーヒーはいまだに研究が行われており、さまざまな効果が発見されています。

また、コーヒーの効果は直接飲むこと以外でも得られます。カフェに入ったとき、コーヒーを淹れたときにふわりと立ち上るあの芳醇な香りは、人をリラックスさせる効果があるとされ、料理に使うことでも同じ効果が期待されているのです。

コーヒーを入れるとまろやかな味わいに


では、実際にコーヒーを料理に使うとどんな効果があるのか、野菜炒めの例を挙げて見ましょう。コーヒーを使うことで、ひと味違った仕上がりになりますよ。

◎コーヒーが隠し味!簡単野菜炒め

<材料 2人分>
・ピーマン 2個
・たまねぎ 1/2個
・マイタケ 1/2株
・にんじん 1/3個
・インスタントコーヒーを溶かしたもの(コーヒーの香りが残るぐらいの薄さ) 50cc
・オイスターソース 大さじ1
・おろしにんにく 適量
・サラダ油 適量

<作り方>
① ピーマン、たまねぎ、マイタケ、にんじんをすべて細切りにする。
② 油を引いたフライパンに入れて炒める。
③ 8分目まで火が通ったら、コーヒー、オイスターソース、おろしにんにくを回し入れる。
④ 味が馴染むよう、全体的に炒めたら完成

〜調理のPoint〜
オイスターソースは料理にコクを加える調味料ですが、それだけでは少し濃い味になってしまいがち。そこにコーヒーを加えることによってオイスターソースの旨味や甘味はそのままに、味がまろやかになります。ほかの調味料を入れなくても味に深みのある野菜炒めに仕上げることができるのです。
 
同じように、カレーやビーフシチュー、ハッシュ・ド・ビーフなど、市販のルーのパッケージどおりに作ったはずなのに、「少し味が濃いかも」と感じたことはありませんか?そんなときは、インスタントコーヒーをお湯で溶かしたものを少しずつ加えて味を確かめながら薄めるとコクが増すだけでなく、うま味も加わります。

もっと簡単な方法としては、オイスターソースに対して約2倍の量の液体のコーヒー(インスタントをお湯で溶いたもの)を混ぜたオリジナル調味料。瓶に入れて冷蔵庫で保存することもできますが、1週間を目安に使い切ってください。野菜炒めやチンジャオロースなどに加えてみると、いつもの味にコーヒーのまろやかな味わいが加わります。

注意点としては、このコーヒーを混ぜたオイスターソースを使う場合は、その他の調味料の量を若干少なくすること。コーヒーの風味がほどよいうま味とコクを料理に与えるため、その他の調味料が少なくても美味しく仕上がります。ぜひ、試してみてください。

飲むだけじゃない!味付けのアクセントにも役立つコーヒーを有効活用しよう。

今回、ご紹介した野菜炒めのほかにも、スペアリブの漬け込みだれにお湯で薄めに溶かしたインスタントコーヒーを少し混ぜておくと、いつもよりコクが出てこんがり仕上がるほか、市販のデミグラスソースに加えると、甘みにほどよい苦みが加わり、まろやかな味わいになります。

そのほかにも、豚しゃぶを茹でる湯に小さじ1杯分のインスタントコーヒーの素を溶かすと、肉の臭みが消えるなどの効果もあるようです。

ぜひコーヒーを隠し味に有効活用して、いつもの料理をグレードアップさせてみてください。




プロフィール

泉本勝代/昭和食堂 主宰
1999年より楽天にお菓子類を出店。衛生責任者・菓子製造販売業の許可を取得。北海道から鹿児島まで200人以上のお客様より受注。1994年~自宅開講のお菓子・お料理教室を不定期から、2007年に定期的6回コースの家庭料理レッスン教室へ変更。2010年7月ジュニア野菜ソムリエの資格習得、常時生徒様23名。2018年春より奈良県野迫川村でお料理教室を再開。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック