• TOP
  • ごはんで育つ
  • 旬の小豆を味わう!ほんのり甘いあんこを使った簡単おやつレシピ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

旬の小豆を味わう!ほんのり甘いあんこを使った簡単おやつレシピ

  • 2018.01.09
  • ごはんで育つ

1月に食べる機会が増えるのがお餅。お雑煮だけでなく、おしるこやあんこ餅など、あんこと一緒に食べるのが好きな方も多いのではないでしょうか。

今まさに旬を迎えている小豆から作られるあんこは、温かいものから冷たいもの、和風から洋風までさまざまなバリエーションを楽しめる食材です。今回は、このあんことよく合う食材や、あんこを使ったアレンジ&おやつレシピを紹介します。

ちょい足しで味わい深いおやつに変身!あんこと相性のいい食材は?


◎あんトースト

あんことトーストの組み合わせは、愛知県では「小倉トースト」として県民に愛されるソウルフードであることを知っている人は多いはず。シンプルながら、あんこの甘さとバターの塩気がよく合う一品です。スライスしたバナナやいちごをのせたり、ホイップクリームを添えればまた違った味わいが楽しめますよ。

<材料 1人分>
・食パン 1枚
・バター 小さじ1
・あんこ 大さじ2〜3

<作り方>
食パンにバターを塗ってトーストしたら、あんこをのせて広げる。

関連記事:お子さまに作ってあげたい!日替わり“おやつトースト”1週間分の簡単レシピ

◎クラッカーあんこ

お子さまのおやつにも、お酒のアテにもなるクラッカーは、あんこと相性のいい食材のひとつです。アプリコットやいちじくなどのドライフルーツや、クルミやナッツなどをのせると色合いも華やかで、パーティーにもピッタリなメニューに。

<材料 1個分>
・プレーンクラッカー(または胚芽入りクラッカー) 1枚
・クリームチーズ(塗るタイプ) 小さじ1
・あんこ 大さじ1

<作り方>
クラッカーにクリームチーズを塗り、あんこをのせる。 

◎もなか風お麩あんサンド

スーパーなどで購入できる麩(ふ)を使った、もなか風のあんこサンド。軽く炒った麩の香ばしさとあんこの甘さがよく合います。

<材料 1個分>
・麩(もち麩やおつゆ麩などの丸状の麩) 1個
・あんこ 小さじ1〜2

<作り方>
① 麩を半分に切り、焦げないように様子を見ながら、弱火にしたフライパンで軽く炒るか、トースターで2〜3分ほどカリッと軽い食感になるまで焼く。
② あんこをはさむ。

定番から変わりダネまで!あんこを味わえるおやつレシピ


◎いちご大福

モチッとした食感といちごの甘酸っぱさが魅力のいちご大福を、おうちでも作れたら……と思ったことはありませんか?電子レンジで調理したやわらかい生地で、あんこといちごを包めば、甘さの中にフレッシュなおいしさが楽しめるおやつのできあがり!

<材料 6個分>
・白玉粉 100g
・水 150ml
・砂糖 40g
・片栗粉 適量
・こしあん(つぶあんでも可) 200g程度
・いちご(小粒) 6個

<作り方>
① 電子レンジ対応のボウルに白玉粉、水、砂糖を入れ、白玉粉のかたまりがなくなるまで泡だて器で混ぜる。
② ①に軽くラップをかけたら、600wの電子レンジで1分30秒ほど加熱し、ヘラで混ぜる。再度1分30秒加熱し、なめらかな状態になるまで混ぜる。(電子レンジの機種により時間が異なるため、様子を見ながら加熱し、混ぜ合わせてください)
③ 片栗粉をふったバッドに②を置き、さらに上から片栗粉をまぶしたら、厚さ1cmほどに伸ばし、片栗粉をまぶした包丁で6等分しておく。
④ あんを6等分し、いちごの先端が少し出るよう包んで丸める。手に薄く片栗粉をまぶしたら、③で6等分した生地を手のひらに広げる。
⑤ いちごの先端が下になるように④に置いたら、生地の端を合わせてつまむように丸くまとめる。

◎あんこバナナパイ

実は、バナナとあんこも絶妙なコンビ!ここでは、パイ生地の代わりに春巻きの皮であんことバナナを包んで焼いた、簡単スイーツを作ってみましょう。お子さまともきっと楽しんで作ってくれますよ!

<材料 4個分>
・春巻きの皮 2枚
・つぶあん 大さじ4
・バナナ 1本
・サラダ油(もしくはバター) 適量

<作り方>
① 春巻きの皮を対角線上に切り、三角形を4枚つくる。
② バナナを4等分し、それぞれ薄い輪切りにする。
③ 春巻きの皮にあんこを広げ、バナナをのせる。
④ ③の上に同じ向きの春巻きの皮を重ね、ふちに水をつけてとめる。
⑤ 残りも同様に包み、サラダ油(もしくはバター)をひいて熱したフライパンに並べる。中火できつね色になるまで様子を見ながら焼く。

◎あんこ&さつまいもの茶巾絞り

ラップでぎゅっと握るだけで手軽にできる一口スイーツ。お子さまのおやつにも、お客さまへのお茶請けにもぴったりです。

<材料 12個分>
・こしあんまたは粒あん 100g
・さつまいも 100g
・砂糖 大さじ2
・水あめ(もしくははちみつ) 大さじ1
・塩 少々
・栗の甘露煮やクルミ、レーズン、いちごなど 適量

<作り方>
① さつまいもを厚めの輪切りにして皮をむいたら、5〜15分ほど水に漬けてアクを抜いておく。
② 耐熱皿に①を重ならないように並べ、600Wの電子レンジで2〜3分ほど加熱し、柔らかくする。熱いうちに裏ごしたら、砂糖、水あめ(もしくははちみつ)、塩を混ぜ、600Wの電子レンジで40秒ほど加熱する。
③ ② とあんこをそれぞれ12等分し、1つずつラップにのせてまとめる。丸く形を整えたら、ラップの端ををねじる。ラップを外し、小さく切った栗の甘露煮やクルミ、レーズン、いちごなどを上にのせる。

ほっと一息つきたいときに!ほんのり甘くて、やさしい味わいのあんこを楽しもう


そのまま食べてもおいしいあんこですが、さまざまな食材と合わせて食べると、また違ったあんこの魅力に出会うことができます。

今回ご紹介したあんこを使ったレシピは、素材の味を生かして簡単に作れるものばかり。あんこを小豆から作るのは手間も時間もかかりますが、缶詰などを使えば手軽に楽しむことができます。

ぜひご自宅で、ほっとするやさしい味わいのあんこを楽しんでみてくださいね。


中村美穂様

プロフィール

中村美穂/管理栄養士、フードコーディネーター
東京農業大学卒業後、デパ地下惣菜店の商品開発を経て保育園栄養士として乳幼児の食事作りや食育活動に携わる。2009年に独立し、野菜料理とお菓子の教室「おいしい楽しい食時間」を主催するほか、自治体での栄養講習会や書籍・雑誌等のレシピ制作も多く担当している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック