〜未来の子どもたちの笑顔のために〜お弁当にGood! 森にGood!プログラム
お弁当にGood!のこのマークが目印!
5,326,000㎡/年

arcv_b1_ttl

「お弁当にGood! 森にGood!」プログラムに関連するイベントや活動をレポートします。

2016.11.6

森体験!in西粟倉村

11月6日「お弁当にGood!森にGood!プログラム」で支援している岡山県西粟倉村の森で、ニチレイグループ従業員12人が参加し、体験研修を行いました。

あいにくの雨

お天気は、あいにくの小雨。
しかし、森林の中は枝葉のお陰で雨傘は不要です。
西粟倉村の『百年の森林構想』のモデルともなっている百年近く手入れされ続けてきた森林や、人の手が入ったことのない原生林などを見学しました。

手入れされた森

手入れされた森

間伐体験

今年も、昨年と同じ森林で間伐体験をさせていただきました。初年度は、4本間伐しましたが、今年は森林の整備が進み、間伐に適した木が減ってきたこともあり、2本のみの間伐となりました。それでも、一本が太いので、切り倒して1m間隔に切りそろえるまでに要した時間は1時間30分。森林整備の大変さを身をもって感じたと共に、気持ちの良い汗をかき、リフレッシュさせていただきました!

間伐

間伐

枝を落とし1mに切りそろえる

枝を落とし1mに切りそろえる

工場見学

今回初めて、株式会社西粟倉・森の学校さんの木材加工工場を見学させていただきました。西粟倉・森の学校さんは、木の良さを皆さんにもっと知っていただきたいという思いから、西粟倉村内の木材を使用して様々な木製品を製作・販売しています。
木材を加工する機械を前に、製品に仕上げていくまでの説明をお聞きし、木を無駄なく使いきり、丁寧に商品として仕上げていくことに、同じメーカーとして大変共感しました。また、休日だった為、残念ながら機械は稼働していませんでしたが、見たことも無い様々な機械を前に、皆、右から左から確認しては質問し、時間が経つのを忘れるほどでした。

西粟倉村を訪れて

今回間伐した木は、村内の温泉施設で薪ボイラーの燃料として使用されるということで、我々が間伐した木が、その後も活用されるということに喜びを感じました。しかし日本では、建材として十分な樹齢に達しているにも関わらず、利用されない、できない現状があります。日本の森林について、あらためて考える良い機会となりました。

集合写真

集合写真

過去のイベントレポート
---

arcv_b2_ttl

「お弁当にGood! 森にGood!」プログラム最新の森林サポート状況をお知らせします。

11/1
リーフメーター
支援面積の累計 5,326,000㎡/年 (東京ドーム 約114個分) b2_dome_icon 東京ドーム1個分の面積 = 46,755㎡
うさぎ
全国のサポート面積を葉っぱのリーフアイコンで表しているよ。みんなのサポートで、緑の葉っぱを増やそう!

▼リーフアイコン

リーフアイコン

緑色のリーフ1枚で東京ドーム約10個分を表しています。

arcv_b2_map
arcv_b2_map
---
このページの先頭へ▲