?未来の子どもたちの笑顔のために?お弁当にGood! 森にGood!プログラム
お弁当にGood!のこのマークが目印!
4,294,000㎡/年
森のお便り ttl_image

postaL_mark
富士山麓と白糸の滝を守る森(静岡県)

光がいっぱい!

光がいっぱい!明るい!!気持ちいい! このたっぷりした日差しがあんまり気持ちがいいので写真を撮りました。春から夏にかけて間伐をした森です。間伐はこの先数十年後の森の姿を想像しながら、木の元気さやまっすぐ具合、枝ぶり、木と木の間隔、林道との位置関係などなどを考慮して伐採する木を決めます。森のお仕事でとても大事な仕事です。   間伐したヒノキの旅立ちの日です。
続きを読む>
postaL_mark
富士山麓と白糸の滝を守る森(静岡県)

みんなで下草刈り!!

みんなで下草刈り!!森を育むための植林の話はよく聞きますが、大きく育て上げるために大事な作業として下草刈りがあります。 植え付け直後の背が低い苗木が、下草に埋もれて日光が当たらなかったり、苗木がまっすぐ伸びるようにするために、周りの草を刈ります。 写真の中に苗木があります。見つかりますか??
続きを読む>
postaL_mark
富士山麓と白糸の滝を守る森(静岡県)

複層林といいます。

複層林といいます。 人工林(植林した森)には、木の植え方がいろいろあります。この森には、高い木(上層木)と低い木(下層木)があります。 これら2つの層がある森を複層林(ふくそうりん)と言います。 木は木材を提供する以外に、地下水を蓄えたり、水害を軽減したり、土砂災害を防止したり、二酸化炭素を吸収するなど地球温暖化防止に役立ちます。
続きを読む>
postaL_mark
富士山麓と白糸の滝を守る森(静岡県)

富士山麓と白糸の滝を守る森 所長の石川正弘です!

富士山麓と白糸の滝を守る森 所長の石川正弘です!富士山麓(ろく)と白糸の滝を守る森がある白糸財産区は、平成19年度に「SGEC森林認証」を取得したことから現場での管理体制がいっそう強化され、山側から森林認証林についての情報発信を行ったことで、多くの森林関係者が今まで以上に訪れるようになりました。 また、木材市場では高品質で付加価値の高い優良材となっております。
続きを読む>
postaL_mark
富士山麓と白糸の滝を守る森(静岡県)

富士山麓と白糸の滝を守る森

富士山麓と白糸の滝を守る森 富士山麓(ろく)と白糸の滝を守る森がある静岡県 白糸財産区は、昭和33年に富士郡白糸村と富士宮市が合併した際に、森林保護を目的として設立されました。 富士山麓(ろく)と白糸の滝を守る森は、富士山がすぐ近くに見える自然豊かな森です。 平成8年9月の台風により、上層林(成熟した木)の40%が倒れてしまいましたが、今は残された部分を「複層林施業(ふくそうりんせぎょう)」で管理しています。
続きを読む>
このページの先頭へ▲