?未来の子どもたちの笑顔のために?お弁当にGood! 森にGood!プログラム
お弁当にGood!のこのマークが目印!
4,449,000㎡/年
森のお便り ttl_image
森づくり

森づくり

森の間伐や整備、森づくりの様子をお伝えします。
postaL_mark
森づくり

シカの食害

シカの食害 今、日本の森では野生のシカの食害が大きな問題となっているのをご存じですか? 適度な頭数を超え繁殖してしまい、このように木肌を食べてしまいます。 一度食べられてしまうと、いつまでも傷が残り、材木としての価値は低下してしまい、燃料材としてしか使えなくなってしまいます。 植林もたいへんです。すぐに苗を食べられてしまうからです。
続きを読む>
postaL_mark
森づくり

伐倒

伐倒今日はこの木を伐倒します。 伐倒:木を切り倒すことです。 木を思い通りに倒すことは、地形、風、木の性質、 伐る人のコンディション・・が関係してきます。 地形などのいろいろな条件から、山側に倒せず、谷側にしか倒れない状態だったので、 チルホールという機材を使って谷側に倒れるように伐倒作業中。 チルホール:手動のウインチのことです。 伐倒完了!
続きを読む>
postaL_mark
森づくり

尾鷲(おわせ)の木・森・暮らしを学ぶ森①

尾鷲(おわせ)の木・森・暮らしを学ぶ森①三重県は尾鷲(おわせ)の森からおたよりです。 まずは、尾鷲の森のご紹介です。 尾鷲は温暖で多雨な地域で、熊野古道でも有名なところです。この豊かな太陽と水の恵みで育つ「尾鷲ヒノキ」は、銘柄材として高い評価を受けています。 林業の歴史も古く、400年近く前から造林が始まった地域でもあります。 写真は、200歳超えの杉の木です。 こちらは、若い山。10年ほど。
続きを読む>
postaL_mark
森づくり

光がいっぱい!

光がいっぱい!明るい!!気持ちいい! このたっぷりした日差しがあんまり気持ちがいいので写真を撮りました。春から夏にかけて間伐をした森です。間伐はこの先数十年後の森の姿を想像しながら、木の元気さやまっすぐ具合、枝ぶり、木と木の間隔、林道との位置関係などなどを考慮して伐採する木を決めます。森のお仕事でとても大事な仕事です。   間伐したヒノキの旅立ちの日です。
続きを読む>
postaL_mark
森づくり

新たな取り組み 苗木づくり

新たな取り組み 苗木づくり  「日田の森」を管理しているマルマタ林業では、今年から苗木づくりを始めました。 3月から5月初旬に山から採ってきた枝を、畑に植えます。この良し悪しでその後の成長が決まってきます。良い親の木から採れるか?がとても大事なことです。写真は植えたところ。青々とした元気な枝です。  
続きを読む>
このページの先頭へ▲