?未来の子どもたちの笑顔のために?お弁当にGood! 森にGood!プログラム
お弁当にGood!のこのマークが目印!
4,294,000㎡/年
森のお便り ttl_image

postaL_mark
東吾妻の森(群馬県)

巡視人は考える。

巡視人は考える。人が手を入れて植林した森では、木を植えてから伐採するまで50年、百年とかかります。先の先を考えながら計画を立て、育てていく必要があります。 東吾妻町では、長年林業に携わってきた経験豊富な方々を巡視員に任命し、年に1回見回りをしていただいています。 木がまっすぐ伸びています。また日の光が下まで入り明るい森です。 間伐した木を運び出している様子。
続きを読む>
postaL_mark
東吾妻の森(群馬県)

初夏のお楽しみ

初夏のお楽しみ これは何の写真かわかりますか? ホタルが灯す光の軌跡です。 日本の名水百選に選ばれている『箱島湧水』(群馬県吾妻郡東吾妻町箱島)を源とする鳴沢川には、北関東最大と言われるホタルの里があります。 ピーク時にはあたり一面ホタルに覆われて、大自然の夜の静寂の中、ホタルが乱舞し感動の風景。子供から大人まで楽しめます。ぜひ、お越しください。
続きを読む>
postaL_mark
東吾妻の森(群馬県)

東吾妻の森の番人、入澤です!

東吾妻の森の番人、入澤です!東吾妻町の町有林「東吾妻の森」の番人、吾妻森林組合 入澤です。 吾妻森林組合は、若い職員が多く郡内の民有林を中心に森林整備業務を行っています。 私は、三俣町(ミツマタチョウ)有林の搬出間伐をするにあたって協定を結び、国有林との連携による効率の良い搬出間伐を行いました。 この協定は群馬県では初めて締結された協定で、写真は国有林野事業業務研究発表会で発表したときのものです。
続きを読む>
postaL_mark
東吾妻の森(群馬県)

東吾妻の森

東吾妻の森東吾妻町の森は群馬県 北西部にあり、町の77%を森林が占めます。 東吾妻町の人口:1万6,000人に対して林業をしているのは31人のみですが、少数精鋭でみんなで力を合わせて森を守っています。 森にはスギ、カラマツ、ヒノキ、アカマツが分布していて、ニホンジカやイノシシ、ニホンザルなどの野生動物が生息しています。 森林整備活動にとても力を入れているので、豊かな自然環境がはぐくまれています。
続きを読む>
このページの先頭へ▲