?未来の子どもたちの笑顔のために?お弁当にGood! 森にGood!プログラム
お弁当にGood!のこのマークが目印!
4,294,000㎡/年
森のお便り ttl_image
森のある里

森のある里

森のある里から、暮らしの日々の変化をお伝えします。
postaL_mark
森のある里

葛巻よいとこ一度はおいで!!

葛巻よいとこ一度はおいで!!くずまき高原の森がある葛巻町は、ミルクとワインとクリーンエネルギーの町です。 平成11年葛巻町新エネルギー宣言をしました。 「天のめぐみ」である風力や太陽光、「地のめぐみ」である畜産ふん尿や水力、そして豊かな風土・文化を守り育てた「人のめぐみ」を大切にしながら、新エネルギーの導入に積極的に取り組んでいくことを誓いました。   写真は、森の中に設置した風車です。(上外川町有林)  
続きを読む>
postaL_mark
森のある里

かっこいい!

かっこいい!かっこいい写真が撮れました。 チェーンソーを使って伐採している様子です。 さて、何年生でしょう??きれいな年輪です! 何の写真かわかりますか? これは、植林した苗木です。シカが食べないように「ツリーシェルター」で守っています。 4月に植えた苗木ですが、なんとシェルターの上まで伸びていました!!
続きを読む>
postaL_mark
森のある里

見る・食べる森! 森林体験

見る・食べる森! 森林体験森林体験教室をご紹介します。 湯布院町川西地区の山で、ヒノキの植林地の間に、自然に生えてきた250種類もの木や草を選別し、残していく森作りをしています。そこには日本古来の樹種も植林し新しい森づくりを始めています。 その森を体験していただく『ゆふいんヤブトラ物語』という森林体験教室を実施しています。 これは木の大きさを計っているところ。 いろいろなきのこを発見!
続きを読む>
postaL_mark
森のある里

西粟倉村のオニ搬出

西粟倉村のオニ搬出 オニ搬出? 西粟倉村にオニがいるわけではありません。「鬼のようにたくさんの木材を搬出する」から、「鬼搬」です。 元気な森にするために、間伐は欠かせません。でもその間伐した木はどうするの? 日本の多くの森では、間伐材が有効に使えず、ゆえに間伐もなかなか取り組めないという悪循環に陥ることも。西粟倉村では、そんな課題に挑戦して鬼搬を始めたそうです。    これはオニ券。
続きを読む>
postaL_mark
森のある里

秋のたより

秋のたより 秋のお祭りに町内を練り歩きます。 「十勝うらほろ鳥獣保護区の森」がある北海道浦幌町に、開拓の歴史とともに続いている獅子舞です。 この「浦幌開拓獅子舞」は、明治35年の秋祭りに奉納されたのが始まりです。 芸能文化として保護し、未永く継承させることによって、先人の開拓の偉業を偲び、尊い開拓精神を後世に伝えています。
続きを読む>
このページの先頭へ▲