【卵焼きの冷凍】ふわふわ&しっとり食感をキープするテクニック

2019.9.6
LINE
手前に食べやすく切った卵焼きを並べた皿盛り、後ろに食べやすく切ってラップで包んだ冷凍卵焼きが保存袋から出ている写真

卵焼きが「冷凍保存」できることをご存知ですか? 今回は冷凍してもふっくら&しっとり食感を保つ卵焼きの作り方と保存テクニックを、料理家の吉永沙矢佳先生に教えてもらいました。いつものレシピに少し工夫をするだけで、冷凍してもパサつきません。1食分ずつ冷凍しておくことで、お弁当やごはんのおかずにすぐ使えて便利!

冷凍しても美味しい卵焼きのコツ

●半熟はNG! 中までしっかり火を通す。

冷凍する卵焼きは半熟NG。中までしっかり火を通しましょう。

●マヨネーズと水溶き片栗粉をプラス!

マヨネーズに含まれる酢や油で卵のふわふわ食感を、片栗粉の保湿力によってしっとり感をキープすることできます。

【卵焼きの作り方】冷凍後もふわふわ&しっとり

材料(作りやすい分量)
  • 卵…3個

A

  • 砂糖…大さじ1
  • 水溶き片栗粉…水小さじ1+片栗粉小さじ1
  • マヨネーズ…小さじ2

※今回は直径18×15㎝の卵焼き器を使用

作り方

1 卵を溶きほぐし、調味料と混ぜ合わせる

溶きほぐした卵に、【A】の調味料を入れて混ぜている写真

ボウルに卵を割り入れ、菜箸で泡立たないように溶きほぐす。調味料Aを加え、さっくりと混ぜ合わせる。

■冷凍のポイント! 卵白のコシが切れるまで溶きほぐす

2 卵液を1/3量流し入れて焼く

1巡目の卵液を入れている写真/1巡目の卵液を巻いている写真

卵焼き器をよく熱し、サラダ油(分量外)をひいてペーパータオルでなじませる。弱めの中火にし、卵液1/3量を流し入れて全体に広げる。空気穴ができたら菜箸でつぶしながら焼き、固まってきたら卵焼き器の奥から手前に向かって巻く。

3 2の工程を繰り返す

2巡目の卵液を入れている写真/巻いた卵焼きを卵焼き器を傾けながら菜箸で抑えて焼きつけている写真

巻き終えた卵を卵焼き器の奥に移し、手前のスペースに卵液1/3を流し入れて焼く。火が通ったら、2と同じように巻いていく。この工程をもう一度行う。

■冷凍のポイント! 半熟部分がなくなるようにしっかりと焼く

卵を巻き終えるたびに卵焼き器の側面に押し付け、しっかりと焼き付ける。

4 アルミホイルで包み、粗熱を取る

出来上がった卵焼きをアルミホイルで包もうとしている写真/アルミホイルで包んだ卵焼きの写真

卵焼きをアルミホイルで包み、粗熱が取れるまで置く。

■冷凍のポイント! 余熱でしっかり火を通す

【卵焼きの冷凍/解凍方法】1食分ずつ保存で便利!

冷凍方法

冷凍した卵焼きが保存袋から出ている、奥に食べやすく切った卵焼きの皿盛りの写真

アルミホイルから卵焼きを取り出し、食べやすい大きさに切る。(以下、6等分想定)。1食分ずつ(2〜3切れずつ)ラップで包んで冷凍用保存袋に入れ、金属製バットにのせて冷凍する。冷凍庫で2週間程度保存可能。

解凍方法

2切れあたり、電子レンジ(600W)で1分20秒加熱する。温めが足りない場合は10秒ずつ追加して加熱する。加熱しすぎるとパサパサになるので注意。

【食べ比べて検証】冷凍後どうなる!?

今回のレシピで冷凍した卵焼き(左)と普通に焼いて冷凍した卵焼き(右)の解凍後の比較写真

「冷凍テクニック」を使って焼いた卵焼きと、そうではない卵焼きを冷凍・解凍して検証。その差は歴然で、今回のレシピの卵焼きの方がふんわりとしたボリューム感が保たれています。パサつきが心配でしたが、しっとりした食感もちゃんとキープできていました。

ちょっとしたひと手間で、冷凍しても美味しい卵焼きができるのはうれしいですよね。毎日のお弁当やごはんのおかずにぜひ試してみてください。

LINE