お弁当や副菜に便利な「ほうれん草だけ」おかず5選。冷凍保存も可能

2021.1.8
LINE
ほうれん草ナムルの写真

あと1品欲しいときに便利な「ほうれん草+調味料だけ」で作れる副菜レシピを、料理研究家の吉田瑞子先生に教えてもらいました。すべて冷凍作り置きOKのおかずなので、お弁当や「あともう一品」の副菜にもおすすめです!

■こちらもチェック!

【ほうれん草ナムル】食欲そそる香りがGOOD!

ねぎと生姜が香る、少量でも満足感のあるおかずです。ごはんにもよく合います!

ほうれん草のナムルの写真

材料(2人分)
  • ほうれん草…1束(約200g)

A

  • 醤油…大さじ1
  • 砂糖…大さじ1
  • すりごま(白)…大さじ1
  • 長ねぎ(みじん切り)…大さじ1
  • 生姜(みじん切り)…小さじ1
  • にんにく(みじん切り・好みで)…少々
  • ごま油…小さじ2
作り方
  1. 鍋にたっぷりの湯を沸かし、塩少々(分量外)を入れ、ほうれん草をゆでる。1分ほどゆでたら冷水にとって水気を絞り、3~4cm長さに切る。
  2. ボウルにAを合わせ、❶を加えて和える。仕上げにごま油を回し入れて混ぜる。

※ほうれん草の下ゆでは電子レンジ加熱でもOK
■詳しくはこちら!

【ほうれん草のピリ辛おひたし】めんつゆでお手軽に!

ゆずこしょうのほどよい辛さがアクセント。お酒のおつまみにもぴったりです。

ほうれん草のピリ辛おひたしの写真

材料(2人分)
  • ほうれん草…1束(約200g)

A

  • めんつゆ(2倍濃縮)…大さじ2
  • 水…大さじ1
  • ゆずこしょう…小さじ1/2
作り方
  1. 鍋にたっぷりの湯を沸かし、塩少々(分量外)を入れ、ほうれん草をゆでる。1分ほどゆでたら冷水にとって水気を絞り、3~4cm長さに切る。
  2. ボウルにAを合わせ、❶を加えて和える。

※ほうれん草の下ゆでは電子レンジ加熱でもOK
■詳しくはこちら!

【ほうれん草のカレーマヨ】みんな大好きな味

カレー粉のスパイシーな香りが食欲をそそるメニュー。マヨネーズの味わいが全体をマイルドに包み、パクパク食べられます。

ほうれん草のカレーマヨの写真

材料(2人分)
  • ほうれん草…1束(約200g)

A

  • マヨネーズ…大さじ2
  • カレー粉…小さじ2
  • トマトケチャップ…小さじ1
  • 赤唐辛子(輪切り)…1本分
  • 塩・こしょう…各少々
作り方
  1. 鍋にたっぷりの湯を沸かし、塩少々(分量外)を入れ、ほうれん草をゆでる。1分ほどゆでたら冷水にとって水気を絞り、1~2cm長さに切る。
  2. ボウルにAを合わせ、❶を加えて和える。

※ほうれん草の下ゆでは電子レンジ加熱でもOK
■詳しくはこちら!

【ほうれん草みそバター炒め】フライパンでさっとできる!

みそ×バターのコクのある味わいがたまりません。砂糖で甘さを加えているので、小さな子どもでも食べやすい味に。

ほうれん草のみそバター炒めの写真

材料(2人分)
  • ほうれん草…1束(約200g)
  • バター…大さじ1

A

  • みそ…大さじ1
  • 砂糖…小さじ2
  • 酒…小さじ1
作り方
  1. ほうれん草は3〜4cm長さに切る。
  2. フライパンにバターを入れて中火で溶かし、❶を炒める。しんなりしたらAを加えて混ぜる。

※えぐみが気になる方はサラダほうれん草を使ってください

【ほうれん草のオイスターあん】コクのある味わいが◎

旨みたっぷりのあんがほうれん草によく絡みます。とろみをつければ、汁気のあるおかずも、お弁当にぴったり!

ほうれん草のオイスターあんの写真

材料(2人分)
  • ほうれん草…1束(約200g)
  • 生姜…1かけ
  • ごま油…小さじ2

A

  • 水…大さじ2
  • オイスターソース…小さじ2
  • 酒…小さじ2
  • 醤油…小さじ1
  • 砂糖…小さじ1
  • 顆粒鶏ガラスープの素…少々
  • 塩・こしょう…各少々
  • 水溶き片栗粉…水大さじ1+片栗粉大さじ1/2
作り方
  1. ほうれん草は3〜4cm長さに切る。生姜は千切りにする。
  2. フライパンにごま油を入れて中火で熱し、❶を炒める。しんなりしたら混ぜ合わせたAを加え、水溶き片栗粉を回し入れてとろみをつける。

ほうれん草おかずは冷凍できます!

今回、紹介したほうれん草おかずはすべて冷凍作り置き可能です。小分けにして冷凍しておけば、レンチンするだけでお弁当に詰めることができて、とっても便利!

【冷凍方法】

シリコンカップに入れたほうれん草おかずの写真

おかずはしっかり冷ましてから、冷凍&電子レンジ加熱可能のシリコンカップに入れる。冷凍用保存容器に並べて入れ、ふたをして冷凍する。冷凍庫で3〜4週間保存可能。

【解凍方法/使い方】

凍ったままシリコンカップ1個につき、電子レンジ(200W)で2分加熱し、解凍してからお弁当箱に入れる。

LINE

※掲載情報は公開日時点のものです。本記事で紹介している商品は、予告なく変更・販売終了となる場合がございます。