余った餃子の皮で作れる、簡単おつまみ&おやつレシピ

2017.11.28
LINE

張り切って餃子を作ったけれど、皮が余ってしまった……そんな経験、ありませんか?使い切ろうとしても、あらためて餃子のタネを作るのは面倒だし、せっかくならばもう一品、二品、さっと作れたらいいですよね。

実は、餃子の皮はひと手間加えるだけで、おつまみやおやつがすぐにできる便利な食材。そのバリエーションはとても豊富なのです。

そこで今回は、料理ブロガーの山本リコピンさんに餃子の皮を使って、家族みんなが楽しめるおつまみやおやつのレシピをお聞きしました。

晩酌にもぴったり!サッと作る大人のおつまみ

 

◎星形チップスのディップ添え

星型のおしゃれなチップスと、スパイシーなサルサソースがよく合う一品です。パーティーメニューとしてもぴったりですね。

<材料 2〜3人分>
・餃子の皮 15枚
・トマト(中) 1個
・ピーマン 1個
・玉ねぎ 1/4個

(A)
・トマトケチャップ 大さじ3
・タバスコ 小さじ1
・チリパウダー 小さじ1/2

<星型チップスの作り方>
餃子の皮を星形のクッキー型で抜いたら、中温(170℃前後)の油で40~50秒程度焼き色がつくまで揚げる。

<ディップ(サルサソース)の作り方>
① ピーマンと玉ねぎはみじん切りにして塩をふり、水分が出てきたら水気を絞る。トマトは1㎝角に切る。
② ①と(A)をよく混ぜたら完成。

〜調理のPoint〜
サルサソースはタバスコを入れず、チリパウダーのみで作ればお子さまでのおやつにも!また、型で抜いた際に残った部分は、同じように揚げてから細かく砕き、クルトンのようにサラダに散らすと味や食感のアクセントにもなってオススメです。

 

◎じゃがバター入り餃子の皮カップ

カップが餃子の皮でできているため、カップごと食べられます。自分好みの具材や、オリジナルのトッピングを考えて作るのも楽しいですよ。

<材料 9個分>
・餃子の皮 9枚
・じゃがいも 2個
・キムチ 30g
・明太子 30g
・市販のレトルトカレー 30g
・バター 20g
・塩 適量
・こしょう 適量

(トッピング)
・きゅうり、万能ねぎ、うずらのゆで卵、粉チーズ 各適量

<作り方>
① 伏せて置いた耐熱のシリコンカップの上に餃子の皮を置いたら、さらにその上に耐熱のシリコンカップを被せ、餃子の皮をぎゅっと挟み込む。
② ①の状態のまま、200度に予熱しておいたオーブンで5分焼く。シリコンカップから外して、さらに3分焼く。
③ じゃがいもは、皮をむいて1個を6等分に切り、耐熱皿に乗せてラップをする。電子レンジ(600W)で3分加熱したら、熱いうちに潰してバターを混ぜ、塩とこしょうで味をととのえる。
④ アイスクリームディッシャーやスプーンを使い、③を②の餃子カップに入れる。
⑤ 明太子と短冊に切ったきゅうりや、キムチと小口切りの万能ねぎをトッピングする。レトルトカレーとスライスしたうずらのゆで卵を乗せたものには粉チーズをまぶす。

〜調理のPoint〜
カップを作るときは2枚のカップがなるべく水平になるように、しっかりとカップを重ねてください。こうすることで、底の安定した形に焼きあがります。

 

子どもと一緒にカリサクな甘いおやつを作ろう

◎餃子の皮のスモア

焼いたマシュマロととろけたチョコレートの不思議な食感がクセになるデザートです。いちご風味のチョコレートを使用すると、また別の味わいが楽しめます。

<材料 3個分>
・餃子の皮 6枚
・マシュマロ 6個
・板チョコ 1/2枚

<作り方>
① クッキングシートをひいた天板に、餃子の皮を重ならないように並べ、200度に予熱したオーブンで5分焼く。
② ①の内、3枚それぞれにマシュマロ(2個)と板チョコ(3等分したもの)をのせ、ラップをせずに電子レンジ(600W)で20~30秒、マシュマロが溶けるまで加熱する。
③ ②の上に①の皮を一枚重ねる。

〜調理のPoint〜
加熱した後の餃子の皮は割れやすいため、力を入れずにそっと重ねるようにしてください。

 

◎ミックスベリーのデザートピザ

餃子の皮を敷き詰めた、花のようなフルーツピザ。りんごとシナモン、チョコとバナナなど、お好みの具材を使って作れば、お子さまもきっと大喜びですよ!

<材料 15㎝大1枚分>
・餃子の皮 10~12枚
・冷凍ミックスベリー 100g
・クリームチーズ 50g
・はちみつ 大さじ2
・ミント 適量

<作り方>
① クッキングシートの上に餃子の皮に水をつけながら少しずつずらして重ね、円形にする。
② ①を天板に移した後、凍ったままのミックスベリーを乗せ、クリームチーズを手でちぎってまんべんなく散らす。
③ 200度に予熱したオーブンで②を5分焼く。
④ 焼きあがった③にミントを飾り、はちみつをかける。

〜調理のPoint〜
餃子の皮を円形にする際は、広げやすいように丸いお皿を使うと、円形の目安となってきれいに仕上げることができます。

 

餃子パーティの後に甘いデザートはいかが?

◎チョコバナナ水餃子

水餃子のように茹でるため、のどごしの良さを楽しめる一品です。具材を詰める作業をお子さまと一緒にやってみてはいかがでしょうか。コツをつかめば、お子さまでもお料理気分が楽しめるでしょう。

<材料 2〜3人分>
・餃子の皮 10枚
・バナナ 1本
・板チョコ 30g
・砂糖 50g
・ぬるま湯 100ml
・ミント 適量

<作り方>
① 盛り付け用の器に、ぬるま湯と砂糖を入れ、溶かしておく。
② 板チョコは小さく割り、飾り用のバナナは輪切りにしてからお好みの型で抜き(3~4個)、残りは刻んでチョコレートと混ぜる。
③ ②を、中身が出ないようにしっかりと餃子の皮で包む。
④ 沸騰したお湯で4分茹でたら、①の砂糖水に浮かべる。飾り用のバナナを浮かべ、ミントを飾る。

〜調理のPoint〜
茹でている間に具材が出てしまわないよう、なるべく少なめに包むようにしましょう。またチョコが皮を破かないように小さめに砕いておくこともポイントです。

 

餃子の皮を使って、食卓にもう一品添えよう!

 

これまで余らせてしまっていた餃子の皮も、有効活用すればおいしい一品に生まれ変わります。今回ご紹介したレシピは、ご家庭にある食材で簡単にサッと作れるのも嬉しいポイントですね。

皆さんもぜひ、餃子の皮を活用して、食卓にもうひと品添えてみてはいかがでしょうか。

LINE