BBQに飽きた…という人必見! アウトドアのプロがやってる、使えるレシピBEST3

2018.4.24
LINE

家族や友人とわいわい火を囲むBBQは楽しいものですが、グリルや焼き肉など、いつも同じメニューになるのが悩ましいところ。現場での調理はできるだけラクに、でも目先が変わってインパクトがある料理が欲しいですよね。

そこで、アウトドア料理のプロが実際にやっている「使える!」レシピを教えてもらいました。

「今回ご紹介するのは、『仕込み』段階でひと工夫しておくレシピ。移動時間中に美味しくなるうえ、現場での調理も簡単に。しかも食べるときに、あっ!と驚いてもらえるテクニックです」と教えてくれたのは、アウトドアレシピに詳しい、フードコーディネーターのみなくちなほこさん。手間はかけずに、気がきいている! と喜ばれることうけあいの3つのレシピを紹介します。

移動中に味がしっかり染み込む【殻つきエビのローズマリーマリネ】

網の上で殻つきエビを焼いているところ

マリネした肉や魚のグリルはBBQの定番ですが、フレッシュハーブと柑橘を使うだけで、グッとおしゃれな印象に。ちょっと下準備をしておくだけで、移動中に味と香りが染み込み、現場で作るよりも完成度がアップします。

<材料> 4人分

殻つきエビのローズマリーマリネの材料

  • 有頭エビ(ブラックタイガー、大正エビなど)…8尾
  • <マリネ液>
    • ローズマリー…1枝
    • レモン(輪切り)…3枚
    • レモン汁…大さじ1
    • にんにく(薄切り)…1片分
    • 塩、粗びき黒こしょう…各少々
    • オリーブオイル…大さじ1

<作り方>
*仕込み
1 エビは背ワタを取り、エビの腹側の尾のつけ根から背側の頭のつけ根に向けて、まっすぐ串を刺す(串を刺すことでエビがまっすぐ焼け、食べやすくなります。面倒な場合は省略してもOK)。
2 密封保存袋に1、<マリネ液>の材料をすべて入れ、袋の口を閉じて全体を軽くもんでなじませる。冷蔵庫に入れ、6時間ほど漬ける。
※漬けた状態でBBQ会場に持参する場合は、クーラーボックスに入れ、食材が冷えた状態をキープしましょう

殻つきエビをマリネしているところ

*加熱
3 熱した網の上に2のエビを並べて焼き、両面に焦げ目がつくまで焼く。レモンは網の上にのせて、焼き目をつけてから、エビの上にのせる。
※小さいお子さん用には、エビを串から外し、殻をはがして、食べやすい大きさに切ってあげましょう

水漬けパスタでもっちり新食感!【あさりのトマトパスタ】

水漬けパスタのトマトパスタ

乾燥パスタを水に3~4時間浸しておくだけで、加熱時間が短縮できるうえ、もっちりとした新食感に! アルミホイルを二重にし、鍋の代わりにして加熱していきます。

<材料>3~4人分(2包み分)

水漬けパスタのトマトパスタの材料

  • ショートパスタ(乾燥)…200g
  • あさり(砂抜き済)…2カップ程度
  • 黄パプリカ(細切り)…1/2個分
  • にんにく(みじん切り)…1片分
  • <トマトソース>
    • トマト水煮缶…1カップ
    • 白ワイン…1/2カップ
    • 顆粒ブイヨン…小さじ2
    • 塩、粗びき黒こしょう…各適量
    • 粉チーズ、バジル…各適量

<作り方>
*仕込み
1 ショートパスタを密封保存袋に入れ、かぶる程度の水を注いで袋の口を閉じる。
2 1を冷蔵庫に入れ、3~4時間ほど浸す。
※浸す時間が長すぎるとトマトソースが染み込みにくくなるため、3〜4時間にとどめます
※水に浸した状態でBBQ会場に持参する場合は、クーラーボックスに入れて食材が冷えた状態をキープし、水がこぼれないように注意しましょう

水につけたパスタ

*加熱
1 アルミホイルを35cmほど広げて2枚準備し、2枚を重ねて両端をつまみ、舟形を作る。同様にして計2つの容器を作る。
2 1にあさり、にんにく、黄パプリカ、<トマトソース>の材料すべてを、半量ずつ入れる。
3 アルミホイルの口を閉じ、端をキャンディのようにねじり、熱した網の上にのせて蒸し焼きにする。
4 にんにくの香りが立ち、グツグツと煮立つ音がしてきたら一度アルミホイルの口を開き、パスタの水気を切って加え、軽く混ぜ合わせる。再びアルミホイルの口を閉じ、網の上で10~15分ほど蒸し焼きにする。
※アルミホイルが熱くなっているので軍手などを使って移動させ、火傷には注意しましょう
5 網から下ろし、塩、粗びき黒こしょうで味を調える。粉チーズをかけ、ちぎったバジルを散らす。

豪快な見た目に歓声が上がる!【みっしりフレンチトースト】

みっしりフレンチトースト

インパクト大! な食パンの厚さがポイントのレシピ。使用する1/2斤サイズは、パン屋さんでオーダーすれば購入できます。2つのスキレットを重ねて蒸し焼きにすることで、ふっくらと美味しく焼きあげられることもポイント。小さめのスキレットはホームセンターや100円ショップでも比較的安価で手に入ります。BBQのサブメニューやちょっとしたソテーにも使えるので、ぜひ試してみて。

<材料> 食パン1/2斤分(おおよそ4人分)

みっしりフレンチトーストの材料

  • 食パン…1/2斤
  • 卵…2個
  • コンデンスミルク…大さじ3
  • 牛乳…1カップ
  • バター…大さじ2
  • はちみつ…適量

<作り方>
*仕込み
1 ボウルに卵を割りほぐし、コンデンスミルク、牛乳を加えてよく混ぜて卵液を作る。
2 深めの密封保存容器に食パンと卵液を入れ、冷蔵庫に入れて6時間以上浸す。
※浸し始めて2時間ほどで裏返し、両面から卵液を吸い込ませます
※浸した状態でBBQ会場に持参する場合は、クーラーボックスに入れて食材が冷えた状態をキープし、卵液がこぼれないように注意しましょう

食パンを卵液に漬けているところ

*加熱
1 内径15cm 程度のスキレットを2つ用意し、熱した網の上に1つのスキレットをのせて、バターを入れて溶かす。もう1つのスキレットにはバター(分量外)を薄く塗り、網の端において温めておく。
2 スキレットを網から下ろし、食パンをのせ、はみ出た部分をフォークなどでスキレットに押し込む。
※スキレットが熱いので鍋つかみなどで押さえ、火傷しないように注意しましょう

3 網の上に2をのせて焼く。途中、フォークで食パンを持ち上げて焼き目を確認する。

4 焼き目がついたら、温めておいたもう1つのスキレットで食パンの上にかぶせるように蓋をする。

みっしりフレンチトーストを焼いているところ

5 2つのスキレットの取っ手を重ねて持ち、上下をひっくり返して両面焼く。焼き目がついたら火からおろし、はちみつをかけていただく。
※スキレットが熱いので鍋つかみなどで持ち、火傷しないように注意しましょう

LINE
アンケートバナー
アンケートバナー