たったこれだけ!? スイーツの美味しさが倍増する日本茶の淹れ方【プロが解説】

2018.5.16
LINE
和菓子のイメージ

「日本茶を飲むなら、ペットボトルで」と思う人が多くなってきた現代。「わざわざ急須を使って淹れるのは、ちょっと面倒」と思っていませんか? でも、淹れ方にひと工夫するだけで、お茶はもちろん、合わせるスイーツの美味しさも倍増させるテクニックがあるんです。

これを知ったら、茶葉を買って自分で淹れないと損! って思うはず。教えてくれるのは、日本茶ソムリエとして多数のメディアで日本茶の楽しみ方を提案する、和多田喜さん。固定概念に縛られない、新鮮なアイデアは必見です。

合わせるスイーツを美味しくする秘密は「茶葉の量」にあり!

日本茶の茶葉のイメージ

ペットボトルの日本茶は、完成品なので味を変えることはできませんが、日本茶は本来、さまざまな味わいを持つもの。しかも、淹れ方次第で味が大きく変化するんです。特に違いを感じやすいのが「茶葉の量」を変えることだと和多田さん。

「日本茶を自分で淹れると、茶葉の量を変えて『濃度』が自由にコントロールできる。それってすごくメリットがあることなんです。濃さを変えられるということは、合わせる食べ物にフィットする味わいに自分で調整できるということ。適切な濃度にするだけで、日本茶自体も、合わせるスイーツも、どちらもグッと美味しく感じられるはずです」

茶葉の量は3パターン。プロが教える日本茶の淹れ方テクニック

スイーツの甘みと茶葉の量の関連図

茶葉の量を変えるといっても難しいことはありません。例えば1g、2g、3gで比較してみるだけでも、その違いは歴然! 濃厚な甘さがあるスイーツには茶葉多めで濃く、甘みが少ないものには、茶葉少なめで薄めに淹れるだけです。スイーツは和菓子に限らず、洋菓子でもOK。

「例えば、甘みの強い羊羹やチョコレートと合わせるなら、100mlのお湯に対して、茶葉の量は3g。茶葉の味や香りが強く出た濃厚なお茶が、スイーツの強い甘みをさらに引き立てるんです」

その通りに実践してみると、濃いめのお茶が口の中をリセットして、スイーツを食べるたびに濃厚な甘さが強調されます。逆に、茶葉1gで淹れた薄めのお茶と強い甘さのチョコレートと合わせると、チョコレートが強すぎて、お茶の味は感じにくい……。さらに、甘さが控えめのいちご大福に濃いお茶を組み合わせてみると、いちごのフレッシュさが消え去り、お茶の渋みが口の中いっぱいに……。想像以上に味わいの感じ方が大きく変わることに、驚きです!

淹れる湯は「熱湯」でいいんです!

日本茶を淹れているところ

日本茶は湯をほどよく冷ましてから淹れたほうが美味しいというセオリーはありますが、なんと「熱湯」で淹れる方法もあると和多田さんは言います。

「お湯の温度は80度、とよく言われますが、高温であるほど茶葉がすぐに開いて、香りがよく出るので、沸騰したお湯(100度)もおすすめ。お湯を入れてフタをせず、そのまま1分待ったら飲み頃です」

この方法は、日本茶をあまり淹れたことがないという方でもトライしやすい淹れ方。慣れてきたら、温度下げて淹れてみると、さらに味の変化を体感できます。

【これもおすすめ!】香り&甘みがぐーっと際立つ「水出し茶」

冷茶のイメージ

茶葉の量を変えるテクニックに加えて、香りも味もペットボトルのお茶とは段違いな、極上冷茶の作り方も教えてもらいました。

「水に茶葉を入れるだけでできる『水出し茶』です。100ccの水に対して、茶葉は1~2gが目安。冷蔵庫に入れて、一晩(6時間以上)冷やすだけで、翌朝には美味しい冷茶が出来上がります」

放っておくだけなのに、どうして美味しくなるのかと言うと……。
「茶葉は中側に香りがあるので、低温でじっくり茶葉を開かせることで、水に香りがゆっくりと移って美味しくなるんです」

ポイントはしっかりとふたのしまる容器に入れること。濃度の濃い部分が下に沈殿しているので、飲むときにボトルを振って撹拌すると、ちょうどよい濃さになるんだそうです。冷茶はわらび餅やブランマンジェなど涼感のあるスイーツに合わせるのがおすすめ。
※作った冷茶はその日のうちに飲みきってください

茶葉の種類は何でもOK。季節限定の味わいにも注目を

新茶のイメージ

手軽に日本茶を楽しむなら、熱湯で淹れるときも、水で淹れるときも、使う茶葉はスーパーなどで手に入りやすいものでいいんだそう。普段とはちょっと違うものを飲んでみたい、というときは、初夏限定の「新茶」なら入手しやすく、味の違いと季節感を感じやすいです。

「新茶は、その年の一番初めに芽吹いた新芽だけで作られるお茶のこと。その特徴は、なんといってもフレッシュな若葉の香り。香りがわかりやすく、味の特徴がつかみやすいので、日本茶ビギナーにもおすすめです」

「茶葉にこだわってみたい!」という場合は、日本茶専門店へ。茶葉は製法や品種、産地によってさまざまな種類がありますが、日本茶専門店なら好みに合わせて選んでもらえます。

最近は、コーヒーにはまるように、日本茶も道具や淹れ方にこだわって楽しむ人が増えているよう。さらに、茶葉やスイーツにこだわった新しい専門店も増えています。まずは、おうちでスイーツと合わせてみて、日本茶の味と香りの変化を体験してみてください。

LINE
アンケートバナー
アンケートバナー