• TOP
  • 食の発見
  • 【洋菓子研究家監修】バレンタインにやってみたい、簡単で美味しいチョコレートアレンジ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

【洋菓子研究家監修】バレンタインにやってみたい、簡単で美味しいチョコレートアレンジ!

  • 2017.02.07
  • 食の発見

2月14日はバレンタインですね!ご家族やお子さん、お友だちにチョコレートを作って贈る方も多いのでは?贈った手作りチョコレートを喜んでもらえると「作ってよかった!」と幸せな気持ちになります。

当サイトでは、チョコレートを手作りする方へ向けて、「バレンタイン前に知りたい!パティシエが教える失敗しないチョコレートの作り方」という記事を公開しています。しかし、手作りチョコレートは時間と手間がかかるもの……。

そこで今回は、「手作りする時間が取れない!」という方に向けて、洋菓子研究家の宮代眞弓さん監修のもと、市販のチョコレートを手軽にアレンジする方法を伺いました。

アレンジに使う食材は、スーパーなどで購入できる手に入りやすいものばかり。チョコレートの風味をひと味もふた味も変えてくれる食材を使って、今年はいつもとは違うバレンタインチョコレートを作ってみましょう!

あなたはバレンタインのチョコレートを作る派?作らない派?

「ほほえみごはん編集部」では、1月にアンケートを行い、チョコレートを「作る派」「作らない派」について、アンケート調査を行いました!他の方が、どちらなのか気になりませんか?

その結果が、こちらです!

18.15.52

アンケートには、100名以上の回答が集まり、結果は「作らない派」が54%と若干優勢。予想では「作らない派」が大半を占めると考えていましたが、意外にも「作る派」に票が集まっています。やはり、贈り物は手作りで心をこめたいという方が多いみたいですね!

それでは、まずは「作らない派」の方々でもチャレンジしやすい、市販のチョコレートと相性の良い”ちょい足し”食材をご紹介します!

コンビニで買ったチョコレートが大変身!チョコレートと相性ばつぐんの簡単アレンジ

作らない派の方は、市販のチョコレートをプレゼントする方が多いと思いますが、他の方とは違うチョコレートに仕上げたいときには、これからご紹介をする食材を使ってアレンジを加えてみましょう!

チョコレートをアレンジする時に覚えておきたいのは、「同系色の食べ物は相性が良い」ということ。チョコレートは茶色なので、相性の良い食べ物は茶色や黒色をしたものが相性がよいのです。

茶色や黒色の食べ物の中で、市販のチョコレートに使いやすいのは、栗やインスタントコーヒー、あんこなど。それぞれの具体的な使い方をご説明します。

◎ 栗
剥かれた状態で売っている甘栗を半分に切ってビターチョコレートに乗せると、栗のほっこりとした甘みと香ばしさが加わります。アーモンドチョコレートなど粒型のチョコレートの上に、栗のペーストを小さじ1杯乗せても美味しくなりますよ!

◎ インスタントコーヒー
インスタントコーヒー(粉末状)をチョコレートの上からふりかけると、キリッとした苦味が加わって大人向けの味わいになります。分量は、3cm程度の粒型チョコレートに対して小さじ1/2ほど。よく合うのはミルクチョコレートです。

◎ あんこ
実はあんことチョコレートは相性のよい食材。しっとりとした食感と優しい甘さがチョコレートの風味に意外に馴染みます。あんこには甘みがあるので、合わせるなら甘さ控えめのビターチョコレートがおすすめ。

クラッカーの上、に練りあんと板チョコレートを一緒に乗せても美味しいですし、チョコレートに2mmほどに薄く切った羊かんを乗せてもおいしいですよ!和と洋の意外な組み合わせをぜひ楽しんでみてください!

次は手作り派に!蒸留酒・ナッツ・フルーツを使ったアレンジ方法

お手軽アレンジの次は、手作り派に向けてチョコレートと相性の良い食材をご紹介します。チョコレートと相性のよい食材には、王道と言える3つの素材があります。

・蒸留酒:ブランデー、ラムなど
・ナッツ:アーモンド、ピスタチオなど
・フルーツ:苺、バナナ、オレンジなど


これらの食材は、カカオの香りと良く合い、チョコレートの風味に特徴を与えてくれます。

◎蒸留酒

10305419_S

蒸留酒は、砂糖の甘さを抑え、チョコレートにお酒の風味を加えてくれる食材です。

蒸留酒は原料や産地、作り方によって風味に違いがありますので、代表的なものをご紹介します。

ブランデー:ブランデーはぶどうなどの果実からつくられているので、ほのかな甘みとフルーツのような爽やかな香りが特徴です。ダークチョコレートと相性が良く、溶けたチョコレートに加えるとすっきりとした大人向けの味になります。

ラム:ラムはサトウキビからつくられているので、焦がした砂糖のような甘くて香ばしい香りを持ちます。ホワイトチョコレートとも相性がよく、一緒にレーズンを加えればラムレーズンアイスのような風味に。

蒸留酒は加えすぎるとアルコールの風味が強くなりすぎるため、湯せんして溶かしたチョコレート200gに対して小さじ1/2~小さじ1程度を加えると良いでしょう。

◎ナッツ

ナッツは、チョコレートにまろやかさやコク、香ばしさを加えてくれます。

チョコレートにトッピングしてもカリッとした食感が楽しめますし、ご自宅のミキサーを使ってペーストにしたものを、溶かしたチョコレートに練りこんでも味に深みが出るでしょう(ご自宅にミキサーがない場合、ネットショッピングなどでペーストを購入することができます)。

ナッツには、それぞれ以下のような特徴があります。

アーモンド:特有の香ばしさとカリッとした食感が特徴です。ペーストにはせず、トッピングとして加えるのがおすすめ。チョコレートで包んであげたり、チョコレートに乗せてあげたりと、使い勝手が良い食材です。

ピスタチオ:ナッツの女王と呼ばれるピスタチオは、他のナッツよりも濃厚なコクが特徴です。ピスタチオはトッピングするより、ペーストにして溶かしたチョコレートに練りこんでみましょう。そのコクが、チョコレートの味をより奥深くしてくれるはずです。

◎フルーツ

chocolate fondue

フルーツは、酸味が強い苺や、甘みが強いバナナ、爽やかな香りのオレンジなど様々な種類があります。生のフルーツに溶かしたチョコレートをディップしても美味しく召し上がれますし、果実酒を溶かしたチョコレートに加えれば甘酸っぱい香りが加わります。

おすすめのフルーツは、いちご、バナナ、オレンジ(オレンジは輪切りにして砂糖漬けにしたものや、オレンジピールがチョコレートによく合います)のほか、フリーズドライにしたラズベリーやブルーベリー、乾燥イチジクもチョコレートによく合うでしょう。

ミニコラム:ピリッと引き締まる。スパイスとチョコレートの意外な組み合わせ

Chocolate with Different Spices

「チョコレートとスパイス」と聞くと意外な組み合わせだと思われる方も多いはずですが、実はとても相性の良い食材。ヨーロッパを中心に、黒胡椒や唐辛子などを加えたチョコレートが人々に親しまれています。

スパイスを使うときは粉末状のものを使用し、溶かしたチョコレートや、チョコレートブラウニー、マフィンに混ぜると、ピリッと引き締まった風味が楽しめるはずです。(スパイスには苦味や辛味があるものも多いので、混ぜ過ぎないように注意!)

スパイスに合わせるチョコレートは、甘みが少なく、カカオ分の高い60%くらいのビターチョコレートを使うのがおすすめ。分量はチョコレート200gに対して粗挽きの黒胡椒なら小さじ1/2~1/4程度。

唐辛子は種類にもよりますが、辛味がありますのでチョコレート200gに対してパウダー状のもので小さじ1/8程度から試してみましょう。

ほほえみごはんでは、スパイス専門店に監修をお願いして、スパイスの風味を解説した「奥深きスパイスの世界に踏み込んでみませんか? スパイス”の特徴と使い方を専門店(レピス・エピス)に聞きました」という記事も公開しています。

こちらではスパイスの風味や特徴についてご紹介をしているので、ぜひご確認してみてください!

 

贈り物はチョコレートだけじゃない、バレンタインディナーで大切な人を驚かそう!

title01_pc

今回はチョコレートのアレンジ方法として相性がよい食材をご紹介しましたが、旦那さんやお子さんなど大切な方へのプレゼントに、チョコレートではなくお料理のプレゼントはいかがでしょう?

ニチレイフーズのWebサイトでは、冷凍食品を使ったお手軽レシピをご紹介しています。今回はその中から、バレンタインにちなんだレシピをご紹介しましょう。

◎ チキンライスのネクタイずし


recipe_valentine_01

(出典:ニチレイフーズ/バレンタインレシピ特集、レシピ考案:食とものづくりスタジオ FERMENT)

チキンライスの上に薄焼き卵でネクタイをつくり、ケチャップで愛情たっぷりのメッセージを添えた一皿。「ありがとう」や「おつかれさま」など、普段なかなか言えない気持ちを伝えてあげましょう!

■レシピはこちらから! ⇒ バレンタインレシピ特集「チキンライスのネクタイずし」

◎ ミニハンバーグのチーズポテト添え


recipe_valentine_cheesepoteto1

(出典:ニチレイフーズ/バレンタインレシピ特集、レシピ考案:食とものづくりスタジオ FERMENT)

ハート型の形に乗せたポテトとソースが可愛らしいハンバーグ。一口サイズなので食べやすく、ワインやビールなどのおつまみにもおすすめです。

■レシピはこちらから! ⇒ バレンタインレシピ特集「ミニハンバーグのチーズポテト添え<バレンタインバージョン>」

バレンタインメニューは、他にも「ハートのチキンオムライス」や「ハートハンバーグのミラノ風ドリア」など様々、どれも冷凍食品を使ったお手軽なものばかりなので、こちらのページを見てぜひ試してみてくださいね。
ニチレイフーズバレンタインレシピ特集

今回は、私たちを魅了してやまないチョコレートに合う食材と、バレンタインの日にぴったりなディナーメニューをご紹介しました。ちょっとひと手間を加えたチョコレートとバレンタイン特別レシピで、今年は大切な人を驚かせてみませんか?


1324356765

プロフィール

宮代眞弓/洋菓子研究家
1985年 大学家政学部卒業。シュガーアートデコレーションをパディケーキハウス稲田和子先生に師事。 ル・コルドンブルー、他にて製菓・料理を学ぶ。フランス・パリ・エコール・リッツ・エスコフィエにて製菓プログラム修了。オーストリア・ウィーンZuckerbackerei Giebisch Partyserviceにて製菓製パン研修。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック