?未来の子どもたちの笑顔のために?お弁当にGood! 森にGood!プログラム
お弁当にGood!のこのマークが目印!
6,443,000㎡/年
森のお便り ttl_image
森づくり

森づくり

森の間伐や整備、森づくりの様子をお伝えします。
postaL_mark
森づくり

巡視人は考える。

巡視人は考える。人が手を入れて植林した森では、木を植えてから伐採するまで50年、百年とかかります。先の先を考えながら計画を立て、育てていく必要があります。 東吾妻町では、長年林業に携わってきた経験豊富な方々を巡視員に任命し、年に1回見回りをしていただいています。 木がまっすぐ伸びています。また日の光が下まで入り明るい森です。 間伐した木を運び出している様子。
続きを読む>
postaL_mark
森づくり

みんなで下草刈り!!

みんなで下草刈り!!森を育むための植林の話はよく聞きますが、大きく育て上げるために大事な作業として下草刈りがあります。 植え付け直後の背が低い苗木が、下草に埋もれて日光が当たらなかったり、苗木がまっすぐ伸びるようにするために、周りの草を刈ります。 写真の中に苗木があります。見つかりますか??
続きを読む>
postaL_mark
森づくり

第16回葛巻町植樹祭!

第16回葛巻町植樹祭!葛巻町で約350名が参加して植樹祭が行われました。 みなさん、「アオダモ」という木をご存知ですか?? そうです。野球のバットになる木です。 今年は「日本プロ野球機構」からの「緑の募金」の助成を受けて実施しました。 東日本大震災の復興を祈念するとともに、葛巻町60周年を記念して、アオダモ500本、ヤマツツジ300本の植樹をしました。  植樹したところを「アオダモの森」と名付けました。
続きを読む>
postaL_mark
森づくり

丸太を集める

丸太を集める 森で切り倒した木は、どうやって運び出されるのでしょう? みなさんも緑いっぱいの山を眺めることがあると思いますが、そこで切った木をどうやって運び出すと思いますか?日本の山は急峻です。すみずみまで林道を通して運び出すのは難しいことです。  今日の間伐場所は、温泉街の上に位置する山で、傾斜がきつくて道がつくれません。
続きを読む>
postaL_mark
森づくり

下草刈り

下草刈り 下草刈りは植林後7~10年くらい毎年行います。 林業の仕事の中でも一番キツイと言われています。夏場の日当たりのいい場所で、まだ木も小さく日陰のない場所での作業となります。 そして下草の周りは湿度がかなり高い!!  下草をきれいに刈ると、育ってきた若木が整然と並んでいる姿がくっきり現れます。  写真は、4年生です。(4年目の木のことです)
続きを読む>
このページの先頭へ▲