【月見団子のレシピ】ウサギ・ネコ・ヒヨコも!かわいいお団子が大集合

2019.8.22
LINE
ウサギの形の団子、黄色い団子、カラフルな団子など月見団子の集合写真

今年のお月見は、かわいい「月見団子」にチャレンジしてみませんか? 基本の月見団子のレシピをはじめ、お月様やウサギ・ネコ・ヒヨコなどさまざまな団子の作り方を紹介します。団子に顔を描くときのコツや、盛り付けのテクニックまで徹底解説。月見団子の保存方法も紹介します。

白ウサギの月見団子の写真/四角いお皿に白いウサギの団子が3つ並んで右上に黄色い団子をのせている写真/ウサギ、ネコ、クマ、ヒヨコの形をした団子の写真/ピンク、緑、黄色、白の団子が皿に盛られている写真

【基本】月見団子のレシピ

まずはプレーンの月見団子。このレシピをベースにさまざまな団子を作ります。

材料(約15個分)
  • 団子粉…150g
  • 砂糖…15g
  • 水…100ml

※白玉粉を使う場合は白玉粉・上新粉(各75g)をミックスする。

作り方

1 団子粉と砂糖に水を加えながら混ぜる

ボウルに団子粉、砂糖、水を入れている写真

団子粉と砂糖をヘラで軽く合わせ、水を少しずつ加えながら全体をよく混ぜる。水はすべて使い切らなくてもよい。

2 よくこねてまとめる

ボウルの中で団子粉と砂糖、水を入れて手でこねてひとまとまりにしている写真/団子粉をこねて手のひらでひとまとめにしている写真

生地を手の腹で20~30回よくこねる。「耳たぶ」くらいのかたさになったらひとまとめにする。かたすぎる場合は水を少量加えて調節する。

3 500円玉サイズに分けて丸める

団子粉をこねて手のひらで500円玉くらいの大きさに丸めて団子を作っている写真

生地を1個20g(500円玉大)サイズ取り分け、手のひらで転がして丸める。力が強すぎると形がいびつになるので注意。

4 団子を3分ゆでて冷水にとる

沸騰した湯で団子をゆでている写真/ゆでた団子を冷水にとっている写真

鍋で湯を沸騰させて団子を入れる。最初は強火で、団子が浮き上がってきたら火を弱める。鍋の中で対流が起こる程度の火加減を保ち3分ゆでる。冷水にとり、何度か水を替えて冷ます。団子が冷めたらザルにあげて水けを切る。

5 基本の団子が完成

完成した白い月見団子の写真

【応用】アレンジ団子のレシピ

①ふっくら白ウサギ 目の描き方がポイント

楕円形に丸めたウサギの団子。目の描き方で表情が変わります。

白ウサギの月見団子の写真

材料(白ウサギ団子15個分)
  • 団子粉・砂糖・水…基本の団子(約15個分)と同じ
  • ジャム(いちご、ラズベリーなど)…適量(目を描く)
  • ココア…小さじ1を少量の水で溶いたもの(耳と目を描く)
作り方

❶【基本レシピ】工程3で楕円形に形成し、頭になる方を細くする。頭は上から指で押すと整えやすい。

手のひらで団子を楕円形に丸めてから指を使ってウサギの顔と頭を整えている写真/手のひらで団子を楕円形に丸めてから指を使ってウサギの顔と頭を整えている写真

❷【基本レシピ】工程4と同じようにゆで、冷水にとる。

❸団子の表面が乾いてきたら、爪楊枝を使って目と耳を描く。

  • 目…爪楊枝の頭にココア液を付け、スタンプのように押す。ジャムを使う場合は爪楊枝の先ですくい、団子に乗せるように描く。
  • 耳…爪楊枝の先端から半分程度までココア液を付け、ウサギの丸みに沿って押し当てて線を入れる。

手のひらの上で白い楕円形の団子に爪楊枝でウサギの目を描いている写真/手のひらの上で白い楕円形の団子に爪楊枝でウサギの目と耳を描いている写真

■POINT

目は、上の方に大きく描くと元気な表情に、下の方に小さく描くとやさしい印象になる。

②仲良しウサギ パーツのバランスに注意

皿の上に絵を描くように作るウサギ。

四角いお皿に白いウサギの団子が3つ並んで右上に黄色い団子をのせている写真

材料(ウサギ団子6個分)
  • 団子粉・砂糖・水…基本の団子(約15個分)と同じ
  • ココア…小さじ1少量の水で溶いたもの(目と鼻、口を描く)
  • ジャム(いちご、ラズベリーなど)…適量(頬を描く)
  • 黄色い団子(月)※材料と作り方はこちら
作り方

❶【基本レシピ】工程3でウサギの頭、胴体、耳、しっぽのパーツを作る。

  • 頭…直径3cm程度に丸める
  • 胴体…顔よりもひと回り小さく丸める
  • 耳…長さ1.5㎝程度の楕円形にする
  • しっぽ…小豆サイズに丸める

それぞれを押しつぶして平らにする。

❷オーブンシートの上でパーツをウサギの形に組み立てる。各パーツのつなぎ目には少量の水を付ける。

❸【基本レシピ】工程4と同じようにゆでて冷水にとる。フライパンや浅い鍋を使い、オーブンシートを敷いてゆでると崩れにくい。

フライパンに湯をわかし、オーブンシートにおいた白いウサギの形をした団子を入れてゆでている写真

❹お皿に置いて表面が乾いたら、菜箸や爪楊枝を使って顔を描く。

  • 目と口…爪楊枝にココア液を付けて描く。顔の半分より下に目を描くとかわいらしい印象に。
  • 頬…箸の先端にジャムを付け、スタンプを押すように付ける。

爪楊枝にココアを付けて白いウサギの形をした団子に顔を描いている写真/菜箸にジャムを付けて白いウサギの形をした団子に顔を描いている写真

■POINT

ゆでているときにパーツが取れてしまっても、皿の上で再度くっつけることができる。

③まんまる動物団子 つみ上げて盛り付けよう

丸い団子に耳やくちばしなどを付けて、ウサギやクマ、ヒヨコ、ネコなどを作ります。

ウサギ、ネコ、クマ、ヒヨコの形をした団子の写真

材料(まんまる動物団子10個分)
  • 団子粉・砂糖・水…基本の団子(約15個分)と同じ
  • ココア…小さじ1を少量の水で溶いたもの(顔を描く)
  • 黄色い団子(ヒヨコ)※材料と作り方はこちら
作り方

❶【基本レシピ】工程3と同様に丸い団子を作る。(黄色い団子のレシピは別途)

❷それぞれの動物のパーツを作る。

  • ウサギの耳…楕円形を作り平らに押しつぶす
  • クマの耳…円形を作り平らに押しつぶす
  • ネコの耳…三角形に形成する
  • ヒヨコのくちばし…ひし形に形成する

❸少量の水を使い、団子にパーツをくっつけて動物の形にする。

黄色い団子を丸めてからくちばしを付けてヒヨコの団子にしている写真/白い団子を丸めてから丸い耳を付けてクマの団子にしている写真

❹【基本レシピ】工程4と同じように団子をゆで、冷水にとる。

❺団子の表面が乾いたら爪楊枝を使い、ココア液で顔を描く。積み上げるようにして盛り付ける。

黄色いヒヨコの団子に爪楊枝にココアを付けて顔を描いている写真/ウサギ、クマ、ねこ、ヒヨコの団子を積み重ねて盛り付けている写真

④カラフル団子 かぼちゃ・抹茶・ジャムで着色

抹茶、いちごジャム、かぼちゃで色付けするナチュラルなカラフル団子。黄色の団子は「お月様」・「ヒヨコ」になります。

ピンク、緑、黄色、白の団子が皿に盛られている写真

材料(各5個分)

【黄色】

  • 団子粉…50g
  • 砂糖…5g
  • 水…適量
  • かぼちゃペースト…20g

※かぼちゃペーストの作り方:かぼちゃ20gを耐熱容器に入れてラップをかけ、電子レンジ600wで約2分加熱。すりつぶしてペースト状にする。

【ピンク色】

  • 団子粉…50g
  • 砂糖…5g
  • 水…25ml
  • いちごジャム…35g

【緑色】

  • 団子粉…50g
  • 砂糖…5g
  • 水…35ml
  • 抹茶…小さじ1/2
作り方

❶黄色・ピンク・緑色ともに、【基本レシピ】工程1~2と同様に、材料を混ぜて「耳たぶ」くらいのかたさになるまでこねる。水分が足りなければ少しずつ水を加えて調節する。

❷以降はすべて【基本レシピ】工程3~4と同様に作る。

■POINT

プレーン団子とは別にゆでることで色移りを防ぐ。

ゆでた月見団子の冷凍保存

ラップに包んだ白と黄色の団子を冷凍用保存袋に入れて冷凍保存している写真

ゆでた団子をまとめてラップに包み、冷凍用保存袋に入れて冷凍庫へ。1ヵ月程度保存可能。

解凍方法/食べ方

ラップごと電子レンジ(600W)で50秒(5個あたり)加熱し、上下を返してさらに20秒加熱する。冷まして団子としていただく。お汁粉などには凍ったまま鍋に入れて温めてもよい。

LINE