【にんじんの保存】正しい冷蔵・冷凍テクニックで1ヵ月鮮度キープ!

2019.11.12
LINE
新鮮なにんじんと、しなびたにんじんの写真

にんじんを冷蔵庫に入れておいたら、いつの間にかしなしなになってしまった…という経験はありませんか? にんじんは正しく保存すれば、1ヵ月も鮮度を保つことができます。今回は野菜ソムリエプロの根本早苗先生がにんじんの保存テクニックを徹底解説! 半端に余ったにんじんの冷凍方法も紹介します。

【にんじんの冷蔵】ペーパータオルで包み、立てて保存!

にんじんは水分が付いていると腐りやすくなるため、買ってきたら必ず袋から出しましょう。また乾燥にも弱いため、むき出して置いておくのもNG。にんじん保存の基本は「育った土の中」のような環境にすること。1本ずつペーパータオルで包んで乾燥を防ぎ、縦に置いて保存しましょう。

1 袋から出して洗い、水けを拭き取る

にんじんの水けを拭き取っている写真

にんじんを袋から出して洗い、水けを拭き取る。

2 ペーパータオルで包み、ポリ袋に入れる

ペーパータオルで包みポリ袋に入ったにんじんの写真

にんじんを1本ずつペーパータオルで包み、2〜3本まとめてポリ袋に入れ、軽く口を閉じる。

3 野菜室で立てて保存する

にんじんをプラスチックケースに立てて入れている写真

プラスチックケースや切った牛乳パックなどに、にんじんの葉の方を上に立てて入れ、野菜室で保存する。ペーパータオルは、にんじんから出る水分によって湿ってくるため、3〜4日おきに交換を。この状態で約1ヵ月保存可能。

【検証】保存方法によって鮮度がこんなに違う!

新鮮なにんじんとしなびたにんじんの写真

むき出しのまま冷蔵保存したにんじんと、上記のテクニックで保存したにんじんの比較写真がこちら。そのまま保存したにんじんは1週間で黒ずんできましたが、正しく保存したにんじんは買ってきた状態のまま。この後、約1ヵ月間も鮮度を保つことができました。

【にんじんの冷凍】少量余ったら薄く切って冷凍保存

料理に使いきれず、半端に余ったにんじんは、切り口から乾燥してすぐに傷んでしまいます。少量余った場合は、薄く切って冷凍するのがおすすめです。

【保存方法】

薄く切ったにんじんを冷凍用保存袋に入れている写真

皮をむいたにんじんを、薄いいちょう切りや、細切り、スライサーで薄くスライスなどして、冷凍用保存袋に薄く平らになるように入れる。にんじんは冷凍・解凍すると食感が変わるが、薄切りだと気になりにくい。冷凍庫で約1ヵ月保存可能。

【解凍方法】

冷凍したにんじんをポキポキと折っている写真

ポキポキと折って必要な量だけ取り出し、凍ったまま加熱調理。きんぴらや豚汁など色々な料理に使える。

【先生おすすめ!】冷凍前のひと工夫で絶品ラペに!

先生おすすめの冷凍テクニックが、オレンジジュースに漬けて冷凍する方法。オレンジジュースがよくしみこんだ、しんなり新食感のにんじんになります。

【保存方法】
  1. 皮をむいたにんじん(1/2個)をスライサーや包丁で細切りにする。
  2. 冷凍用保存袋にオレンジジュース(大さじ3)と❶を入れ、薄く平らにして冷凍する。冷凍庫で約1ヵ月保存可能。
【解凍方法】

15分程度常温で解凍し、ラペやサラダのトッピング、ポテトサラダの具材などに使う。
※時季によって解凍時間が変わるので、様子を見ながら行う。

【やってみて!】オレンジ風味のさっぱりにんじんラペ

ラペの写真

材料(2人分)
  • 冷凍にんじん(細切りにし、オレンジジュースに漬けて冷凍)…1/2本分

A

  • 酢…大さじ1
  • オリーブオイル…大さじ1/2
  • 塩こしょう…適宜
  • クミンシード…適宜
  • 干しぶどう…適宜
  • ミント…適宜
作り方
  1. オレンジジュース漬けの冷凍にんじんを15分程度自然解凍する。
  2. ❶にAを入れて、混ぜ合わせる。お皿に盛り、お好みでミントを添える。

▼にんじんだけでもう一品作りたいときはコチラ!
「にんじんだけ」で作れるおかず5選。お弁当にも便利!

LINE