冷凍野菜にひと工夫、食材の掛け算が楽しい荒木典子さんのシンプルレシピ

2021.3.31
LINE
荒木典子さんの写真

「シンプルに、素材の美味しさを引き出す料理」がモットーの料理家・荒木典子さんに、ニチレイの冷凍野菜を使ったレシピを教えていただきました。複雑な工程は一切ありません。食材の組み合わせから美味しさを引き出す、荒木さん流のシンプルな調理法で、繰り返し作りたくなる「毎日のお菜」3品が完成。冷凍野菜にひと工夫で、しみじみ美味しい、素敵な一皿が作れるんです!

荒木先生の写真

今回は「簡単だけど、食材の組み合わせの工夫で一段と美味しくなる和のレシピ」を考えてみました。下ごしらえ済みの冷凍野菜は長時間加熱する必要がないので、味や食感、彩りなど「野菜の美味しさを逃がすことなく」仕上がるのが嬉しいですね。どれもすぐに作れるのであと1品欲しいというときにおすすめですよ。

オクラとチーズののり和え

ゆでる・刻むなどの手間ナシで、解凍した冷凍オクラを材料と和えるだけ。しょうゆとのりで和風に仕立てた一品です。シャキシャキとしたオクラにクリーミーなチーズが相性抜群!

オクラとチーズののり和えの写真

荒木先生の写真

フレッシュなオクラには、チーズなどクリーミーでコクのある食材がよく合います。さらに、チーズは意外にも和の調味料と相性が良いので、のりとしょうゆで和風に仕上げました。チーズは今回カッテージチーズを使いましたが、ぜひお好みのチーズと合わせてみてください。

【利用する冷凍野菜】

下ゆで済みでそのまま使える、フレッシュ感のあるオクラ。小口切りのきれいな断面は、器に盛り付けたときにもよく映える。

材料(2人分)
  • 『そのまま使える きざみオクラ』…1/2袋
  • カッテージチーズ…約40g ※クリームチーズでも可
  • 焼きのり…1/2枚
  • しょうゆ…少々
  • オリーブオイル…小さじ1

オクラにカッテージチーズを加えている写真

【作り方】
  1. 『そのまま使える きざみオクラ』を袋の表示に従い自然解凍し、ペーパータオルで水気をよくとっておく。
  2. ❶をボウルに入れ、カッテージチーズをスプーンでざっくりとすくって加えよく和える。
  3. 焼きのりを手でちぎりながら加えて、しょうゆとオリーブオイルを回しかける。全体を和えて皿に盛る。
POINT

オクラは解凍中に出てきた水気をペーパータオルでよくとると、水っぽくならない。オリーブオイルで少し油分を足すと、風味もよくなる。

ポテトの梅かつお風味

『フライドポテト』が和風のおかずに大変身! 冷凍のフライドポテトは、いつでも好きなときに揚げたてを楽しめるのが嬉しいポイントです。さっぱりとした梅の風味に、ふわっと広がるかつお節の香りが食欲をそそります。

ポテトの梅かつお風味の写真

荒木先生の写真

『フライドポテト』自体には味付けがされていないので、お好みの味付けで楽しめます。今回は塩の代わりに赤しそふりかけで和えて和風のおかずに仕上げました。かつお節はポテトが熱々のタイミングで和えることで、風味が一層広がります。揚げ時間も短いので、ぜひ揚げたてを食べてみてください!

【今回使う冷凍野菜】

冷凍状態でそのまま揚げられるので、サイドメニューにボリュームがほしいときにも便利なポテト。トースターやフライパンでも調理できるのが嬉しい。

かつお節を加えている写真

材料(2人分)
  • 『フライドポテト(シューストリングカット)』…1袋
  • 赤しそふりかけ…大さじ1
  • かつお節…ひとつかみ
  • 揚げ油…適量
【作り方】
  1. 180℃の揚げ油で『フライドポテト(シューストリングカット)』を少量ずつ2分30秒~3分きつね色になるまで揚げ、油をきっておく。
  2. 熱いうちにボウルに入れ、赤しそふりかけとかつお節を加える。全体にまんべんなくまぶすように混ぜ、器に盛る。
POINT

フライドポテトは、熱々のうちに赤しそふりかけと混ぜると味がなじみやすい。

揚げなすと豚しゃぶのサラダ

『そのまま使える 揚げてあるカットなす』を解凍して、ゆでた豚肉と和えるだけでメインのおかずが完成! ピリ辛の味付けでご飯もすすみます。

揚げなすと豚しゃぶのサラダの写真

荒木先生の写真

ちょうどよく素揚げしてあるので、油っぽくならずとても扱いやすい冷凍なす。なすの油分でコクが出るので、味付けは油分を加えずシンプルに仕上げました。今回使った冷凍揚げなすは、食感もよく食べごたえもあるので、解凍してお肉と和えるだけで立派なおかずになります。

【利用する冷凍野菜】

素揚げしてから冷凍してあるので、そのまま煮浸しなどに使えて便利。

材料(2人分)
  • 『そのまま使える 揚げてあるカットなす』…1袋
  • 豚ロース薄切り肉…100g
  • 青ねぎ…1/2束
  • 酒…少々

A

  • 青ねぎ…1/2束
  • 豆板醤…小さじ1/2
  • しょうゆ…大さじ1
  • 米酢…大さじ2
  • いりごま(白)…大さじ1
  • しょうがのしぼり汁…小さじ1

揚げなすを豚肉と調味料で和えている写真

【作り方】
  1. 青ねぎは小口切りに、豚肉は3cm幅に切る。
  2. 『そのまま使える 揚げてあるカットなす』を表示に従い自然解凍し、ペーパータオルで水気をよくとっておく。
  3. 鍋に湯を沸かし、酒を加える。沸騰したら豚肉を重ならないように入れ、肉の色が変わるまでゆでて水気をきる。
  4. ボウルに❷と❸を合わせ、Aを加えて全体にまんべんなく絡ませる。さらに❶の青ねぎの半量を加え、ざっと混ぜて皿に盛る。
  5. 最後に残りの青ねぎを上からトッピングする。
POINT

冷凍揚げなすの解凍時に出る水気をしっかりとることで、全体が水っぽくなるのを防ぐ。豚肉をゆでるときは、酒を少し加えると臭みとりになる。子どもや辛みが苦手な方は、豆板醤の量を減らしても良い。

冷凍野菜特設サイトバナーニチレイの冷凍野菜の情報はこちらをチェック!

過去のお話はこちらから読めます!

冷凍野菜のある暮らし

LINE

※掲載情報は公開日時点のものです。本記事で紹介している商品は、予告なく変更・販売終了となる場合がございます。