「もう君なしでは生きていけない…」ライター地主恵亮の『今川焼』へのラブレター♡

2022.2.22
LINE
地主恵亮さんの写真

「冷凍自炊チャレンジ#1」で『今川焼』への異常なまでの愛を爆発させていた人気ライター・地主恵亮さん。ついに思いが高まりすぎて『今川焼』へラブレターをしたためるまでになってしまいました。しかしなんと、その愛の強さに感動したニチレイ『今川焼』開発担当者と夢の対面が実現! 『今川焼』を愛する者たちによる『今川焼』談義は尽きることがなく……。読めば今すぐ『今川焼』を買いに走りたくなること必至です!

『今川焼』愛が高まりすぎた地主さん。ついにラブレターを執筆

ほほえみごはんの人気シリーズ「冷凍自炊チャレンジ#1」で「今川焼界で一番美味しい」と絶賛しながら、5日連続でニチレイ『今川焼(カスタード)』を食べていた地主さん。そんな地主さんから突如、「『今川焼』ちゃん」へのラブレターが届きました。わけもわからず読んだ編集部はドン引きしつつも、「この熱い思いを届けなくては」という謎の使命感のもと、さっそく『今川焼』開発担当者へコンタクトをとりますが……。

親愛なるニチレイ「『今川焼』ちゃん」へ

突然こんなお手紙を書いてごめんなさい! びっくりさせちゃったかな?
僕はニチレイの「『今川焼』ちゃん」が大・大・大好きです! 初めて出会ったあの日から常に君は僕の金メダルであり銀メダル、銅メダルでもあるかな、とにかく表彰台を独占です。君は僕のナンバー1。光り輝くサンシャインでありムーン。君を見るといつも太陽や月を思い出すよ。まあるいからかな?

そんな君と初めて出会った日を僕はよく覚えている。あれは僕が中学生の頃、母が近所のスーパーで君を買ってきて、昼ごはんの後にチンして出してくれたんだ。ふわふわした食感とキレのある甘さ、ひと口食べた瞬間に世界が君の色に染まったよ。あの時のハートのビートを今でも忘れられないんだ。

同時に、君と僕との明るい未来が見えた気がした。僕が君を温め、そして食べることで君が僕を温める……ふたりで支え合う明るく温かい食卓、もちろんテーブルは君と同じ形の円卓だよ。

いつだって僕は君をひとり占めしたい。この狂おしいほどの情熱はいつも空回りして、2歳下の弟に奪われてしまうけど、いつか、必ず君を5個ともひとり占めすることだけが僕の原動力であり生きる活力だった(※)。

そんな長年の夢が叶ったのは大学進学で上京し、ひとり暮らしを始めたときだったね。もう邪魔な存在はいない。いつだって君は傍にいて、ふわふわな生地で僕を包み込み、キレのある甘みが僕を励ましてくれたんだ。電子レンジでチンした後にトースターでパリッと焼くのも人気だけど、僕はふわふわなままの、やさしい君が大好きです。

君のいない人生はもう考えられない。君をチンするということは、自分の心をも解凍して生きる情熱を取り戻すということなのかもしれないね。

どんな時に食べても僕を裏切らない君を愛しています、とても。

君を温める電子レンジ
地主恵亮

※編集部注……ニチレイの『今川焼』は1袋5個入り。地主さんは1袋全部をひとり占めしたかったが、兄として弟さんと分けて食べなければならないというジレンマがあったそう。

『今川焼』開発担当者からのまさかのオファー。今川焼LOVERSによる夢の対談が実現!

さっそく地主さんからのラブレターをニチレイに届けたところ、『今川焼』開発担当者から「ぜひ本人とお会いしてみたい!」と連絡が。ひょっとして看板商品のひとつである『今川焼』をネタにふざけすぎて怒られる?? 一抹の不安を抱きながら、ニチレイ『今川焼』の歴代開発担当者とのオンライン対談がスタートしました。

お会いしたのは3人の歴代『今川焼』開発担当者

今回地主さんの熱い愛を受け止めてくれた、ニチレイ『今川焼』の歴代開発担当はこちらの3名。

開発部とりまとめ 開発部課長・加藤さん

加藤さんの写真
加藤さん

開発一筋20年。『今川焼』の「あずきあん」と「白あん」しかなかった時代から、攻めの開発でクリームなど洋菓子タイプの『今川焼』をたくさん世に出してきました。

表示関連業務担当 開発部主任・鈴木さん

鈴木さんの写真
鈴木さん

「本当に冷凍食品?!」と思っていただける美味しさを常に目指しています。さまざまな試作や検証を繰り返す中で、世の中に出なかった商品にもたくさんの思い入れがあります。

開発実務担当 開発部・山田さん

山田さんの写真
山田さん

「味には妥協しない」こだわりをもった開発で、『今川焼』をさらに磨き続けるため、日々励んでいます。

 

加藤さんの写真
加藤さん

先日は『今川焼』への素敵なラブレターをありがとうございました。『今川焼』をこれほどまでに愛してくださるとは……。地主さんにお会いできてうれしいです。

地主さん
地主さん

こちらこそ、ありがとうございます! 今日のためにTシャツ作ってみたのですが、どうですか!?

Tシャツのデザインを見せる地主さんの写真

加藤さん・鈴木さん・山田さん:!!

地主さん
地主さん

このお話をいただいたときに絶対作ろうと決めて、すぐに発注しました。

鈴木さんの写真
鈴木さん

『今川焼』愛がとても伝わってうれしいです。弊社ではよく海岸清掃などの社外活動をするのですが、ぜひこのTシャツを着てやりたいですね。

地主さん
地主さん

(Tシャツに描かれた)『今川焼』が僕を包んでくれていると思うと本当に心強いです! 今日は大好きな『今川焼』の開発担当者に会えるということで緊張していますが、改めてラブレターを読ませていただきます。“親愛なるニチレイ「『今川焼』ちゃん」へ……

ラブレターを読み上げる地主さんの写真

地主さん
地主さん

(中略)君を温める電子レンジ、地主恵亮”。ちなみに、これWordで3枚ほど書いています。本当はポエムのシーンなどもあったのですが、記事の都合上という謎の理由で編集部にカットされてしまいました!

加藤さんの写真
加藤さん

(笑)。お客様からお褒めお手紙をいただくことはありますが、「『今川焼』ちゃん」と擬人化していただいたのは初めてで、とても新鮮です。

山田さんの写真
山田さん

中学生のころから、ずっと食べていただいているのですね。

地主さん
地主さん

うちは4人家族で基本的に1袋を分けて食べていたので、ひとり占めするっていうのが中学生からの夢でした。ひとり暮らしをすると決めた理由のひとつですね。ひとり暮らしを始めた当初はお金もなかったので「頑張った日」に食べるご褒美のような存在でした。

山田さんの写真
山田さん

ひとりで1袋を食べ切るには結構ボリュームがありませんか?

地主さん
地主さん

誤解がないように言いたいのですが……むしろ「足りない」くらいです。うちは冷蔵庫や冷凍庫がないので、買ってきたらすぐに食べてしまうんです。5個なんてペロリですよ!

ラブレターを聞いた開発担当者さんと地主さんの写真

中身によって生地が違う!? 「カスタード」味のふわふわ食感の秘密は配合にあった!

山田さんの写真
山田さん

地主さんは特に「カスタード」がお好きと聞きましたが。

地主さん
地主さん

弟がパティシエなのですが、ニチレイさんの『今川焼(カスタード)』は弟が作るお菓子よりも断然美味しいですね。僕の中では1位が「カスタード」、2位が「あずきあん」です。

加藤さんの写真
加藤さん

今川焼っていうとあんこのイメージを強く持たれている方も多いので、全国の販売数を見るとあずきあんが優勢で、地主さんの好みとは逆ですね。

地主さん
地主さん

じつはすごく気になっていたことがあって。ニチレイさんの『今川焼』は「あずきあん」が400g、「カスタード」が325gと内容量が違うのはなぜですか?

山田さんの写真
山田さん

なかなか鋭いところを突きますね(笑)。弊社のカスタードクリームは卵黄と生クリームをふんだんに使っていて原料が割高なこと、そしてクリームのなめらかさを保つために工程にもとても手間がかかっているため、この量になっています。

地主さん
地主さん

だからあんなになめらかなんだ! 生地もとてもふわふわですが、そこにもこだわりが?

山田さんの写真
山田さん

じつは「あずきあん」の生地と「カスタード」の生地は食感が異なるんですよ。「あずきあん」は、あんこの存在感に負けないようにモッチリとした食感に設計することで、あんこと生地が一緒に口の中で溶けていくんです。一方、「カスタード」はクリームのなめらかさを感じていただきたいので、生地もしっとりふわふわとした口どけの良さを感じられる配合に調整しています。

開発担当・山田さんの写真

地主さん
地主さん

そう! 溶けていく感じがするんですよ。期間限定で販売されるフレーバーもすべて生地を変えているんですか?

山田さんの写真
山田さん

もちろんです。例えばクリームチーズ系などの春夏向け商品では、2017年頃から冷たいままで食べても美味しい生地とクリームでお出ししています。電子レンジで加熱する時間が通常より短くても生地の口どけが良く、中のクリームも冷たいままでちゃんと美味しいと感じられるように設計しているんです。

地主さん
地主さん

屋台やお店で買う今川焼って、基本は生地が一緒で中身が違うものが多い印象でしたが、ニチレイさんの『今川焼』って食べ比べてみると中身によって生地が違うなって、確信はないけど思っていたんです。

山田さんの写真
山田さん

そんなところまで感じていただけているなんて開発冥利に尽きますね。餡の開発はもちろん、生地のベストな配合を一から見つけなければいけないのは開発としては大変なところですけど、その分やりがいのある部分です。

地主さん
地主さん

期間限定も一から開発していくということは、ひとつの商品の開発には凄まじい労力がかかっていそうですね。

地主さんの写真

山田さんの写真
山田さん

回数でいうとひとつの商品のクリームだけでも50回程度、生地も30回程度それぞれ配合を変えて試したりしますね。多いときは100回くらい試作を繰り返すこともあります。試食しすぎて太らないように気をつけなければいけないのが大変です。

地主さん
地主さん

ファンとしては「そんなに食べられるなんてうらやましい!」って思ってしまいますけど、開発担当者にとっては大変な作業ですよね。冷凍の今川焼といえばニチレイさん一強ですが、王者であるニチレイ『今川焼』の開発者のみなさんが次に目指すものは?

鈴木さんの写真
鈴木さん

今川焼といえば一般的にあんこが入った「和菓子」という印象が強いかと思いますが、私たちの場合はより洋菓子っぽく進化させてきたという歴史があります。今川焼の枠に留まらないようなスイーツにしていけるのではと、可能性を感じているところでもあり、もっともっと攻めた商品を出していきたいと思っています。

山田さんの写真
山田さん

具体的には洋菓子屋さんや和菓子屋さんで使われているような自然な材料を使って、お客様がより手に取りやすい商品をさらに極めていきたいと考えていて。今まさに意識して取り組もうとしているところです。

加藤さんの写真
加藤さん

一度に5個食べる地主さんのためにも、よりからだにやさしいものを目指したいですね。

地主さん
地主さん

僕としては、からだにやさしいことも大切ですが、1袋あたりの数を増やす方向もありかなと……。ちなみに、キューレイさんでは1日にどのくらいの数の『今川焼』を生産しているのですか?

鈴木さんの写真
鈴木さん

1個1個を縦に並べて、エベレストを超えるくらいの量です!

地主さん
地主さん

マジですか! そのすべてが福岡の工場で……。『今川焼』の工場ってどんな感じなのでしょうか? 『今川焼』ファンとしては作られる様子をぜひ見てみたいです。

美味しさの秘密は製造現場にアリ。この道30年の職人技に地主さんも驚愕!

山田さんの写真
山田さん

じつは工場でも屋台の今川焼のように型に生地を流し込んで、餡を入れて、パタンパタンとひっくり返しながら焼いているんですよ。その日の気温や湿度などの気候に合わせて火加減や焼き時間を職人レベルで調整しています。特にカスタードクリームは火を通しすぎるとザラつきが出てしまいますので、熟練の担当者たちがギリギリのラインを見極めているんです。

今川焼を焼いている工程の写真

地主さん
地主さん

うわぁ…… 1個1個を大切に作られている感じがします。工場で大量生産っていうイメージが覆りますね。

加藤さんの写真
加藤さん

卵って鶏が産むものなのでいつも一定ではないんですよね。季節はもちろん、日によって状態が全然違うので、その日の気候だけでなく原料の状態を見て、今日の工程を秒単位で決めていくんです。担当者には今川焼一筋で約30年携わっているベテランもいますよ。

地主さん
地主さん

ある意味、僕の愛する「『今川焼』ちゃん」の生みの親ですね。ぜひお会いしてみたいです! ちなみに、冷凍する前の『今川焼』ってそのまま食べられるんですか?

山田さんの写真
山田さん

焼き立てを工場で食べるのもまた違った美味しさがあります。ただし、あくまで冷凍を前提に配合などを整えた商品ですので、ご家庭で解凍いただいたときがベストの味になります。製造の工程は屋台やお店と同じですが、焼き立てや常温で売られているものを冷凍した場合と比べると美味しさは確実に違うと思いますよ。

地主さん
地主さん

工場の焼き立ての『今川焼』も一度でいいから食べてみたいなぁ。ところで『今川焼』って発売から30年近く経つベストセラー商品ですが、今も頻繁にリニューアルしているそうですね。僕、今の「カスタード」が最高だと思っているんですけど……。

加藤さんの写真
加藤さん

より良い商品にするための開発は発売後もずっと継続して行っていて、タイミングをみてリニューアルをかけています。でも毎回100%の状態でお出ししているので、そのレベルを超えるということが本当に難しく……、自分たちが作った壁を自分たちが超えられずに必死に開発をしているという感じです。100点だったものを120点にする気持ちで奮闘する毎日ですね。

地主さん
地主さん

自分のライバルは自分。王者のプレッシャーですね。でも「今」よりもさらに魅力的になった「『今川焼』ちゃん」に会えるって、なんだか寂しいような、待ち遠しいような……。

山田さんの写真
山田さん

今後は開発する際に地主さんの顔が思い浮かびそうです(笑)。地主さんをはじめ『今川焼』ファンのみなさんにもっともっと愛していただける商品開発を今後も続けていきますので、ぜひ「今」の『今川焼』ともどもよろしくお願いいたします。

地主さん
地主さん

ぜひ自分の顔を思い浮かべながら開発いただければ。美味しい『今川焼』を今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

地主さんの写真

ラブレターのお返しに新作『今川焼』が!

熱いラブレターのお返しとして、後日なんと発売前の『今川焼』の新フレーバー『今川焼(抹茶クリーム)』と『今川焼(クリームチーズ はちみつ入り))』がひとあし早く地主さんへ贈られました。喜びに溢れた地主さんの様子をご覧ください。

地主さんと『今川焼』新商品の写真

地主さん
地主さん

発売前に新商品を味わう機会をプレゼントしていただき天にも昇る気持ちです! 「抹茶クリーム」は抹茶の香りが際立ち、心地よい甘味もあるので、大人だけでなく子どもも大好きな味だと思います。抹茶味ですが、コーヒーとも相性が良く感じました。一方「クリームチーズ はちみつ入り」は濃厚な味わいで、おやつとしても食事としてもいけそうです。ほんのり甘い生地とクリームチーズの塩味が絶妙なハーモニーを奏で、僕の中に北欧の風が吹き抜けました!

『今川焼』新商品を食べている地主さんとの写真

地主さん
地主さん

『今川焼』への思いをひとり抱えていたこれまでは、夜しか眠れませんでした。しかし気持ちをお伝えできた今は昼も眠れますし、もっともっと『今川焼』が好きになりました! 今も『今川焼』の研究は続いているとのことで、いったいどこまで美味しくなるのか……恐怖すら感じます。が、どこまでもついて行きます! LOVE♡『今川焼』!!

【ニチレイの今川焼はこちら!】

3月1日発売

3月1日発売

■ニチレイの『今川焼』特集ページはこちら!

ニチレイの『今川焼』バナー

LINE

※掲載情報は公開日時点のものです。本記事で紹介している商品は、予告なく変更・販売終了となる場合がございます。