【セロリの保存】冷蔵なら鮮度が6日長持ち!長期保存は冷凍が◎

2020.2.7
LINE
生のセロリと冷凍したセロリの写真

冷蔵庫にそのまま入れておくと、すぐにしんなりしてしまうセロリ。しかし、正しい方法で冷蔵保存すれば、シャキシャキ感やみずみずしさを最大6日キープすることができます。今回はセロリの鮮度を長持ちさせる冷蔵方法や、長期保存におすすめの冷凍方法を紹介します。

【セロリの冷蔵】葉と茎を分けて保存

セロリの鮮度をキープするなら、野菜室で「立てて」保存しましょう。葉と茎を分けて保存するのがコツです。

1 葉と茎を切りわける

セロリの葉と茎を切り分けた写真

太い茎と細い茎を切りわける。次に細い茎から葉を切り離す。

2 ペーパータオルで包み、保存袋に入れる

セロリの茎と葉を濡らしたペーパータオルで包んだ写真

葉と茎をそれぞれ水で濡らしたペーパータオルで包み、保存袋に入れる。

3 野菜室で立てて保存

セロリをプラスチックケースに立てて入れている写真

保存袋に入れた葉と茎は、プラスチックケースや切った牛乳パックなどに立てて入れ、野菜室で保存する。葉は約4日、茎は約6日保存可能。

【セロリの冷凍】使いやすく切って保存

セロリは冷凍保存すれば1ヵ月も長持ち! 冷凍するとセロリ独特の香りが弱くなるため、「セロリの風味が苦手……」という方にもおすすめです。

【保存方法】

1 茎は斜め切りにする

セロリの茎を斜め切りにしている写真

冷蔵保存と同様に、茎と葉を切りわける。茎を斜め切りにする。

2 葉は粗みじん切りにする

セロリの葉を粗みじん切りにしている写真

3 茎と葉をそれぞれ冷凍用保存袋に入れる

セロリの葉と茎が冷凍用保存袋に入っている写真

茎はラップで包んで小分けにしてから冷凍用保存袋に入れ、できるだけ空気を抜いて封をする。葉はそのまま冷凍用保存袋に平らになるように入れ、できるだけ空気を抜いて封をする。冷凍庫で約1ヵ月保存可能。

POINT

茎はラップで包み、切断面をできるだけ空気に触れさせないようにすることで、美味しさを長持ちさせることができる。

【解凍方法】

茎は凍ったまま加熱してスープやカレーに!

冷凍したセロリの茎を鍋に入れている写真

茎は凍ったままスープやカレー、ミートソースに入れて使うのがおすすめ。加熱することで甘みが出るため、料理にコクを出してくれる。

葉は凍ったまま加熱して炒めものに!

冷凍したセロリの葉をフライパンに入れている写真

葉も凍ったまま使うことができる。葉に豊富に含まれているβカロテンは油と一緒に摂取すると吸収率がアップ。ごま油で炒め、醤油・みりん・いりごまを加えて「ふりかけ」に、またはサラダ油で炒めて醤油・砂糖で「きんぴら風」にするのがおすすめ!

【セロリの葉】捨てないで! サッと加熱で食べやすい簡単レシピ3品

LINE