スープ作家・有賀薫さん直伝!冷凍オクラのレンチン味噌汁レシピ

2021.11.25
LINE
有賀薫さん、冷凍オクラと豆腐の味噌汁の写真

スープ作家として、毎日欠かすことなくスープを作り続けている有賀薫さん。簡単なのに美味しくできるスープのレシピはもちろん、家事における料理のあり方に関するメッセージも絶大な支持と共感を受け、Twitterのフォロワー数は11万人以上! そんな有賀さんに、手軽に作れて美味しい、冷凍野菜を使った一人分のレンチン味噌汁を教えてもらいました。簡単なうえに野菜もしっかり取れる味噌汁は、体はもちろん心も芯から温まること間違いなし! 連載第1回目は、ねばねば食材を使った「冷凍オクラと豆腐」の味噌汁。とろっとしたのど越しがやみつきになります。

有賀薫さん

一人ランチや夜食など、自分一人分だけの味噌汁を作るのは億劫ですよね。電子レンジと冷凍野菜を活用すれば、鍋も使わず一人前の味噌汁があっという間に作れます! 火を使わないので、調理中ほったらかしにできるのもおすすめポイント。あらかじめカットされている冷凍野菜なら、使いたい分だけさっと取り出せるのがとにかく便利。そのうえ火の通りも早いので、食べたいときにすぐ作れる究極の時短味噌汁ですよ。

【レンチン味噌汁作りにおすすめの耐熱容器ポイント】

レンチン味噌汁作りにおすすめの耐熱容器の写真

電子レンジで味噌汁を作る際に欠かせないのが、耐熱容器です。自宅にある100均やスーパーなどで購入したもので大丈夫。ただ、失敗せずに美味しい味噌汁を作るためには、以下のポイントを押さえているかどうかで使う容器を選んでください。

・具材と水を入れたときに、具材が水に浸る深さのあるもの(底面積が広すぎないもの)
・目安は容量450~650㎖

レンチン味噌汁の基本はこれ! 冷凍オクラと豆腐の味噌汁

オクラと豆腐の味噌汁

材料(1人分)

オクラと豆腐の味噌汁の材料写真

作り方

1 耐熱容器に、さいの目に切った豆腐と顆粒和風だしの素、『そのまま使える きざみオクラ』を解凍せずそのまま入れ、水200mlを加える

耐熱容器に味噌汁の材料を入れている様子

2 耐熱容器のふたをずらしてかぶせ、電子レンジ(600W)で3分加熱する

ふたをずらしてかぶせた耐熱容器を電子レンジに入れている様子

※ふたを閉めた状態で加熱すると、取り出したときに液体が吹き出し火傷をする恐れがあるので、必ずふたはずらして加熱する

3 味噌を入れてよく溶かし、再び電子レンジ(600W)で20秒加熱する

味噌を入れて溶かしている様子

有賀薫さん

オクラの味噌汁は彩りもよくて、大好きな味噌汁のひとつ。冷凍オクラなら、包丁で切る手間もなければ、まな板がねばねばになる…なんてこともなく、とっても便利! パラパラしているので、取り出しやすいのもいいですね。色味がきれいなので、根菜など地味な色の野菜の彩りにプラスするのもおすすめです。

【今回使った商品】

たっぷり400g入って保存に便利なチャック付も!

LINE

※掲載情報は公開日時点のものです。本記事で紹介している商品は、予告なく変更・販売終了となる場合がございます。