【常温?冷蔵?】みかんを3週間長持ちさせる保存テクニック

2019.10.3
LINE
新鮮なみかんの写真

買っておいたみかん、いつの間にかカビていたり、しなしなになっていたりすることはありませんか? みかんは適切に保存すると、2〜3週間鮮度を保つことができます。今回は、みかんの正しい保存方法を野菜ソムリエプロの根本早苗先生が教えてくれました!

【みかんの保存】基本の3ヵ条

  • ベストは5~10℃。冬場は常温、それ以外の時期は野菜室へ!
  • ヘタを下にして乾燥予防!
  • 傷みかけのみかんと一緒に保存しない!

【みかんの保存①】冬場は常温で3週間

冬場は、暖房の効いていない部屋であれば、常温で約3週間保存可能です。
※暖かい部屋しかない場合や、冬以外の季節に保存する場合は保存方法②

みかんをかごに入れている写真

【保存場所】

玄関や廊下など、暖房の効いていない温度の低い部屋

【保存方法】

通気性のよいかごにペーパータオルをしき、みかんを並べる。1段並べ終わったら再度ペーパータオルをしき、みかんを重ね、上からペーパータオルをかぶせる。かごがない場合は、ざるでも代用可能。

POINT

みかんはヘタを下にすると乾燥が防げ、しなしなになりにくい。また、みかんを重ねるのは2段までにする。

【みかんの保存②】冬以外は野菜室で2週間

みかんは、野菜室でも2週間保存可能。冬以外や、【保存①】のような保存場所がない場合の方法です。ただし、野菜室内は乾燥しやすいので、きちんとケアしましょう。

みかんをペーパタオルで包み、ポリ袋に入れた写真

【保存方法】

みかんをペーパータオルで1つずつ包み、数個まとめてポリ袋に入れる。ヘタが下になるように、野菜室で保存する。

段ボールのみかんを保存する場合は?

段ボール入りの場合は、箱のまま、できるだけ涼しい場所で保存しましょう。この方法で約3週間保存可能です。

段ボールに入ったみかんの写真

【保存方法】
  1. すべてのみかんを段ボールから出し、皮がやわらかくなっているものやカビているものは取り除く。
  2. 段ボールの底に新聞紙(もしくはペーパータオル)をしき、その上にみかんを、ヘタが下になるようにして並べる。
    ※みかんを入れる前に、はさみなどで段ボールの底に穴を開けておくと、より通気性を保つことができる。
  3. 1段並べ終わったら、再度新聞紙(もしくはペーパータオル)をしき、ヘタを下にしてみかんを重ねる。潰れやすくなってしまうため、2段程度が目安。1週間に1回ほどみかんの1段目と2段目を入れ替え、傷んでいるみかんは取り除く。

みかんは冷凍保存も便利!

保存に迷ったら、冷凍もOK! 1房ずつ、薄皮をむいてから冷凍しましょう。

【フルーツの冷凍テク】みかんなど柑橘類、バナナなど基本からアレンジまで

LINE