【ニラの冷凍】食感と香りをキープする保存テクニック。解凍なしで使える

2019.12.24
LINE
生のニラと冷凍したニラの写真

冷蔵庫に入れておくとすぐに悪くなってしまうニラは、冷凍保存がおすすめ。冷凍しても食感はほぼ変わらず、香りもキープすることができます。今回は、野菜ソムリエプロの根本早苗先生が、約1ヵ月保存できる冷凍方法を解説します。

【ニラの冷凍①】大きめに切って冷凍

香り・食感を保つなら、大きめにカットして冷凍がおすすめです。

冷凍方法

15㎝長さに切って冷凍したニラの写真

ニラは根元の部分をよく洗い、泥を落とす。葉の部分は流水でさっと洗う。根元から1cm程度を切り落とし、冷凍保存袋に入る程度の長さに切る。ニラを折らないように冷凍用保存袋に入れ、冷凍庫で保存する。約1ヵ月保存可能。

POINT

できるだけ大きめに切ると良い。細かく切りすぎると断面が多くなり、香りが飛びやすくなってしまう。

解凍方法・食べ方

ニラ玉の写真

冷凍庫から出したら使いたい長さに切り、炒めものなどに入れて加熱調理を行う。

POINT

冷凍庫から出したらすぐにカットする。時間が経って解凍されると、水分が出て切りにくくなる。

【ニラの冷凍②】粗みじん切りで冷凍

粗みじん切りで冷凍しておけば、凍ったまま餃子のタネや、味噌汁・スープの具などに使えて便利です。

冷凍方法

ニラの葉と根元をみじん切りにしている写真とラップに包んで冷凍した写真

ニラは根元の部分をよく洗い、泥を落とす。葉の部分は流水でさっと洗う。根元から1cm程度を切り落とし、粗みじん切りにする。小分けにしてラップで包み、冷凍用保存袋に入れて冷凍保存。約3週間保存可能。

POINT

細かく切ったニラは乾燥しやすく、香りも逃げやすい。そのため、保存袋に入れる前にラップで包むとよい。

解凍方法・食べ方

冷凍したニラのみじん切りを餃子の種に加えている写真とニラ餃子の写真

凍ったまま軽くもんでほぐし、餃子のタネに加える。みそ汁やスープに入れてもOK。

【ニラの冷蔵】「保湿&立てて保存」が長持ちのコツ

4~5日間で食べきれる場合は、野菜室で保存しましょう。買ってきた状態のままはNG! ペーパータオルで包んで湿度を保ち、立てて保存することで長持ちします。

切ったニラをペーパータオルで包んでいる写真(左)保存袋に入れたニラを立てて冷蔵しようとしている写真(右)

  1. ニラは根元の部分をよく洗い、泥を落とす。葉の部分は流水でさっと洗う。水けを拭いて3等分に切り、ぺーパータオルで包む。
  2. まとめて冷凍用保存袋に入れ、空気を抜くように袋の口を閉じる。
  3. 市販の野菜収納用のケースなどを利用し、冷蔵庫の野菜室で立てて冷蔵する。4~5日間保存可能。
LINE