【ズッキーニの保存】丸ごと冷凍できる!3週間長持ちするテクニック

2020.4.16
LINE
生のズッキーニと冷凍ズッキーニの写真
ズッキーニを美味しく長持ちさせたいなら、「丸ごと冷凍」がおすすめ。水分が飛んでスカスカになることなく、約3週間も長持ちします。1本使い切れず余ってしまったズッキーニは、切ってから冷凍することも可能。今回は用途別の冷凍方法を野菜ソムリエプロの根本早苗先生が紹介します。

【ズッキーニの冷凍①】丸ごと冷凍なら美味しさキープで約3週間保存可能!

下処理不要! そのまま冷凍できるので簡単。切断面がないので水分が飛びにくく、みずみずしさをキープできる保存方法です。

【冷凍方法】

1 水でさっと洗ってペーパータオルで拭く

ズッキーニを洗っている写真

水気はしっかり拭き取る。

2 ラップで包む

:ズッキーニをラップで包んでいる写真

ラップでぴったりと包む。

3 冷凍用保存袋に入れ、冷凍庫で保存する

ズッキーニを冷凍用保存袋に入れている写真

冷凍用保存袋に入れ、空気を抜いて袋の口を閉じ、冷凍する。3週間程度保存可能。

【解凍方法/使い方】

1 冷凍ズッキーニを2〜3分流水に当てる

冷凍ズッキーニを流水に当てている写真

ラップをはずして2〜3分流水に当てて解凍する。半解凍状態になったら、ペーパータオルで水気を拭き取る。

POINT

全解凍すると水分が抜けすぎてしまうので、半解凍状態でOK。

2 好みの大きさに切る

ズッキーニを切っている写真

半解凍状態でも包丁でスーッと切れる。

3 生のズッキーニと同じように調理する

カットしたズッキーニの写真

半解凍状態のズッキーニは生のズッキーニと同じように調理することが可能。半割り・輪切り・スティック状・角切りなど食べやすい大きさにカットし、料理に使う。生のままでも食べられるのでサラダに使ってもOK。

【ズッキーニの保存②】カットして冷凍すれば手軽で便利!

使い切れず余ってしまったズッキーニや、流水解凍が手間な場合は、カットしてから冷凍がおすすめ!少量ずつ使えて便利です。

【冷凍方法】

生のズッキーニを冷凍用保存袋に入れている写真

ズッキーニは水でよく洗ってから、水気をペーパータオルで拭く。角切り・スティック状・輪切りなど好みの大きさに切り、冷凍用保存袋に平らになるように入れる。空気を抜いて袋の口を閉じ、冷凍する。3週間程度保存可能。

【解凍方法/使い方】

冷凍ズッキーニをスープに加えている写真

凍ったままスープやパスタに加えたり、オーブンで焼いたりして調理する。冷蔵庫で自然解凍(50gにつき約4時間が目安)すれば、サラダやピクルスなど生のまま食べることも可能。

【番外編 ズッキーニの加熱冷凍】油で炒めると甘みアップ!

ひと手間かけて、ズッキーニを焼いてから冷凍すると約1ヵ月保存可能に。焼くことで甘みが凝縮されます。

【冷凍方法】

1 食べやすい大きさにカットしたズッキーニをオリーブオイルで炒める

ズッキーニをフライパンで炒めている写真

ズッキーニは水でよく洗ってから、水気をペーパータオルで拭き取る。輪切りなど、食べやすい大きさにカットする。フライパンにオリーブオイル(またはサラダ油)適量を入れて中火で熱し、ズッキーニをさっと炒める。

2 バットに取り出して粗熱をとる

炒めたズッキーニをバットで冷ましている写真

バットに取り出して、そのまま冷ます。

3 冷凍用保存袋に入れて冷凍する

炒めたズッキーニを冷凍用保存袋に入れている写真

冷凍用保存袋に平らになるように入れる。空気を抜いて袋の口を閉じ、冷凍する。1ヵ月程度保存可能。

【解凍方法/使い方】

パスタに焼いたズッキーニをトッピングしている写真

電子レンジ(600W)で1/4本(約50g)につき45秒加熱してから、パスタのトッピングやスープの仕上げ、サラダの飾りに使う。すでに加熱済みなので、料理の最後に加えて。塩・こしょうをふって、そのまま食べても美味しい。

LINE

※掲載情報は公開日時点のものです。本記事で紹介している商品は、予告なく変更・販売終了となる場合がございます。