バームクーヘンは冷凍でしっとり美味しさUP!おすすめアレンジも

2022.3.4
LINE

お祝い事の贈答品などで人気のバームクーヘン。ホールでいただくと、一度に食べきれない場合も多いのでは? そんなときは冷凍保存がおすすめです。冷凍したバームクーヘンは凍ったまま食べても美味しいというメリットも。バームクーヘンの上手な保存方法とアレンジアイデアを、冷凍生活アドバイザーの根本早苗先生に教えてもらいました。

【バームクーヘンの冷凍】ラップ&冷凍用保存袋でニオイ移りと乾燥を防いで!

開封後、時間が経ったバームクーヘンは、パサつきやすく、風味も失われやすいのでなるべく早めに食べきるのが基本です。すぐに食べきれない場合は、冷凍保存すると美味しさをキープできます。

【冷凍方法】

1 食べやすい大きさにカットする

バームクーヘンを切っている写真

開封後のバームクーヘンを一度に食べやすい大きさに切りわける。

2 ラップで包む

バームクーヘンをラップで包んでいる写真

ニオイ移りや乾燥を防ぐため、ラップでぴったり包む。

3 冷凍用保存袋に入れる

冷凍用保存袋に入れたバームクーヘンの写真

重ならないように冷凍用保存袋に入れ、空気を抜いて袋の口を閉じ、冷凍する。3〜4週間保存可能。

【解凍方法】

冷凍したバームクーヘンを、ラップをしたままひと切れ(約40g)につき電子レンジ(600W)で30秒加熱すると、ふわふわしっとりした食感を楽しめる。

バームクーヘンは凍ったまま食べても美味しい!

凍ったバームクーヘンの写真

バームクーヘンは解凍しなくても美味しく食べることができる。凍ったままのバームクーヘンはパサパサ感がなく、しっとりしていて口溶けもなめらか。甘さもさっぱりしており、とっても食べやすいスイーツに!

【冷凍バームクーヘンのアレンジ】加熱調理+トッピングで、極上のスイーツに!

バームクーヘンはそのままでも美味しいですが、トッピングをのせて加熱調理すると、とっておきのスイーツに大変身! 根本先生イチオシのアレンジアイデアを紹介します。

【アイデア①】オーブントースターで焼いてから、ハニーバター風味に!

ハニーバター風味のバームクーヘンの写真

凍ったままのバームクーヘンのラップを外し、オーブントースター(1000W)で3分ほど焼く。器に盛り、熱いうちにバターをのせてはちみつをかけ、お好みで粗挽き黒こしょうをふる。外はカリッ、中はふわっとした食感に仕上がり、溶けたバターがジュワーっとバームクーヘンにしみて、リッチな味わいのスイーツに!

【アイデア②】チョコ×チーズをトッピングし、電子レンジで加熱!

チョコ×チーズをトッピングしたバームクーヘンの写真

ラップを外した凍ったままの状態のバームクーヘンを耐熱容器に並べ、とろけるタイプのスライスチーズ、好みの大きさに割った板チョコレートをのせる。ラップをせずに電子レンジ(600W)で30秒加熱する。バームクーヘンのふわふわな食感と、とろけるチョコ×チーズの甘じょっぱい味わいがたまらない!

LINE

※掲載情報は公開日時点のものです。本記事で紹介している商品は、予告なく変更・販売終了となる場合がございます。