【離乳食のオートミール】初期・中期・後期の量とレシピ。冷凍方法も

2022.7.26
LINE
オートミールとオートミールの離乳食の写真

オートミールは、ビタミン・ミネラル・タンパク質などが豊富で、栄養価の高い食材。離乳期の赤ちゃんにもおすすめですが、食べ方に工夫が必要です。そこで月齢別のオートミールの食べ方とその冷凍方法を冷凍生活アドバイザーの根本早苗先生が解説します。

離乳食のオートミールはいつから? どんな種類のものを?

オートミールは、離乳食初期から食べることができます。多くの種類がありますが、離乳食には加熱後、細かく加工している「インスタントオーツ」または「クイックオーツ」を選んで。「インスタントタイプ」「クイックタイプ」と表記されている場合もあります。中には味が付いているものもありますが、離乳食には調味されていないものを選びましょう。

【オートミールを食べられる時期と食べ方のポイント】

時期 オートミールの食べ方と1回あたりの量の目安
初期(5〜6ヵ月) ○ 水と一緒に加熱し、裏ごし、またはすり潰したものスプーン1杯程度
初期のオートミールがゆの写真
中期(7〜8ヵ月) ○ 水(または溶いた粉ミルク)と一緒に舌で潰せるかたさになるまで加熱したもの50g程度
中期のオートミールがゆの写真
後期(9〜11ヵ月) ○ 水(または溶いた粉ミルク)と一緒に歯茎で潰せるかたさになるまで加熱したもの80g程度
後期のオートミールがゆの写真

※厚生労働省「授乳・離乳の支援ガイド(2019年改定版)」に準拠する

【離乳食初期(5〜6ヵ月)】裏ごししてなめらかなペースト状に!

初期は、加熱したオートミールを裏ごしするか、すり鉢で潰してなめらかにしてから与えましょう。赤ちゃんによってはオートミールの味が苦手な場合があるので、少量ずつ試してみて。

おすすめレシピ:オートミールがゆ

初期のオートミールがゆの写真

材料(5食分)
  • オートミール(インスタントオーツ)…小さじ2(4g)
  • 水…大さじ3
作り方
  1. 深めの耐熱ボウルにオートミール、分量の水を入れる。
  2. ふんわりとラップして電子レンジ(500W)で1分加熱し、裏ごしをする。
【冷凍方法】

初期のオートミールがゆを入れた製氷皿の写真

粗熱がとれたら、小さじ1ずつ製氷皿に入れ、ふたをして冷凍する。1週間程度保存可能。
※ふた付きの製氷皿がない場合は製氷皿にラップをして冷凍庫に入れ、凍ったら、中身だけ冷凍用保存袋に移すと、ニオイ移りや酸化を防げる

【解凍方法】

1食分ずつ耐熱皿に移し、ふんわりとラップをして電子レンジ(500W)で30〜40秒加熱する。粗熱をとってから赤ちゃんに食べさせる。
※大人が食べるのなら自然解凍でも構わないが、赤ちゃんには必ず再加熱してから食べさせること

【離乳食中期(7〜8ヵ月)】モグモグしながら食べる練習を

中期は、舌と上あごで潰して食べられるようなメニューがおすすめ。赤ちゃんが比較的好きなバナナを組み合わせて、食べる楽しさを伝えましょう。

おすすめレシピ:オートミールのバナナがゆ

オートミールのバナナがゆの写真

材料(5食分)
  • オートミール(インスタントオーツ)…15g
  • バナナ…1本(可食部約100g)
  • 水…150ml

※バナナはアレルギー特定原材料等28品目の1つに該当します。最初にあげるときには1さじからはじめましょう。

作り方
  1. バナナは5mm厚さの輪切りにする。
  2. 深めの耐熱ボウルにオートミール、❶、分量の水を入れる。
  3. ふんわりとラップして電子レンジ(500W)で4分加熱する。
  4. 取り出して、フォークの背でバナナが2mm角程度の大きさになるまで潰す。
【冷凍方法】

オートミールのバナナがゆを入れた製氷皿の写真

粗熱がとれたら、50gずつ製氷皿に入れ、ふたをして冷凍する。1週間程度保存可能。
※ふた付きの製氷器がない場合は製氷皿にラップをして冷凍庫に入れ、凍ったら、中身だけ冷凍用保存袋に移すと、ニオイ移りや酸化を防げる

【解凍方法】

1食分ずつ耐熱皿に移し、ふんわりとラップをして電子レンジ(500W)で1分50秒加熱する。粗熱をとってから赤ちゃんに食べさせる。
※大人が食べるのなら自然解凍でも構わないが、赤ちゃんには必ず再加熱してから食べさせること

【離乳食後期(9〜11ヵ月)】手づかみ食べできるメニューがおすすめ!

後期は、赤ちゃんの「自分で食べたい!」という意欲を大切に。パンケーキなら手づかみ食べの練習にぴったりです。

おすすめレシピ:かぼちゃ入りオートミールパンケーキ

かぼちゃ入りオートミールパンケーキの写真

材料(4食分)
  • オートミール(インスタントオーツ)…15g
  • 水…70ml
  • かぼちゃ(皮と種を除く)…正味80g
  • きな粉…大さじ2
  • 片栗粉…小さじ2
  • サラダ油…大さじ1
作り方
  1. かぼちゃはひと口大に切り、耐熱容器に並べ、水大さじ1(分量外)をまわしかけ、ふんわりとラップをして電子レンジ(500W)で2分30秒加熱する。取り出してフォークの背などで潰す。
  2. 深めの耐熱ボウルにオートミール、分量の水を入れる。
  3. ふんわりとラップして電子レンジ(500W)で2分加熱する。
  4. ❷のボウルに❶、きな粉、片栗粉を加えて混ぜる。
  5. フライパンにサラダ油を入れて弱火で熱し、❸を流し入れ、片面約8分ずつ、両面焼き色が付くまで焼く。取り出して8等分する。
【冷凍方法】

かぼちゃ入りオートミールパンケーキを冷凍用保存袋に入れた写真

粗熱がとれたら、1食分ずつ(2個ずつ)ラップで包み、冷凍用保存袋に入れる。空気を抜いて袋の口を閉じ、冷凍する。1〜2週間程度保存可能。

【解凍方法】

ラップごと耐熱皿にのせ、電子レンジ(500W)で2個につき50秒加熱する。粗熱をとってから赤ちゃんに食べさせる。
※大人が食べるのなら自然解凍でも構わないが、赤ちゃんには必ず再加熱してから食べさせること

※掲載情報は公開日時点のものです。本記事で紹介している商品は、予告なく変更・販売終了となる場合がございます。