HOME食材の冷凍【カーボロネロ(黒キャベツ)】食べ方と冷凍保存を解説。パスタレシピも

【カーボロネロ(黒キャベツ)】食べ方と冷凍保存を解説。パスタレシピも

公開日: (更新日:
LINE
カーボロネロの写真

カーボロネロ(黒キャベツ)は寒い時期になると出回るイタリア原産の野菜。「どんな味なの?」「どのように食べればいいの?」という人に向けて、おすすめの食べ方を紹介します。カーボロネロの基礎知識から下処理、おすすめレシピ、さらに冷凍保存方法までを、野菜ソムリエの根本早苗先生が徹底ガイド!

【カーボロネロの基礎知識】ビタミンAや食物繊維が豊富で、やや苦みのある味わいが特徴

カーボロネロの写真

カーボロネロはイタリアのトスカーナ地方を原産とする葉キャベツの一種でケールの仲間。別名「黒キャベツ」と呼ばれている。一般的なキャベツと比べ、苦みがやや強いものの、縮れていて肉厚な葉は煮崩れしにくく、煮込み料理などに使われることが多い。繊維質で歯応えがあるため、サラダなどの生食よりもスープや炒め物など加熱調理に向いている。栄養価が高い野菜としても知られており、100gあたりの栄養価はβ-カロテンがかぼちゃよりも多く、カルシウムが牛乳よりも豊富。

【カーボロネロの下処理】基本は洗うだけ!

カーボロネロは特別な下処理は不要で、洗えばそのまま使うことができます。かたくて食べにくいので、太い茎だけ取りのぞくといいでしょう。

1 ため水で洗う

カーボロネロを洗っている写真

水を張ったボウルにカーボロネロを入れ、ふり洗いする。ざっと洗ったらザルにあげ、ペーパータオルで水気を拭き取る。

2 太い茎は取りのぞく

カーボロネロの茎をのぞいている写真

片手で茎の先を持ち、もう片方の手で葉を滑らすようにして葉を茎からはがす。

〈POINT〉
カーボロネロの茎は繊維質でかたく、食べにくいため、取りのぞくといい。茎を使いたい場合は、細かく刻んでからスープや煮込み料理に加えて、加熱調理する。

【カーボロネロの食べ方】おすすめレシピ3選

カーボロネロはパスタや煮込み料理など、イタリア料理と相性がgood! そのほか炒め物などにするとシャキシャキ食感が楽しめます。

カーボロネロとベーコンのパスタレシピ

カーボロネロとベーコンのパスタの写真

〈材料(2人分)〉

  • カーボロネロ(太い茎をのぞいたもの)…120g
  • スパゲッティ…200g
  • スライスベーコン…50g
  • にんにく(みじん切り)…1かけ分 ※チューブでも可
  • オリーブオイル…大さじ2
  • 塩…少々
  • 粗挽き黒こしょう・粉チーズ…各適量

〈作り方〉

  1. カーボロネロ、スライスベーコンは3cmの長さに切る。
  2. 鍋にたっぷりの湯を沸かし、湯に対して1%の重量の塩(湯1ℓに対して10gが目安)を入れ、スパゲッティを袋の表示通りにゆでる。
  3. フライパンにオリーブオイル、にんにくを入れて弱火で熱し、香りが立ったら❶を加えて中火で炒める。
  4. カーボロネロがしんなりしたらスパゲッティのゆで汁をお玉1/2杯分程度加え、3〜4分煮る。❷を加えてさっと混ぜ、塩で味をととのえる。
  5. 器に盛り、粉チーズ・粗挽き黒こしょうをふる。

カーボロネロのトマト煮込みレシピ

カーボロネロのトマト煮込みの写真

〈材料(2人分)〉

A

  • 水…100ml
  • トマト水煮缶(カットタイプ)…1缶
  • トマトケチャップ…大さじ1
  • 顆粒コンソメ…小さじ1

〈作り方〉

  1. カーボロネロは3cm角に切る。鶏もも肉はひと口大に切る。玉ねぎは粗みじんに切る。
  2. 鍋にオリーブオイル、にんにくを入れて弱火で熱し、香りが立ったら玉ねぎを加え、中火で炒める。玉ねぎが透き通ってきたら鶏もも肉・カーボロネロを加える。
  3. 肉の色が変わったらAを加え、弱火でときどき混ぜながら20分ほど煮る。
  4. ❸に汁気をきった白いんげん豆を加え、さらに5分ほど煮る。火を止めて塩少々(分量外)で味をととのえ、器に盛る。

カーボロネロとウインナーの粒マスタード炒めレシピ

カーボロネロとウインナーの粒マスタード炒めの写真

〈材料(2人分)〉

A

  • 粒マスタード…大さじ1
  • 醤油…小さじ1/2

〈作り方〉

  1. カーボロネロは3cmの長さに切る。ウインナーは斜め半分に切る。
  2. フライパンにオリーブオイルを入れて中火で熱し、溶いた卵をふんわりと炒め、半熟状になったらいったん取り出す。
  3. ❷のフライパンに❶と塩を入れて中火で炒め、火が通ったらAを加えてさっと炒める。
  4. ❸に❷を戻し入れて軽く混ぜ合わせ、器に盛る。

【カーボロネロの保存】冷凍すれば長持ち!

カーボロネロをすぐに使い切れない場合は冷凍保存が便利! 生のまま冷凍できて、凍ったまま使いたい分だけ調理できるので、とっても簡単です。

【冷凍方法】

カーボロネロを冷凍用保存袋に入れている写真

カーボロネロは洗って水気をペーパータオルで拭き取る。太い茎をのぞいてから、食べやすい大きさに切る。冷凍用保存袋に入れ、空気を抜いて袋の口を閉じ、冷凍する。3週間程度保存可能。

【解凍方法/使い方】
凍ったまま炒めたり、煮たりして加熱調理する。

〈POINT〉
冷凍したカーボロネロはスープや煮込み料理などに調理するのがおすすめ。炒め物にする場合は、凍ったまま炒めて、よく水分を飛ばすこと。

※掲載情報は公開日時点のものです。本記事で紹介している商品は、予告なく変更・販売終了となる場合がございます。