飴色玉ねぎがたった10分で!冷凍玉ねぎで作る時短テク

2019.3.15
LINE
飴色玉ねぎを炒めている写真

料理に飴色玉ねぎを使いたいと思っても、飴色にするには数十分も炒め続ける必要があり、忙しい人にはとても無理。でも冷凍玉ねぎを使えば10分程で作れるそう。その方法と、飴色玉ねぎを使うおすすめレシピ3つを、料理研究家の吉田瑞子先生に教えてもらいました。

スピード飴色玉ねぎの作り方

生の玉ねぎから飴色玉ねぎを作るときは、じっくりと弱火で数十分〜1時間ほど炒め続け、徐々に細胞壁を壊して、水分や辛味成分を揮発させます。ですが、玉ねぎを冷凍すると細胞内の水分が凍って細胞壁が壊れてしまうので、短い炒め時間で飴色にできるのです。

材料(作りやすい分量)
  • 玉ねぎ…2個(約400gで、冷凍用保存袋Mサイズ1枚に収まる)
  • サラダ油…大さじ1/2
  • 水…大さじ1
作り方

1 玉ねぎを薄切りにし、冷凍用保存袋に入れて冷凍する

玉ねぎを薄切りする写真/薄切り玉ねぎを保存袋に入れた写真

冷凍用保存袋に玉ねぎを入れ、空気を抜くように袋の口を閉じて冷凍。約4時間で冷凍できる。冷凍庫で3週間程度保存可能。

2 サラダ油を熱したフライパンに冷凍玉ねぎを入れ、ふたをして強火で溶かす

冷凍玉ねぎをフライパンに入れる写真/ふたをして溶かしている写真

冷凍玉ねぎは保存袋の中で塊をほぐしてから入れる。溶かす時間は2〜3分が目安。フライパンは直径22〜25cmサイズが適正。

3 ふたを外して木べらで炒める

木べらで炒める写真

4 焦げてきたら水を加えながら炒める。火加減は強火のままでOK。

水を加える写真/焦げをこそぎ取る写真

水を加えて焦げをこそげ取り、玉ねぎに絡ませるようにして炒める。

5 3から約7分で、玉ねぎが飴色になったら完成

飴色玉ねぎのできあがり写真

■完成した飴色玉ねぎを冷凍保存したい人はこちら

飴色玉ねぎの活用レシピ3選

いつもの料理に飴色玉ねぎを使うだけで、香ばしさやコク、甘みがプラス。深みがぐっと増して贅沢な味わいになります。

市販のルウに深みが増す「コクあまカレー」

コクあまカレーの写真

作り方
  1. カレールウ(市販品)の箱にある作り方通りに肉や野菜を煮込む。
  2. 飴色玉ねぎ(1人前あたり20g)を加えて混ぜ、火を止めてルウを溶かし、再び弱火で10分煮る。

コンソメいらずで手軽に「オニオンハムスープ」

オニオンハムスープの写真

材料(1人前)
  • 飴色玉ねぎ…20g
  • 水…150ml
  • ハム…1枚(1cm角に切る)
  • 塩、こしょう…各少々
  • パセリ(みじん切り)…少々
作り方
  1. 鍋に水と飴色玉ねぎを入れ、混ぜながら加熱する。
  2. 沸騰したらハムを加え、塩、こしょうで味をととのえる。
  3. カップによそい、パセリをちらす。

●ひとり分なら電子レンジでもOK
マグカップに飴色玉ねぎ、水、ハムを入れて電子レンジの飲み物あたためモードで加熱し、塩、こしょうで味をととのえ、パセリをちらす。

慌ただしい朝でもリッチに「オニオンピザトースト」

ピザトーストの写真

  • 飴色玉ねぎ…45g
  • 食パン…1枚(厚さ・形状等はお好みで)
  • ケチャップ…大さじ1
  • ピザ用チーズ…40g
作り方
  1. 食パンにケチャップを塗り、飴色玉ねぎを広げ、ピザ用チーズをのせる。
  2. トースターでチーズがこんがりするまで焼く。

飴色玉ねぎ冷凍法【ストックでさらに便利】

飴色玉ねぎは多めに作って冷凍ストックしておくと、朝食などでも手軽に使えて便利です。保存期間は、冷蔵庫で3〜4日、冷凍庫なら2週間が目安。

飴色玉ねぎの冷凍前の写真

【冷凍方法】

飴色玉ねぎを使いやすい量で小分けにし、ラップで包んで冷凍用保存袋に入れ、袋の口を閉じて冷凍する。冷凍庫で2週間程度保存可能。

【解凍方法】

スープには凍ったまま入れて加熱してOK。カレーやトーストには電子レンジで解凍してから使う。

LINE