スープ作家・有賀薫さんの冷凍和風野菜のごろごろレンチン豚汁レシピ

2022.1.25
LINE
有賀薫さん、冷凍和風野菜の豚汁の写真

スープ作家として、毎日欠かすことなくスープを作り続けている有賀薫さん。Twitterのフォロワー数は11万人以上とスープ好きから絶大な支持を受けています。そんな有賀さんに、手軽に作れて美味しい、冷凍野菜を使った一人分のレンチン味噌汁を教えてもらいました。第1回の「冷凍オクラと豆腐の味噌汁」第2回目の「冷凍コーン&冷凍アスパラの味噌汁」に続き、第3回目はごろっとした根菜が食べ応え満点の「冷凍和風野菜のごろごろ豚汁」。味噌汁は脇役なんて言わせない、これ1杯でお腹が満足する主役級の豚汁です。

有賀薫さん

豚汁はみなさんが好きな味噌汁の代表格なのではないでしょうか?ふだん汁物は脇役になりがちですが、今回紹介する「冷凍和風野菜のごろごろ豚汁」は、具だくさんなのでメイン料理としても◎。大きな具材で食べ応え満点です。豚肉はキッチンばさみでカットしてもOK。そうすれば、包丁もまな板も使わず、洗い物がぐっと減らせますよ。

家にある耐熱容器で簡単に作れます!

自宅にある100均やスーパーなどで購入した耐熱容器で大丈夫。ただ、失敗せずに美味しい味噌汁を作るため、2つのポイントを押さえておきましょう。

耐熱容器の2つのポイントはこちら!
【レンチン味噌汁作りにおすすめの耐熱保存容器ポイント】

1杯でたっぷり野菜が取れる!冷凍和風野菜のごろごろ豚汁

冷凍和風野菜の豚汁

材料(1人分)
  • 和風野菜(400g)』…80g
  • 豚肉切り落とし…20g ※部位はお好みで
  • 顆粒和風だしの素…小さじ1/4(1g)
  • 味噌…大さじ1と1/3
  • 水…200ml

冷凍和風野菜のごろごろ豚汁の材料写真

作り方

1 耐熱容器に、食べやすい大きさに切った豚肉、顆粒和風だしの素、『和風野菜』を解凍せずそのまま入れ、水200ml、味噌大さじ1を加える

耐熱容器に豚汁の材料を入れている様子

2 耐熱容器のふたをずらしてかぶせ、電子レンジ(600W)で8分加熱する

ふたをずらしてかぶせた耐熱容器を電子レンジに入れている様子

※ふたを閉めた状態で加熱すると、取り出したときに液体が吹き出しやけどの恐れがあるので、必ずふたはずらして加熱する

3 豚肉の色が変わり、野菜がしっかり温まっていたら、残りの味噌大さじ1/3を加えてよく溶かす

味噌を入れて溶かしている様子

有賀薫さん

豚汁を作る際、いろいろな種類の野菜を用意しないと…と作るのをためらうこともあるのでは? 今回使用した『和風野菜』は、さといも、にんじん、れんこん、たけのこ、いんげん、しいたけ、ごぼうの7つの野菜がセットになっているので豚汁作りにはうってつけ! 冷凍野菜なら電子レンジ調理でも短時間で火が通って、思い立ったときにすぐ食べられるのが嬉しいポイント。それぞれの野菜は大きいけれど、絶妙に食べやすいサイズだからボリュームを出したいおかず味噌汁にぴったりです。

【今回使った商品】

300g入りの少量タイプも!

過去のお話はこちらから読めます!

※掲載情報は公開日時点のものです。本記事で紹介している商品は、予告なく変更・販売終了となる場合がございます。