【みょうがの保存完全ガイド】冷蔵で1ヵ月、冷凍で2ヵ月もつ(検証付き)

2019.8.13
LINE
新鮮なみょうが、丸ごと冷凍したみょうが、カットして冷凍したみょうが、容器に水とみょうがが入っている写真

みょうがは鮮度が落ちやすく、そのまま冷蔵庫に入れると2~3日で傷んでしまいます。そこで野菜ソムリエプロの根本先生が、みょうがを長持ちさせる方法を検証。鮮度をキープするペーパータオル+ポリ袋保存、生のまま1ヵ月もつ水浸け保存、さらに冷蔵保存や酢漬けまで、それぞれのメリット・デメリットを紹介します。

【みょうがの保存①】最も鮮度をキープできるのは「ペーパータオル+野菜室」(10日)

ペーパータオル+ポリ袋で乾燥対策する方法。冷蔵庫の野菜室で10日程度保存可能です。

冷蔵方法

1 みょうがをよく洗う

水を入れたボウルの中でみょうがを洗っている写真

みょうがはよく洗い、ぬめりの原因となる表面の汚れを落とす。みょうがの軸部分が傷んでいたら切り落とす。

2 濡らしたペーパータオルでみょうがを包む

ぬらしたペーパータオルでみょうが3個を包んでいる写真

ペーパータオルを濡らして軽く絞り、みょうがを2~3個ずつまとめて包む。

3 ポリ袋に入れて野菜室で保存

ぬらしたペーパータオルで包んだみょうがをさらにポリ袋に入れた写真

ポリ袋に入れて口を閉じ、冷蔵庫の野菜室で保存する。ペーパータオルは2~3日に1回取り替える。

【検証】香り、食感、味も新鮮そのまま!

ぬらしたペーパータオル+ポリ袋で冷蔵保存し、10日経ってもみずみずしいみょうがの写真

10日間冷蔵保存したみょうががこちら。見た目はもちろん、香りやシャキシャキとした食感も、保存前とほぼ同じ。みょうがの先や軸部分が少し傷むことがあるので、その場合は切り落としましょう。

【みょうがの保存②】生のまま長期保存できるのは「水に浸けて冷蔵」(1ヵ月)

水を入れた保存容器に浸ける方法。生のまま1ヵ月程度保存できます。

冷蔵方法

1 みょうがを洗う

水を入れたボウルの中でみょうがを洗っている写真

みょうがはよく洗い、ぬめりの原因となる表面の汚れを落とす。みょうがの軸部分が傷んでいたら切り落とす。

2 保存容器にみょうがと水を入れて冷蔵保存

水を入れた容器にみょうがが入っている写真

みょうがが入る大きさの保存容器や瓶にみょうがを入れ、ひたるくらいの水を入れて浸ける。容器のふたをしっかりと閉め、冷蔵庫の野菜室に保存する。みょうがを使う際、もしくは2日に1度を目安に水を取り替える。

【検証】やわらかくなるが、味わいはキープできる

3週間水に浸けていたみょうが2個とその断面の写真

みょうがが水分を含むため、少しやわらかくなります。香りも少し抜けますが、味わいはしっかりキープ。薬味に使う場合は、細かく切ったあとに水けを絞りましょう。

※写真は3週間後

【みょうがの保存③】長期保存できるのは「ラップに包んで冷凍」(2ヵ月)

みょうがをそのままラップで包んで冷凍庫で保存すれば、2ヵ月程度保存可能です。

冷凍方法

1 みょうがを洗って水けを拭き取る

水を入れたボウルの中でみょうがを洗っている写真

みょうがはよく洗い、ペーパータオルで水けを拭き取る。みょうがの軸部分が傷んでいたら切り落とす。

2 1個ずつラップで包む

みょうがを1個ずつラップでぴったりと包んでいる写真

みょうがを1個ずつラップでぴったりと包む。

3 冷凍用保存袋に入れ、金属製バットにのせて冷凍する

ラップで包んだみょうがを冷凍用保存袋に入れ、金属製バットにのせた写真

まとめて冷凍用保存袋に入れてしっかり口を閉じ、金属製バットにのせて冷凍庫で保存する。冷凍庫で2ヵ月程度保存可能。

解凍方法

凍ったまま、食べやすく切って調理する。みょうがは中に隙間があるため、凍ったままでも切りやすい。カチカチに凍って切りづらい場合は、常温で4~5分置くと切りやすくなる。

【検証】解凍したみょうがは、加熱調理やピクルスにおすすめ!

手前にラップを外した冷凍みょうが、奥にラップに包んだ冷凍みょうがの写真

解凍後のみょうがはやや水っぽくなるため、薬味ではなく味噌焼きなどの加熱調理に向いています。また、冷凍によって味がしみ込みやすくなるので、ピクルスにするのもおすすめ。

【みょうがの保存④】使い勝手がいいのは「カットして冷凍」(2週間)

食べやすく切ってから冷凍すると、そのまますぐに薬味として使えて便利です。冷凍庫で2週間程度保存可能。

冷凍方法

1 みょうがを小口切りや千切りにする

生のみょうがを小口切りにした写真

みょうがは洗ってペーパータオルで水けを拭き、小口切りや千切りにする。

2 小分けにしてラップで包み、冷凍用保存袋に入れて冷凍する

小口切りにしたみょうがを小分けにしてラップで包み、冷凍用保存袋に入れ、金属製バットにのせている写真

食べやすい量に分けてラップで包み、まとめて冷凍用保存袋に入れて冷凍庫で保存する。

薬味の保存はこちらもおすすめ!

解凍方法

凍ったまま、薬味や料理の具材に使う。

【検証】ほぐしやすく、すぐに使えて便利!

冷凍用保存袋から小口切り、千切りにしてラップに包んだ冷凍みょうがが出ている写真

風味・食感はやや損なわれますが、必要な分だけすぐに使えるので便利。凍ったままそうめんなどにトッピングすると、ひんやり感が味わえるのでおすすめ。そのまま味噌汁に入れるなど、加熱調理にも向いています。

【番外編】「甘酢漬け」にして作り置きもあり!(2ヵ月)

甘酢漬けにしたみょうがは、冷蔵庫で2ヵ月程度保存可能です。

材料(作りやすい分量)
  • みょうが…5~6本

【甘酢】

  • 酢…100ml
  • 砂糖…大さじ3~4
  • 塩…少々
作り方/冷蔵方法

1 甘酢の材料を煮立てる

鍋に甘酢の材料を入れてひと煮立ちさせている写真

甘酢の材料を鍋に入れて火にかけ、ひと煮立ちしたら火を止め、粗熱を取る。

2 保存容器にみょうがと甘酢を入れて野菜室で保存

瓶にみょうがと粗熱の取れた甘酢が入っている写真

みょうがを洗って水けを拭き、保存容器や瓶に甘酢とともに入れる。容器のふたをしっかりと閉め、ひと晩以上漬ける。

【検証】保存期間が長くなるほど、甘酢がしっかり染み込む

手前に甘酢漬けのみょうが、奥に瓶入りの甘酢漬けみょうが。甘酢漬けみょうがを箸で持ち上げている写真

みょうがの独特な苦みと、甘酢のさっぱり感が味わえる1品。保存期間が長くなるほど味がしっかりしみ込みます。細かく刻んでマヨネーズとあえてタルタルソース風にするのもおすすめです。

LINE