【カリフラワーのゆで方/ゆで時間ガイド】丸ごと2分が美味しい!

2019.11.14
LINE
新鮮なカリフラワーの写真

カリフラワーは、実はゆで方にコツが必要な野菜。失敗するとかたくなってしまったり、ボロボロと崩れてしまったりしますが、ポイントをおさえれば簡単に美味しくゆでることができます! 今回は、カリフラワーのゆで方・ゆで時間を野菜ソムリエプロの根本早苗先生が徹底解説します。

【鍋でゆでる方法】丸ごとゆでて旨み逃さず!

カリフラワーの下ゆでで一番おすすめなのは、カットせずに丸ごと鍋でゆでる方法。旨みを逃さず、白くきれいにゆで上げることができます。

【ゆでる前の下処理】

カリフラワーの葉っぱを取っている写真

1 葉をちぎり取る

カリフラワーの葉を付け根部分から手でちぎる。葉が取りにくい場合は包丁で切り落とす。

「葉は食べられる?」炒め物にすると美味!

2 茎を切り落とす

太い茎に包丁をあてている写真

花蕾(房)が枝分かれしているギリギリのところで切り落とす。

3 カリフラワーの花蕾を洗う

カリフラワーを洗っている写真

水を張ったボウルにカリフラワーの花蕾を入れ、揺すりながら、茎の間のホコリなどを取り除く。

ポイント

カリフラワーは茎や蕾の間にホコリや汚れがたまりやすいため、水に浸けてよく洗うこと。

■「芯は食べられる?」炒め物にすると美味!

切り落とした太い芯も食べられます。厚めに皮をむいて、房と一緒にゆでましょう。

カリフラワーの太い茎の皮をむき、輪切りにしている写真

  1. 茎は包丁で厚めに皮をむく。
  2. 7ミリ程度の厚さに輪切りにする。
【ゆで方】

1 鍋で湯を沸騰させる

鍋の水が沸騰している写真

カリフラワーがつかるくらいの湯(2Lが目安)を沸騰させる。湯全体の1〜2%の塩(2Lに対し大さじ1ほど)、水で溶いた小麦粉(小麦粉小さじ2+水小さじ2)を入れる。

ポイント

小麦粉を入れるのが、白くきれいにゆで上げるコツ。小麦粉は旨みを閉じ込め、アクを吸い取るメリットも。小麦粉はレモン汁か酢(小さじ2)に置き換えてもよい。

▶︎フライパンでゆでる場合レンジでゆでる場合はこちら

2 茎を下にして1分ゆでる

茎を下にしてカリフラワーを鍋に入れている写真

茎が下になるように、沸騰した鍋にカリフラワーを丸ごと入れ、1分ゆでる。
先ほどカットした茎も一緒にゆでる。

3 ひっくり返して、さらに1分ゆでる

カリフラワーをひっくり返している写真

菜ばしを使い、上下をひっくり返す。この状態でさらに1分ゆでる。

4 ざるにあげて冷ます

カリフラワーざるにあげている写真

うちわなどであおいで冷ますとよりよい。

ポイント

カリフラワーは少しかためにゆでるのがポイント。茎に竹串を刺してみて、少し手応えを感じるくらいのかたさが目安。

5 小房に切り分ける

カリフラワーを小房に切り分けている写真

カリフラワーが冷めたら、茎の根元に包丁を入れ、小房に切り分けていく。

【フライパンでゆでる方法】少量の水で手軽にゆでられる!

カリフラワーは、小房に分ければフライパンでゆでることも可能です。鍋よりも少量の水でできます。

下処理・小房に切り分ける方法は、【ゆでる前の下処理・ゆで方】

カリフラワーをフライパンでゆでている写真

  1. フライパンに、深さ2㎝ほどの水を張り沸騰させる。
  2. 湯全体量の1%程度の塩(水500mlの場合は小さじ1)とレモン汁(小さじ1/2)を入れたら、小房に分けたカリフラワーを入れ、2分程度ゆでる。カットしておいた茎を一緒にゆでてもOK。

【電子レンジでゆでる方法】一番簡単な方法はコレ!

カリフラワーの下ゆではレンジ加熱でもOK。

下処理・小房に切り分ける方法は、【カリフラワーの下処理・ゆで方】

カリフラワーを耐熱皿に並べた写真

  1. カリフラワーを洗い、小房に切り分ける。
  2. カリフラワーを耐熱皿に隙間をあけて並べる。塩を少々ふりかけ、ふんわりとラップをかける。レンジ加熱の際は、少量ずつで加熱するとよい。
  3. 電子レンジ(600W)で加熱する(カリフラワー100gにつき、1分が目安)。

【葉は食べられる?】芯を取り除き、炒め物に!

茎と葉を切り分けた写真

カリフラワーの葉は、キャベツのような食感で、ざく切りにしてごま油で炒めると美味しく食べられます。葉の中央にある芯は筋っぽいため、取り除きましょう。

【カリフラワーの冷凍】下ゆでしたカリフラワーは冷凍がおすすめ!

カリフラワーは冷凍しても食感があまり悪くならないため、下ゆでして冷凍保存しておくのが便利です。

ラップで包んだカリフラワーが冷凍用保存袋に入っている写真

【冷凍方法】

下ゆで後、小房に分けたカリフラワーを3〜4個まとめてラップで包み、重ならないように冷凍用保存袋に入れ、空気を抜くように口を閉じる。冷凍庫で約1ヵ月保存可能。

【解凍方法】

凍ったまま炒めたり、シチューに入れたり加熱調理する。そのほか、ピクルス液に漬けてピクルスにするのもおすすめ。

LINE