【ターサイのレシピ】どんな味?食感は?中国由来の野菜を堪能しよう!

2020.2.27
LINE
ターサイの炒め物の写真

最近はスーパーなどでも見かけるようになった中国由来の野菜「ターサイ」。どうやって食べていいかわからない人も多いのでは? 今回は野菜ソムリエプロの根本早苗先生がターサイを味わいつくすため方法をご紹介。ほろ苦さと甘さを楽しむ厳選レシピ3選です。

ターサイは加熱調理で甘みを引き出す!

ターサイの写真 

ターサイはチンゲン菜の仲間で、旬は冬季。生でも食べることはできますが、加熱することで甘みがアップし、苦さがやわらぎます。アクがないので下ゆで不要で、そのまま炒めたり、鍋に入れたりして使います。

【ターサイの炒め物】シンプルながらメイン級の一皿!

にんにくと生姜を効かせた、シンプルながらパンチのあるメニューです。

ターサイの炒め物の写真

【材料(2人分)】
  • ターサイ…1束(約200g)
  • ごま油…適量
  • にんにく(みじん切り)…2片分 ※チューブ可
  • 生姜(みじん切り)…少々 ※チューブ可
  • 顆粒鶏ガラスープの素…小さじ1
  • 塩・こしょう…各少々
【作り方】
  1. ターサイはざく切りにする。
  2. フライパンにごま油・にんにく・生姜を入れて弱火で熱し、香りが出たら、ターサイ、顆粒鶏ガラスープの素を加えて中火で炒める。
  3. ターサイがしんなりしてきたら、塩・こしょうで味をととのえる。

【ターサイと豚バラのオイスター炒め】豚肉との相性が抜群!

豚バラの脂をターサイがしっかり受け止め、とってもジューシー!

ターサイと豚バラのオイスターソース炒めの写真

【材料 2人分】
  • ターサイ…1束(約200g)
  • 豚バラ薄切り肉…50g
  • 塩・こしょう…各適量
  • ごま油…適量
  • 顆粒鶏ガラスープの素…小さじ1
  • オイスターソース…大さじ1
【作り方】
  1. ターサイは3~4㎝長さに切る。豚バラ薄切り肉は2cm長さに切り、塩・こしょうで下味をつける。
  2. フライパンにごま油、豚バラ薄切り肉を入れて中火で炒め、肉の色が変わったらターサイ、顆粒鶏ガラスープの素、オイスターソースを加えて炒め合わせる。
  3. ターサイがしんなりしてきたら、塩・こしょうで味をととのえる。

【ターサイの鶏だんご鍋】トロトロ食感がたまらない

しっかり煮込むとトロリとした食感に。ごま油の風味と相性抜群です!

ターサイの鶏だんご鍋の写真

【材料 2人分】
  • ターサイ…1束(約200g)
  • 鶏挽き肉…150g
  • 長ねぎ…10cm
  • 片栗粉…小さじ2
  • 生姜(すりおろし)…小さじ1/2 ※チューブでも可
  • しょうゆ…小さじ1
  • 顆粒鶏ガラスープの素…小さじ2
  • ごま油…適量
  • 塩・こしょう…少々
【作り方】
  1. ターサイは3~4㎝長さに切る。長ねぎはみじん切りにする。
  2. ボウルに鶏挽き肉、長ねぎ、片栗粉、生姜、しょうゆを入れてよくこね、8等分にして丸く形成する。
  3. 鍋に水2カップ(分量外)と顆粒鶏ガラスープの素を入れて中火で熱する。
  4. 沸騰したら❷を入れて4~5分煮る。
  5. ターサイを加え、しんなりしてきたらごま油を回しかけ、塩・こしょうで味をととのえる。

【冷凍方法】ターサイは冷凍で1ヵ月もつ

生のターサイは3日ほどでしなしなになってしまうので、すぐに食べないときは冷凍保存がおすすめ。一度加熱するのがポイントです。

1 ターサイは洗って水気を拭き、3~4㎝長さに切る

ターサイの写真

ターサイは洗ってペーパータオルでよく水気を拭く。根を切り落とし、3~4㎝長さに切る。

2 しんなりするまで炒めて、粗熱をとる

ターサイを炒めようとしている写真

フライパンにサラダ油少々、ターサイの茎を入れて中火でさっと炒める。続いてターサイの葉を加えて全体がしんなりするまで炒めて、ボウルにあけて粗熱をとる。

3 冷凍用保存袋に入れて冷凍する

炒めたターサイをラップに包み、冷凍用保存袋に入れている写真

ターサイを小分けにしてラップに包み、冷凍用保存袋に入れる。冷凍庫で約1ヵ月保存可能。

解凍方法・食べ方

冷凍したターサイを鍋に入れようとしている写真

冷凍したターサイは、そのまま鍋ものや汁ものに加えて使う。また、600Wの電子レンジで約1分加熱して、塩・こしょうで味をととのえれば即席の副菜になって便利。

LINE

※掲載情報は公開日時点のものです。本記事で紹介している商品は、予告なく変更・販売終了となる場合がございます。