【アスパラの保存】冷凍で1ヵ月長持ち!甘みと鮮度を保つテク

2020.4.10
LINE
冷凍したアスパラと生のアスパラの写真

アスパラガスは冷蔵保存だと味がどんどん落ちてしまうため、保存するなら冷凍がおすすめ! 冷凍しておけば、1ヵ月も長持ちするほか、栄養と甘みをキープしたまま保存することができます。今回は、とにかく手軽な「生のまま冷凍する方法」と、甘みをキープする「下ゆでしてから冷凍する方法」を野菜ソムリエプロの根本早苗先生に聞きました。

【アスパラの冷凍保存①】下ゆで不要!レンジ解凍でそのまま食べられる!

1 アスパラの切り口を切り落とす

アスパラの切り口を切り落とす

切り口は乾燥しているので、2〜3mm切り落とす。

2 穂先と根元を持ってしならせ、折れそうなところから下の皮をむく

アスパラをしならせる/アスパラの皮をむく

アスパラをまな板の上に置いて片手で穂先を押さえ、もう片方の手で根元を持ってしならせると「折れそうなところ」がわかる。そこから下の皮をむく。ピーラーでむくと簡単だが、なければ包丁でそぐようにしてむく。

3 ラップで包み、冷凍用保存袋に入れて冷凍庫へ

ラップで包んだアスパラが冷凍用保存袋に入っている写真

アスパラを4本程度まとめてラップで包み、冷凍用保存袋に入れて冷凍庫へ。この状態で約3週間保存可能。

【解凍方法】45秒のレンジ加熱でそのまま食べられる!

凍ったままお好みの長さにカットして加熱調理する。電子レンジ(600W)で1本あたり約45秒加熱すれば、サラダやパスタのトッピングなどにそのまま使える。
炒める場合はアスパラから出てきた水分を飛ばすために、生のものよりも少し長めに加熱する。また、ゆでる場合は、3〜4本あたり1分45秒程度ゆでる。
※ゆで時間はあくまで目安。アスパラの太さや本数によって、アスパラに火が通るまで加熱してください。竹串がすっと刺さればOK。

【アスパラの冷凍保存②】下ゆでしてから冷凍で甘みをキープ!

1 根元の皮をむき、ゆでる

アスパラをゆでている写真

アスパラの切り口を2〜3㎜切り落とす。アスパラを両手で持ち、しならせ、折れそうなところから下の皮をむく。フライパンに水を入れ、沸騰させたらアスパラを加えて約1分30秒ゆでる。

▼アスパラの詳しいゆで方はこちら!

2 粗熱をとり、冷凍用保存袋に入れて冷凍庫へ

ラップで包んだアスパラが冷凍用保存袋に入っている写真

アスパラの粗熱がとれたら、3〜4本程度まとめてラップで包み、冷凍用保存袋に重ならないように入れ、できるだけ空気を抜いて封をし、冷凍庫へ。この状態で約1ヵ月保存可能。

【解凍方法】熱湯をかけ、そのままサラダやパスタのトッピングに

凍ったアスパラにお湯をかけている写真

凍ったままお好みの長さにカットし、熱湯をかけるか、電子レンジ(600W)で1本あたり約20秒加熱する。野菜本来の甘みを楽しめる、サラダやパスタのトッピングなどがおすすめ。冷凍のまま炒め物に加えることも可能。

▼料理に使うならニチレイの『そのまま使えるグリーンアスパラ』もおすすめ!

そのまま使えるグリーンアスパラ

LINE

※掲載情報は公開日時点のものです。本記事で紹介している商品は、予告なく変更・販売終了となる場合がございます。