「ブロッコリーの茎」捨てないで。美味しい食べ方・切り方に注目!

2018.12.7
LINE
「ブロッコリーの茎」捨てないで。美味しい食べ方・切り方に注目!

ブロッコリーの茎、食べずに捨てていたらもったいない!…といわれても、どこまで使えるのかわからない人も多いはず。今回は料理研究家の吉田瑞子先生に、基本の切り方や、美味しい食べ方などを教えてもらいました。

ブロッコリーは茎・皮・葉まで、ぜ〜んぶ食べられる!

切ったブロッコリーをバットに並べた写真

ブロッコリーは捨てるところなく、全部食べられます。ただし茎の根元に近い皮はかたいことが多いので、気になる場合はむきましょう。

また、ときどき茎に見られる空洞は、雨や肥料などの影響で急激に成長したときにできたもの。気にせずに食べて大丈夫ですが、変色していて気になる場合は、その部分だけ取り除きましょう。

【切り方】ブロッコリーの茎、どうやって切る?

1 房と茎を切り分ける

ブロッコリーの房と茎を切り分ける写真

2 細い茎を切り分ける

ブロッコリーの細い茎を切る写真

3 2を葉つきのまま、食べやすい長さに切る

ブロッコリーの細い茎を食べやすく切る写真

4 太い茎の根元の皮がかたければむく

ブロッコリーの茎の皮をむく写真

5 太い茎を食べやすく切る

ブロッコリーの茎を乱切りにする写真

上の写真は乱切りにしていますが、調理に合わせて切り方は変えてOK。

ブロッコリーの茎をカットした写真

■茎と小房と一緒に茹でるときは、火の通りにくい茎を先に鍋に入れましょう。ブロッコリーの詳しい茹で方はこちら

【食べ方】ブロッコリーの茎は、サラダ、スープ、炒めものに

ブロッコリーの茎が入ったひき肉炒めの写真

茎は小房よりもやや淡白な味わい。さっと茹でてから料理に使いましょう。乱切りにしてサラダにするのも美味しいですが、薄切りにして炒めものや味噌汁に加えたり、千切りにして肉巻きの具にしたりするのもおすすめです。味や食感が似ているアスパラガスの代用品だと考えると、用途がイメージしやすいでしょう。

【保存法】すぐ使わないなら「冷凍」が便利

ブロッコリーの茎が冷凍用保存袋に入った写真

使いやすく切って、さっと茹でてからペーパータオルで水気を拭き取り、1回使用分ずつラップで包んで冷凍用保存袋に入れ、袋の口を閉じて冷凍。冷凍庫で1ヵ月程度保存可能です。

使うときは、凍ったまま味噌汁やスープ、カレー、シチューなどに入れて加熱調理しましょう。他の野菜と一緒に煮てスープストックを作るのもおすすめです。

LINE
アンケートバナー
アンケートバナー