バターは冷凍保存が便利!プロのテクニックと上手にカットする方法も

2021.7.26
LINE
バターと冷凍バターの写真

バターは日持ちのする食材ですが、一度開封してしまった場合は酸化し、風味も落ちるので、2週間程度で食べきる必要があります。 また酸化しやすく、冷蔵保存するとニオイ移りが気になる場合も。実は、バターは冷凍保存すると長持ちし、ニオイ移りを防ぐことが可能なんです! そこで便利なバターの冷凍保存方法と保存用にバターを上手にカットする方法を冷凍生活アドバイザーの根本早苗先生が紹介します。

【バターの冷凍①】ブロックのまま冷凍可!凍ったままカットする方法も

バターは開封前ならそのまま冷蔵保存でOK! 数カ月と日持ちすることが多いです。ただし、開封済みのバターは、賞味期限に関係なくなるべく早めに食べきるのが基本。すぐに食べきれない場合は、酸化を防いで冷凍しましょう。

【冷凍方法】

1 バターを銀紙の上からラップで包む

バターをラップで包んでいる写真

紙は空気を通すので、その上からラップで包んで、なるべく酸化を防ぐように。

2 冷凍用保存袋に入れて冷凍する

バターを冷凍溶存袋に入れている写真

冷凍用保存袋に入れ、空気を抜いて袋の口を閉じ、冷凍する。半年程度保存可能。

POINT

銀紙とラップに加え、冷凍用保存袋に入れることで、ニオイ移りと酸化を防ぐ効果がアップする。

【解凍方法/使い方】

バターをカットしている写真

冷蔵庫で自然解凍してから使う。一度、冷蔵庫で自然解凍したバターは、再冷凍できないので、2週間以内を目安に使いきること。3日以内に使いきらない場合は、ラップをしてバターケースなどの保存容器に入れた方が酸化を防げる。
もしくは、凍ったままのバターを熱湯などで温めた包丁でカットすれば、使いたい分だけ使用できて便利。使わない分はすぐに銀紙、ラップの両方でぴったり包んで、冷凍用保存袋に入れて冷凍する。

バターを少量ずつ補充するスタイルもおすすめ!

保存容器に入ったバターの写真

一度、冷蔵庫で自然解凍したバターは、再冷凍できないので、なるべく早めに使いきるのが基本。難しい場合は、凍ったまま使いやすい量(50g程度が目安)だけカットして、冷蔵庫で自然解凍し、使用する。残りは冷凍しておいて、解凍したバターを使いきったら、再度、冷凍しておいたバターから補充するといい。

【バターの冷凍②】カットしてから小分け冷凍なら、使い勝手抜群!

調理時のことを考えるなら、カットしてから小分け冷凍がおすすめです。あらかじめ計量しておくことで使いやすさもアップ。使用頻度の高い切り方も解説します。

【冷凍方法】

1 バターを食べやすい大きさにカットする

カットしたバターの写真

用途に合わせて、バターを切る。特に使い道が決まってない場合は、グラム数を変えて数種類保存しておくと便利。使用頻度の高い切り方は以下の3つ。

① 5g:
パンに塗ったり、料理の仕上げにコク出しで加えたりするのにぴったり。

② 10g:
炒め物やシチューなどのベースにおすすめ。

③ 50g:
ケーキやクッキーなどのお菓子作りに。

バターはペーパータオルを使うと切りやすい!

バターを切っている写真

バターを切るとき、包丁にべったりとくっついて、切りにくい場合は、ペーパータオルを使うのがおすすめ。ペーパータオルを半分に折って、包丁の刃先を挟んでからバターを切ると、包丁や手にバターがベトベトくっつくことなく、スムーズにカットできる。

2 ラップで小分けに包む

バターをラップで包んでいる写真

1個ずつラップで小分けに包む。5gと小さくカットしたバターは、広げたラップの上に、間隔をあけて並べて包み、すき間を人差し指で押して、空気を抜く。

3 アルミホイルで包んでから冷凍用保存袋に入れ、冷凍する

バターを冷凍用保存袋に入れている写真

アルミホイルで包んでから冷凍用保存袋に入れ、空気を抜いて袋の口を閉じ、冷凍する。半年程度保存可能。

POINT

バターは空気だけでなく、光によっても酸化しやすいので、ラップの上からアルミホイルで包むことで、劣化を防ぐ。

【解凍方法/使い方】

バターをトーストにのせている写真

凍ったままトーストにのせたり、フライパンに入れて溶かしたりして使う。お菓子作りに使う場合は、50gにつき室温で30分ほどおくと夏場はやわらかくなる。寒い時期は、長時間室温でおいてもやわらかくならないので、アルミホイルを外し、ラップをしたまま電子レンジ(200W)で、10秒ずつ様子を見ながら加熱し、解凍する。

POINT

ラップとアルミホイルでまとめて包んだバターは、アルミホイルごとハサミで切ると、1個ずつ取り出せる。使わなかった分はすぐに冷凍庫に戻して。

LINE

※掲載情報は公開日時点のものです。本記事で紹介している商品は、予告なく変更・販売終了となる場合がございます。