【鮭の冷凍】生鮭・塩鮭、焼き鮭も!解凍のコツや下味冷凍レシピを徹底解説

2021.6.4
LINE

日持ちのしない鮭の切り身、すぐに使わないなら冷凍保存がおすすめです。生鮭・塩鮭、さらに焼き鮭の冷凍方法を料理研究家の吉田瑞子先生に教えてもらいました。生臭さの原因となるドリップを抑える冷凍テクニックや、美味しく解凍・調理するコツも満載! 家にある調味料ですぐにできる、おすすめの下味冷凍も紹介します。

【生鮭の冷凍】酒と塩で水分を出すのが生臭さを抑えるコツ!

生鮭は購入後すぐに酒と塩を使って下処理しておくと、冷凍後もドリップが出にくく、生臭さを抑えられます。

【冷凍方法】

1 酒と塩をふり、10分程度おく

酒をふっている写真

バットに生鮭をのせて、少量の酒と塩を全体にふる(1切れに対して酒小さじ1、塩ひとつまみが目安)。10分程度おくと、鮭の身から水分が出てくる。

2 ペーパータオルで表面の水分をよく拭き取る

水分を拭き取っている写真

ペーパータオルで表面に出てきた水分をよく拭き取る。ここで水分が残っていると、冷凍時に霜が付きやすくなるほか、生臭さの原因になることも。

3 ラップで包み、冷凍用保存袋に入れて冷凍庫へ

冷凍用保存袋に入れた写真

1切れずつラップでぴったりと包み、冷凍用保存袋に入れる。金属製のバットにのせて急速冷凍(冷凍で2~3週間保存可能)。

【解凍方法】

冷蔵庫に約1時間30分おいて半解凍するか、電子レンジ(200W)で1切れ(90~100g)あたり約1分加熱して半解凍し、加熱調理する。半解凍で加熱調理する場合は、生の状態で調理するときよりも火加減を弱くして加熱時間を長くする。

【塩鮭の冷凍】表面の水分を取って霜やドリップを防ぐ

塩鮭は塩に漬け込んだ状態で販売されているので、生鮭のような下処理は不要です。表面の水分をよく拭き取ってから冷凍しましょう。

【冷凍方法】

塩鮭の水気を拭き取っている写真/冷凍用保存袋に入れた写真

ペーパータオルで表面の水気をよく拭き取り、1切れずつラップでぴったりと包む。冷凍用保存袋に入れ、金属製のバットにのせて急速冷凍(冷凍で3~4週間保存可能)。

【解凍方法】

冷凍庫から出したらそのままグリルやフライパンで焼く。弱火~中火で片面約8分ずつじっくりと焼き、加熱ムラや焦げを防ぐ。

【焼き鮭(塩鮭)の冷凍】酒をふって冷凍すれば解凍後もふっくら

焼き鮭は温かいうちに酒をふっておくと、加熱解凍したときにふっくら仕上がります。

【冷凍方法】

焼き鮭に酒をふっている写真/冷凍用保存袋に入れた写真

焼き立ての鮭に少量の酒をふりかける(1切れに対して酒小さじ1/2程度が目安)。粗熱がとれたら1切れずつラップでぴったりと包み、冷凍用保存袋に入れる。金属製のバットにのせて急速冷凍(冷凍で約1ヵ月保存可能)。

POINT

お弁当用にはあらかじめ食べやすい大きさにカットしてから冷凍しておくと便利。

【解凍方法】

ラップを外して耐熱皿にのせ、ふんわりとラップをかける。1切れ(約70g)につき、電子レンジ(500W)で約1分15秒加熱する。冷凍前にふりかけた酒の効果でふっくら仕上がる。

身をほぐして冷凍したいときは

焼いた塩鮭は、ほぐしてから少量ずつラップに包んで冷凍すると、お弁当などで使いたいときに便利。この方法で約1ヵ月保存可能。食べるときは電子レンジの解凍モードで解凍する。また、鮭フレークを作るのもおすすめです。

【生鮭の下味冷凍】調味料に漬けて冷凍、調理はフライパンorレンジで!

マンネリしがちな鮭のレシピも下味冷凍すれば簡単にバリエーションが出せて、しかも3~4週間保存ができるのでとっても便利。家にある調味料だけで作れる生鮭の下味レシピを吉田先生に教えてもらいました。使用する冷凍用保存袋は鮭がぴったりと入るサイズ(2切れならSサイズ)を選ぶと鮭に無駄なく下味が染み込みます。
※塩鮭はすでに塩味がついているので、下味冷凍には生鮭を使用しましょう。

【生鮭の下味冷凍①】ムニエル(塩・こしょう味)

保存中に塩・こしょうの下味を鮭に染み込ませます。冷凍前ではなく解凍後に小麦粉をまぶすことで、表面がパリッとし見た目もきれいに仕上がります。

ムニエルの下味冷凍の写真/ムニエルの写真

【冷凍方法】(2人分)

生鮭2切れに酒小さじ2、塩ふたつまみをふって10分おき、水分をペーパータオルで拭き取る。塩・粗挽き黒こしょう各少々を表面にふりかけ、1切れずつラップで包む。冷凍用保存袋に入れ、金属製のバットにのせて急速冷凍(冷凍で3~4週間保存可能)。

【調理方法】(2人分)

冷蔵庫に約1時間30分おいて半解凍するか、電子レンジ(200W)で1切れ(90~100g)あたり約1分加熱し半解凍にする。水分をペーパータオルで拭き取り、鮭2切れの表面に小麦粉大さじ1をまぶす。フライパンにバター大さじ1を熱し、鮭の両面を中火でこんがりと焼く。仕上げにレモンやバター(1切れにつき大さじ1程度)を添える。

【生鮭の下味冷凍②】照り焼き(めんつゆ味)

冷凍後は、加熱調理前に半解凍して鮭とつけ汁を分けるのがポイント。鮭の身に焦げ目がついて香ばしさがアップします。鮭を焼くときに、野菜(ししとうやスライスしたれんこんなど)を一緒に焼くのもおすすめ。

照り焼きの下味冷凍の写真/照り焼きの写真

【冷凍方法】(2人分)

生鮭2切れに酒小さじ2、塩2つまみをふって10分おき、水分をペーパータオルで拭き取る。Sサイズの冷凍用保存袋に、生鮭2切れとめんつゆ(2倍濃縮)大さじ3を入れ、袋の空気をできるだけ抜く。金属製のバットに平らになるように袋をねかせ、急速冷凍(冷凍で3~4週間保存可能)。

【調理方法】(2人分)

冷蔵庫に約1時間30分おいて半解凍するか、電子レンジ(200W)で1切れ(90~100g)あたり約1分30秒加熱して半解凍にし、袋から鮭のみを取り出す。フライパンにごま油大さじ1を熱し、鮭の両面を中火でこんがりと焼く。袋に残ったつけ汁に砂糖小さじ2を混ぜて鮭に回しかけるようにしてフライパンに入れる。スプーンなどでつけ汁を鮭の身に絡めながら加熱し照りを出す。

【生鮭の下味冷凍③】味噌マヨ蒸し(マヨネーズ・味噌味)

凍ったままお皿に盛り付けて電子レンジで加熱解凍するだけ! 濃いめの味付けでお弁当にもぴったり。

味噌マヨ蒸しの下味冷凍の写真/味噌マヨ蒸しの写真

【冷凍方法】(2人分)

生鮭2切れに酒小さじ2、塩2つまみをふって10分おく。水分をペーパータオルで拭き取り、こしょう少々をふりかける。Sサイズの冷凍用保存袋に味噌大さじ1・1/2、マヨネーズ大さじ3、生鮭を入れ、袋の空気をできるだけ抜く。金属製のバットに平らになるように袋をねかせ、急速冷凍(冷凍で3~4週間保存可能)。

【調理方法】(2人分)

鮭2切れを凍ったまま袋から取り出し、耐熱皿に刻んだ野菜(キャベツやコーン、パプリカなど)とともに盛り付ける。ラップをふんわりとかけ、電子レンジ(500W)で約7分加熱する。

まだまだある! 下味冷凍のアイデア

下味冷凍のアイデアは他にもたくさんあります。使用する調味料によって味のバリエーションが変化するので、ぜひいろいろな組み合わせを試してみてください。

LINE

※掲載情報は公開日時点のものです。本記事で紹介している商品は、予告なく変更・販売終了となる場合がございます。