【鶏ささみの保存】冷凍しても超しっとり!レンジを使ったテクニック

2020.5.8
LINE
生のささみと冷凍ささみの写真

冷蔵庫だと2日しかもたない鶏ささみ肉は冷凍保存が便利。おすすめは電子レンジで加熱(下ゆで)してから冷凍する方法。パサつかず美味しい状態をキープしたまま約1カ月保存できます。料理研究家・吉田瑞子先生が冷凍テクニックと便利な使い方を紹介します。

【鶏ささみの冷凍①】レンジで加熱してから冷凍なら、驚くほどしっとり!

おすすめは加熱してから冷凍! 加熱は電子レンジでできるので簡単です。下味で砂糖をふって、余熱で火を通せばパサつかず、びっくりするほどしっとりした仕上がりに! まとめて下処理して冷凍ストックしておきましょう。

【冷凍方法】

1 耐熱皿にささみを並べ、調味料をまぶす

ささみに調味料をまぶしている写真

ささみはペーパータオルで水気を拭き取り、耐熱皿に並べる。4本(約240g)につき、塩・こしょう各少々、砂糖小さじ1/2、酒小さじ2をふり、手でなじませる。

POINT

塩・こしょう・酒で臭みを取り、下味を付ける。砂糖の保水性でささみのパサつきを防ぐ。

2 電子レンジで2分30秒加熱する

耐熱皿にふんわりラップをしている写真

ふんわりとラップをして、4本(約240g)につき電子レンジ(600W)で2分30秒加熱する。
※100gあたり1分40秒が目安。

3 余熱で火を通す

ささみを余熱で火を通している写真

加熱後、庫内でそのまま5分ほど置き、余熱で火を通す。取り出してそのまま冷ます。

POINT

余熱で火を通すことで、ささみがパサつかず、しっとり仕上がる。

4 食べやすい大きさにほぐす

ささみを裂いている写真

粗熱がとれたら、ささみを食べやすい大きさに手で裂く。

POINT

筋がある場合は、裂いている途中で取り除く。中がうすピンク色だった場合、10秒ずつ様子を見ながら再加熱する。

5 小分けに包み、冷凍する

ささみをラップで包んで冷凍用保存袋に入れている写真

ほぐしたささみは1回に使う分ずつ小分けにしてラップで包み、冷凍用保存袋に入れる。空気を抜いて袋の口を閉じ、冷凍する。冷凍庫で1ヵ月程度保存可能。

【解凍方法/使い方】

ささみのサラダの写真

凍ったままスープや炒め物に加える。または電子レンジ(600W)で1本分(約50g、加熱状態での重量)につき40秒加熱して解凍したあと、そのままサラダや冷やし中華のトッピングなどに使う。

※解凍は冷蔵庫で自然解凍(50gで約6時間)も可能。

【鶏ささみの冷凍②】生のまま冷凍ならいろいろな料理に使える!

下処理不要でそのまま冷凍も可能。解凍後はさまざまな料理に活用できる方法です。

【冷凍方法】

1 筋があれば除く

ささみの筋をのぞいている写真

ささみは筋があれば包丁で取り除く。
筋に沿って両側に包丁で浅く切り込みを入れる。筋が下になるようささみをまな板の上に置き、片手で筋を持ちながら、もう片方の手で包丁の背を下にして持つ。包丁を上下に動かし、筋を引っ張りながら身と筋をはがす。

2 ペーパータオルで水気を拭く

ささみをペーパータオルで拭いている写真

臭みの原因となるドリップ(水分)はペーパータオルでしっかり拭き取る。

3 1本ずつラップで包む

ささみをラップで包んでいる写真

ラップでぴったりと包む。

POINT

面倒でも1本ずつラップで包むこと。肉同士がくっつかず、乾燥を防ぐこともできる。

4 冷凍用保存袋に入れて冷凍する

ラップで包んだささみを冷凍用保存袋に入れている写真

冷凍用保存袋に入れ、空気を抜いて袋の口を閉じ、冷凍する。冷凍庫で3週間程度保存可能。

【解凍方法/使い方】

ささみのチーズ焼きの写真

電子レンジ(600W)で1本(約60g)につき20秒〜30秒加熱し、半解凍してから調理する。または冷蔵庫で1本分(約60g)につき4時間ほど自然解凍(半解凍の状態)し、ペーパータオルで水気を拭き取ってから料理に使う。

POINT

半解凍状態だとドリップが出るのが少なく、切りやすいというメリットも。

【番外編 冷凍ささみフライ】衣を付けて冷凍しておくと便利!お弁当にも大活躍

お弁当やごはんのおかず、カツカレーなど、日々の献立に活躍すること間違いなし!

衣を付けてから冷凍すると、そのまま油で揚げればできあがるので簡単です。

ささみフライの写真

材料(2人分)
  • 鶏ささみ…4本
  • 塩・こしょう…各少々
  • 小麦粉…大さじ2〜3
  • 溶き卵…1個分
  • パン粉…1と1/2カップ
  • 揚げ油…適量
【冷凍方法/使い方】
  1. ささみは筋を除いて半分の長さに切る。さらに太い方のささみを縦半分に切る。塩・こしょうをふる。
    ※1本を3等分にし、同じくらいの大きさにすることで加熱ムラを防ぐ。
  2. ❶を小麦粉、溶き卵、パン粉の順に衣に付ける。
  3. 3個(ささみ1本分)ずつラップで包み、冷凍用保存袋に入れる。空気を抜いて袋の口を閉じ、冷凍する。3週間程度保存可能。

ささみフライを冷凍用保存袋に入れている写真

冷凍ささみフライの揚げ方

フライパンに油を深さ1㎝ほど入れて160℃に熱する。凍ったままのささみフライを入れ、両面がきつね色になるまで揚げ焼きにし、最後に少し温度を上げて、カラリと仕上げる。

POINT

低めの温度でじっくり揚げることで中まで火を通す。

LINE

※掲載情報は公開日時点のものです。本記事で紹介している商品は、予告なく変更・販売終了となる場合がございます。