HOME冷凍食品って便利【ワタナベマキさん流】日本酒に合う!冷凍野菜の晩酌つまみ

【ワタナベマキさん流】日本酒に合う!冷凍野菜の晩酌つまみ

公開日: (更新日:
LINE

仕事で疲れた日や、遅い時間に帰宅した日でも、お酒を飲んでリラックスする時間を大切にしたいですよね。そこで人気の料理家・ワタナベマキさんに、簡単&時短で作れて、遅い時間でも罪悪感なく食べられる、野菜をメインにしたつまみレシピを教えてもらいました。第1回の白ワインに合うつまみ、第2回目のハイボールに合うつまみ、第3回目のビールに合うつまみに続き、最終回の第4回目は日本酒に合うつまみ2品のご紹介です。

ワタナベマキさん
ワタナベマキさん

日本酒にはやはり日本の調味料や香辛料を使った料理が合いますよね。特に味噌は日本酒と相性がいいですよ。今回ご紹介する2品は、和の酸味や辛み、薬味の香りが効いているので冷酒はもちろん、熱燗にも合います。ぜひ試してみてください。

さといもの梅味噌焼きとブロッコリーと厚揚げの柚子こしょう和えの写真

さといもの梅味噌焼き

さといもの梅味噌焼きの写真

材料(2人分)
  • さといも』…6個
  • 大葉…6枚
  • 味噌…大さじ1
  • 梅干し…1個
  • ごま油…少々
  • 白いりごま…少々
作り方

1. 『さといも』をパッケージの表示通り、凍ったまま沸騰した鍋に入れて約8分ゆでてザルにとる。

さといもをゆでて解凍しているシーン

2. 梅干しは種を取り除き、包丁で叩いてペースト状にしたら、ボウルに入れて味噌と混ぜ合わせる。

3. オーブントースターの受け皿を覆うようにアルミホイルを敷き、その上にごま油を塗る。1のさといもを置き、そのうえに2をスプーンで等分にのせる。

さといもに梅肉味噌をのせているシーン

4. 受け皿をオーブントースターに入れ、表面に軽く焼き目が付くまで5~6分焼く。取り出して、大葉を添えて器に盛る。

ワタナベマキさん
ワタナベマキさん

『さといも』はなんといっても皮むきいらずで調理できるのがいい! 形が均一だから、今回のように並べて盛り付けるときも見た目がきれいですよね。オーブントースターで焼くとほくほくとした食感と甘みに、香ばしさもプラスされて◎。大葉と一緒に食べると、さといもの甘みに大葉の爽やかな風味が加わり、日本酒にぴったりの一品に。

【今回使った商品】

ブロッコリーと厚揚げの柚子こしょう和え

ブロッコリーと厚揚げの柚子こしょう和えの写真

材料(2人分)

A

  • 柚子こしょう…小さじ2/3
  • 醤油…小さじ1
  • ごま油…小さじ2
作り方

1. 『そのまま使える 高原育ち®のブロッコリー』をパッケージの表示通り自然解凍または流水解凍し、ペーパータオルで水気を拭く。

解凍したブロッコリーの水気を拭いているシーン

2. 厚揚げをフライパンに入れて中火で熱し、表面全体に焼き目を付けたら、8等分に切る。

3. ボウルに1と2とAを入れ、菜箸でよく混ぜ合わせる。

すべての材料をボウルに入れて混ぜているシーン

4. ボウルから取り出し、器に盛る。

ワタナベマキさん
ワタナベマキさん

『そのまま使える 高原育ち®のブロッコリー』は、すでにカットされて下ゆでもされているから忙しいときにはとっても便利。解凍するとブロッコリーが柔らかくなって、味のしみ込みがよくなるので、短時間で仕上げられるのもうれしいですね。柚子こしょうの香りと鼻に抜けるような辛みが、ブロッコリーと厚揚げの甘みとよく合い、お酒が進みます。

【今回使った商品】

たっぷり400g入って保存に便利なチャック付も!

LINE

※掲載情報は公開日時点のものです。本記事で紹介している商品は、予告なく変更・販売終了となる場合がございます。