【玉ねぎの冷凍保存】冷凍で調理が時短に!甘みもアップ

2020.1.24
LINE
冷凍した玉ねぎと生の玉ねぎの写真

玉ねぎを野菜室に入れっぱなしで、気づいたら腐ってしまっていた…という経験はありませんか? 玉ねぎは冷凍すると、甘みがアップしたり、火が通りやすくなったりするんです! 野菜ソムリエプロの根本早苗先生が解説する、玉ねぎの便利な冷凍保存方法です。

玉ねぎを冷凍保存するメリット

  1. 火が通りやすくなる!
  2. 味がしみこみやすくなる!
  3. 甘みが凝縮して、こっくりとした味に!

【玉ねぎの冷凍保存①】使いやすい大きさにカットして冷凍が便利!

玉ねぎはあらかじめカットして冷凍しておくと、解凍時にさまざまな料理に使いやすくなります。

カットした玉ねぎ冷凍用保存袋に入っている写真

【冷凍方法】
  1. 玉ねぎの皮をむき、くし切りやみじん切り、薄切りなど使いやすい大きさにカットする。
  2. 冷凍用保存袋に玉ねぎを平らになるように入れ、空気を抜いて封をし、冷凍庫へ。この方法で約1ヵ月保存可能。
【解凍方法/使い方】

カットして冷凍した玉ねぎで飴色玉ねぎを作っている写真

使いたい分だけを手で押し出して、凍ったまま加熱調理する(どのカット方法でも同様の使い方でOK)。冷凍した玉ねぎは細胞が壊れているのですぐに火が通り、また味がしみこみやすくなる。くし切りは煮物や炒め物、肉豆腐などに、みじん切りや薄切りは飴色玉ねぎなどに使うことができる。

▼冷凍玉ねぎで飴色玉ねぎを作る方法はこちら!
飴色玉ねぎがたった10分で!冷凍玉ねぎで作る時短テク

【玉ねぎの保存②】大量に手に入ったら丸ごと冷凍!

玉ねぎは、丸ごと冷凍もできます。解凍時も、丸ごと調理するのがおすすめ!

【冷凍方法】

1 玉ねぎの皮をむき、上下を切り落とす

玉ねぎの上下を切り落としている写真

2 十字の切り込みを入れる

玉ねぎの上下に十字の切り込みを入れている写真

玉ねぎの上下に1cm弱の十字の切り込みを入れる。このひと手間で、調理の際に味がしみこみやすくなる。

3 ラップで包み、冷凍用保存袋に入れる

ラップで包んだ玉ねぎが冷凍用保存袋に入っている写真

玉ねぎを1個ずつラップで包み、冷凍用保存袋に入れて冷凍庫へ。この方法で約1ヵ月保存可能。

【解凍方法/使い方】

丸ごと玉ねぎのコンソメスープ写真

丸ごと冷凍した玉ねぎを凍ったまま鍋で煮ると、甘くてトロトロなスープを作ることができる。カットして使いたい場合は、冷蔵庫で3時間置いておけば包丁が入るようになる。

※解凍時間は、玉ねぎの大きさにより異なります。

▼丸ごと冷凍した玉ねぎのレシピはこちら!
みずみずしくて甘い!「丸ごと玉ねぎのレンジ蒸し」
やさしい甘みが美味!「丸ごと玉ねぎのコンソメスープ」

LINE