【新生姜の保存】カットして冷凍しておけば便利!甘酢漬けも簡単!

2020.6.25
LINE
生の新生姜と輪切り冷凍新生姜とスティック状冷凍新生姜の写真

さわやかな辛みが魅力の新生姜ですが、かたまりが大きく余らせてしまいがちです。野菜ソムリエプロの根本早苗先生がおすすめするのは「冷凍保存」。あらかじめカットして冷凍しておけば、いろいろな料理に活用できて超便利です。あっという間にできる冷凍新生姜の甘酢漬けのレシピも紹介します。

【新生姜の冷凍①】スライスして冷凍すればそのまま料理に使える(保存期間:1ヵ月)

新生姜をスライスして冷凍すると、凍ったまま炒め物や煮物などに使えます。

1 新生姜のかたくなった表面を切り落とす

新生姜の硬い部分を切り取る写真

新生姜は洗って水気を拭き取る。黒ずんでいる部分やかたくなっている部分を薄く切り落とす。ピンク色の部分は、先のかたい部分だけ切り落とせばOK。

POINT

新生姜は皮の近くの方が、より香りが強い。皮は残し、気になるところだけ切るとよい。

2 約2㎜の厚さに切る

新生姜を輪切りにしている写真

新生姜を2㎜厚さに切る。繊維を断ち切るように切ると、調理時に味が染み込みやすく辛みもマイルドになる。

3 冷凍用保存袋に入れて冷凍する

輪切り冷凍新生姜の写真

Mサイズの冷凍用保存袋に入れてできるだけ空気を抜いて封をし、冷凍庫で保存する。1ヵ月程度保存可能。

POINT

大袋にまとめて入れるのではなく、使い切りやすい小袋で冷凍することで、冷凍庫から出し入れすることによる温度変化の影響を減らせる。

【解凍方法・使い方例】

輪切りの冷凍新生姜を炒めているところ、出来上がりの写真

凍ったまま袋ごと軽く揉んでほぐし、使いたい量だけ取り出して、炒め物などに使う。根本先生のおすすめは、新生姜と鶏肉と長ねぎの甘辛風味の炒め物。

POINT

スライスした新生姜をさらに千切りやみじん切りにするときは、室温に1分ほどおけば切りやすくなる。

「新生姜の甘酢漬け」冷凍新生姜で作ればあっという間にできる!

新生姜のレシピの定番は「甘酢漬け」。スライスして冷凍した生姜を使えば、電子レンジであっという間に作れちゃいます。

新生姜の甘酢漬けの写真

材料(作りやすい量)
  • 冷凍新生姜(スライス)…100g
  • 砂糖…大さじ1と1/2弱(15g)
  • 寿司酢(市販品)…1/2カップ
    ※酢1/2カップ・砂糖大さじ5(45g)・塩少々で代用可能
作り方
  1. 耐熱ボウルに新生姜・砂糖・寿司酢を入れ、ふんわりとラップをかけて600Wの電子レンジで3分程度加熱する。
  2. 粗熱がとれたら密閉保存容器に入れる。冷蔵庫で1ヵ月程度保存可能。

【新生姜の冷凍②】さわやかな香りを楽しむなら太めに切って冷凍(保存期間:1ヵ月)

新生姜の風味をそのまま楽しむなら、太めのスティック状にカットして冷凍がおすすめ。香りや食感をそのまま味わうレシピにぴったりです。

1 新生姜をスティック状に切る

生の新生姜をスティック状に切っている写真

厚さ3~5㎜、長さ3~4㎝のスティック状に切る。

POINT

繊維に沿って切ると、生姜の辛みと食感が際立つ。

2 冷凍用保存袋に入れて冷凍する

スティック状冷凍新生姜の写真

Mサイズの冷凍用保存袋に入れてできるだけ空気を抜いて封をし、冷凍庫で保存する。1ヵ月程度保存可能。

【解凍方法・使い方例】

冷凍スティック状新生姜に豚肉を巻いているところと完成写真

凍ったまま袋ごと軽く揉んでほぐし、使いたい量だけ取り出して加熱調理する。根本先生のおすすめは新生姜の豚肉巻き。薄切りの豚肉を新生姜にクルクル巻いて焼き、最後にポン酢で味付けするだけ。

POINT

凍ったまますりおろせば、生のまま薬味としても使える。

【新生姜の冷蔵】ペーパータオルに包んで保存(保存期間:10日)

冷蔵庫で保存するなら、ペーパータオルで包んでからポリ袋に入れること。みずみずしさを約10日間もキープできますよ。

ペーパータオルに包んだ新生姜とポリ袋に入れた新生姜の写真

新生姜をぺーパータオル数枚でしっかりと包む。ポリ袋に入れて野菜室で保存する。

LINE

※掲載情報は公開日時点のものです。本記事で紹介している商品は、予告なく変更・販売終了となる場合がございます。