【ししとうの保存】冷凍すれば1ヵ月長持ち!食感と風味を保つプロの技

2020.6.26
LINE
冷凍したししとうと生のししとうの写真

ししとうは冷蔵庫で保存すると、3〜4日で乾燥し傷みはじめてしまいます。実はししとうは冷凍がおすすめ。食感も風味もほぼ変わらず約1ヵ月も保存できるのです。野菜ソムリエプロの根本早苗先生が、ししとうの冷凍保存と、フレッシュさをたもつ冷蔵テクニックを紹介します。

【ししとうの冷凍保存】ヘタを残したまま冷凍用保存袋へ(約1ヵ月)

1 ししとうの茎を切り落とし、ヘタは残す

ししとうの茎を取り落とし、ヘタを残した写真

ししとうの茎だけを切り落とす。

POINT

ヘタまで切り落とすと断面から酸化しやすくなるため、切りすぎないように。

2 ししとうを洗って水けを拭き取る

ししとうの水けをペーパータオルで拭き取る写真

ペーパータオルで水けを拭き取る。

3 冷凍用保存袋に入れて冷凍する

冷凍したししとうの写真

できるだけ冷凍用保存袋に重ならないように入れてできるだけ空気を抜いて封をし、冷凍庫で保存する。冷凍保存用袋Mサイズ1枚にししとう1パック分(15~16本)入る。1ヵ月程度保存可能。

【解凍方法・使い方】

ししとうに切れ目を入れて、焼いている写真

1分ほど室温におくと包丁が入るので、カットして加熱調理する。丸ごと炒めるなら、包丁のあごで数ヵ所切り込みを入れると、加熱時にししとうが弾けることを防ぐ。

【ししとうの冷蔵保存】ペーパータオル+ポリ袋で鮮度キープ(1週間)

1週間以内に食べるなら冷蔵保存がおすすめ。ポイントはペーパータオルに包むこと。このひと手間で鮮度がぐっと長持ちします。

ししとうをペーパータオルで包み、パックに戻して、ポリ袋に入れる写真

ししとうは茎だけを切り落とし、洗って水けを拭き取る。ししとうをまとめてペーパータオルで包み、ポリ袋に入れて野菜室で保存。1週間程度保存可能。

POINT

ししとうがプラスチックの容器に入っていた場合は、キッチンペーパーで包んだあと容器に戻してからポリ袋に入れると更に鮮度を保てる。

LINE

※掲載情報は公開日時点のものです。本記事で紹介している商品は、予告なく変更・販売終了となる場合がございます。