ニチレイフーズ

冷凍保存のキホン

冷凍のギモン

冷凍食品の解凍方法や調理方法についてQ&A方式でお答えします。

冷凍保存のギモン

Q1. 冷凍すると栄養ってなくなっちゃうの?
A.常温や冷蔵保存では食材の劣化が急速に進みますが、正しく冷凍した食材は栄養価も損ねず、劣化も防ぐことができます。さらには、しじみやきのこのように冷凍することで栄養価が上がるものもあります。新鮮な食材は新鮮なうちに冷凍することを習慣にしましょう。
Q2. 冷凍中に霜がつくのはなぜ?
A.霜の原因は温度の変化です。冷凍庫を開閉する際に、温かい外気が当たると食材の温度が上がり、食材の水分が気体になります。再び低温になった時、小さな氷の粒となって付着することで霜になります。食材に隙間をつくらないこと、冷凍庫の開閉時間をできるだけ短くすることが霜を予防するコツです。
Q3. 美味しく冷凍するコツは?
A.食材の美味しさを保ったまま冷凍保存するにはコツがあります。①食材が新鮮なうちに冷凍する、②急速冷凍する、③容器内の空気をしっかり抜く、④余分な水分はふき取る、⑤後で必要な分だけ使えるように小分けにする、などの一手間で冷凍食材の美味しさが大きく変わります。
Q4. 冷凍保存を避けたい食材って何?
A.水分が多いもの(レタス、うに、モッツァレラチーズなど)、繊維が多いもの(たけのこ、寒天など)、植物性の油のもの(マヨネーズ、サラダ油など)はあまり冷凍に向きません。食材を無駄にしないようにチェックしましょう。

ページトップへ

冷凍食品のギモン

Q1. 冷凍食品を買うときのコツは?
A.冷凍食品の品質は、製造・輸送・配送・販売の各段階を通じて、-18度以下の温度を守ることによって、味・栄養・風味などの品質が保たれています。 管理が悪くて溶けたり凍ったりを繰り返しているものは、霜が多く付いているので、購入するときは、冷凍ケースの中できちんと凍って、パッケージに霜がついていないものを選ぶようにしましょう。
Q2. 夏場に溶かさずに持ち帰るコツは?
A.冷凍食品の品質を守るためには凍ったまま持ち帰ることが大事です。そのため、①買い物の一番最後に買う、②保冷剤や保冷袋を利用する、③1袋よりも3~4袋まとめ買いする、④買い物袋の中央に入れ防熱する、など工夫するとよいでしょう。
Q3. 冷凍の揚げ物は解凍して揚げてもいいの?
A.コロッケやフライなど、冷凍の揚げ物は解凍してしまうと形崩れやパンクの心配がありますので、必ず凍ったまま揚げましょう。もし溶けかけてしまった場合はパン粉で補強をしてから揚げるようにしましょう。
Q4. 使い残しの冷凍食品の保存方法は?
A.一度に全てを使い切らない場合は、調理にかかる前に素早くパックの中の空気をしっかり抜き、密封容器に入れるか、テープなどで口をしっかり閉じて、さらに冷凍用保存袋に入れて冷凍庫に入れておくことで品質を落とさずに保存することができます。

ニチレイフーズおすすめ商品

冷凍食品は保存料が要らない

冷凍食品はできたてを急速凍結しているから、保存料を使わなくても品質を保つことができます。ニチレイフーズは、さらに「着色料」「化学調味料」を使わなくてもおいしい「お弁当にGood!」シリーズで、頑張るママのお弁当づくりをサポートしています。

ニチレイフーズの冷凍食品はこちら

  • 森にGood!
  • イタメくん
  • 業務用商品電子カタログ
  • ニチレイフーズダイレクト
  • WEBマガジンほほえみごはん

ページの先頭へ